マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

他のアカウント

Facebook
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「ガンディーニのクアトロポルテ」の11件の記事

4代目クアトロポルテ関連の記述。ホームページ用の原典。

2018年2月21日 (水)

ウッドパネル、着けてみた。

Photo_5

 昨日は、マセラティギブリⅡ後期型(「千葉市のK」さん号)の組み立てが、エアホーン・コンプレッサーの不調により、途中で切り上げなきゃならない状態となりましたんで、夕方からは、マセラティクアトロポルテⅣ前期型(「杉並のO」さん号)のダッシュボード・ウッドパネル組付け作業を行いました。ああ、先日のアレです。

2018022101

 ・・・にしても、ダッシュボード自体を降ろさない状態で、ウッドパネルだけを交換するのは、本当に艱難辛苦を乗り越えなければなりません。昨日の夕方は、気候が温んでおりましたので、この時期としては僥倖の部類でした。

2018022102

 この画像で説明すると、小さいほうのダッシュボード・ウッドパネルのメイン締結ボルトは、一番奥のグリーン色カプラーのさらに最奥のブラックホール(笑)下方に居ます。ソコに、人差し指と中指で小さな小さなナットをハサんだ状態を保持しつつ、まず2周くらいはタップを噛まさないとなりません。目視はいかようにしても不可能な状態で、です。

2018022103

 長いウッドパネルの方も、アチコチから、顔やら腕やら指やらを突っ込みつつの締結作業デス。

2018022104

 而して、日没前には長短ウッドパネルが再度装着されました(喜)。続いて、スイッチノブ塗装(泣)。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年2月14日 (水)

コンジョーは要るだろうけれども、アガれば“びゅーちふる”

Photo_5

 ・・・なモノと云えば、マセラティのウッドパネルです。とりわけ、クアトロポルテⅣのは凝ってます。

2018020901

 「杉並のO」さんからのオファーで、昨年から補修業者さんに出していたウッドパネルが先週完成。

2018020902

 デポ2階の接客テーブル上に並べていると、御来店の方々は口々に「キレイだねぇ」と仰います。

2018020903

 繊細なロゴも見事に再現されてマス。こういった作業をやってくれる業者さんには頭が下がるナ。

2018020904

 小さいパネルも、輝いているのはイイもんです。クルマに対する要求水準が高いヒトの場合には、アトからこうして少しずつ自身の思い通りに仕上げていくのも、旧車道の楽しみのひとつであります。なんにしても、ヴァーチャルでなくて、本物の手ごたえがあるっていいですね。文字通り重みが違う。

 時に、本日は“バレンタインデー”でありましたが、義理と人情にまみれた(笑)チョコやらお菓子やら、たくさん頂戴いたしました。特に午前中、わざわざお越しくださった「テツヲタ」さん、奥様によろしくお伝えくださいませ。コレも、“ヴァーチャルチョコレート”でなくて、ヨカッタ(チョコ大好き:笑)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年2月10日 (土)

マセラティクアトロポルテⅣ V8エヴォルツィオーネに於ける、スターターモーター交換は、純正品のみ受け付け(笑)

Photo_5

 “さんれんきゅ~”初日の土曜日は少し暖かくて、屋外作業をするにはもってこいの気候でした。

2018021001

 ↑マセラティクアトロポルテⅣ V8エヴォルツィオーネ(「戸田市のT」さん号)、昨年末にお納めしようと頑張っていたのですが、ホントにあと少しというところで、ある朝に置き場からデポまで自走しようとエンジン始動を試みたところ、「うぃ~ん」と空しくスターターモーターが空回り(大泣)。ビトルボマセラティに於けるスターターの逝き方としては、少々レアな部類に属する「ピニオンギアが飛び出さない(激寒だから)」トラブルに見舞われてしまいました。けれど納車直後にイカなくて、むしろヨカッタと前向きに考えつつ、不条理な毎日に直面する我が身を達観し、その交換作業を指示いたしました。

2018021002

 ↑いつもの様に、豪快な(笑)“インジェクションユニット丸ごとハズし”から。・・・んっ、漏ってる?

2018021003

 ↑ううっ!スターターモーターのついでに、各ウォーターホースの交換も確定。開けてヨカッタ。

2018021004

 ↑アルミウォーターケース。エヴォV8ではコレの裏側が干渉するため、純正しか装着不可能。

2018021005

 ↑手動サクションポンプでLLCを吸い出して、本丸のスターターモーター交換をスムーズに実施。

2018021006
2018021007
2018021008

 ↑ちゃんと回るケド、ピニオンギアがフライホイールに噛まないスターターモーターをはずします。せっかくだからと、エンジンのバンク内はキレイに清掃しつつ、インテーク穴からゴミなどが混入しないように、養生しながら作業を進めています。純正しか付かないゆえに、待つ事ヒト月半でした。

2018021009
2018021010

 ↑これから取り付けるモーターと、ハズしたモーターは見た目遜色ありません。不条理の極み。

2018021011

 ↑こうして、一つ一つチェックマーキングをしながら締結作業を行います。月曜日に再始動予定。

 それじゃー、また来週。今週も、皆さんからのコメントに励まされました。感謝、感謝!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年1月27日 (土)

イタいわぁ~この作業(泣)

Photo_5

 もー、こんなに寒いのって、いったいイツまで続くのでせうか(泣笑)。屋外作業はシミるなぁ。

2018012701

 一昨日の夕方と昨日の午前中は、コレ。マセラティクアトロポルテⅣ(「杉並のO」さん号)の補修塗装が出来上がってきた左フロントドアアウターノブの取付作業。画像は、塗装に出す前の取りハズした時のものです(エッジが薄くなったり、キーシリンダー周辺の塗装が剥げたりしております)。

2018012702_2

 主役の剥がれ箇所がキーシリンダー周辺なので、キーシリンダー自体を完全に分解いたします。

2018012703_2

 ・・・ここから、昨日の組立時撮影写真。一昨日の夕方にどうにかアウターノブを取り付けましたが、「寒いわ、イタいわ」の原因こそコレです。とにかく、ガンディーニルックのクアトロポルテには、「後からナンかする」っていう想定が「ほぼ無い(泣)」ですね。本当は、完全に調整のキマっているウインドーレギュレーターもハズすのは忍びなかったのですが、後部スライダーレールの固定ボルト2本は「腕を入れる隙間を数ミリでも作るため」にハズしました。インナービニールシートも視界を遮りますので、一緒にドカします。図示した4箇所のポイントも「強いて云えば」程度のモノで、男子としては手首が異様に細く、手が極端に小さなワタシでも軍手をしたら入りません。薄いビニールグローブと(しまいにゃ)素手で闘います。

2018012704

 一昨日の晩は、この二つ(たった二つ!)のリンクを定位置に持って行くダケでも往生しやした。ドアアウターノブから下方に伸びる2本は、完全なる取り付けが相当困難。画像で簡単そうに見えるのは、カメラのレンズを伸ばしつつ中に突っ込んで撮影しているからです。

 キーシリンダーリンク→アウターノブリンクの順番以外での組み付けは難しいと思います。まず問題なのは、リンク棒がどちらも上部を支点としてブ~ラブラなところにあります。キーシリンダーのリンク棒はエンプラ製の留め具(乳白色の部分)の裏側に開いている受け穴に、図示したダボを「パックン!」と嵌め合わせるダケなのですが、特に厳冬期には樹脂の弾力性が損なわれるので、ムリヤリ叩き込んでもダボ根元の樹脂擦動部(黒色の部分)が向こう側にニゲるだけで、最低な場合には、根こそぎ折れてしまいます(経験済:泣→ドアラッチ&ロックユニットAssy交換となりました)。ドアアウターノブのリンクは、特殊な専用形状をした樹脂留め具の穴に「うまいコトすると」キレイに収まって、ヌケ止めまでもが完遂しますが、コレがまた、原則的に手先が入るコトを前提とした作りなモンで・・・とにかく、きっちりとハサんで止めるようにしないとね。

 あ、そうそう。その存在を忘れ掛けられていた(泣)マイクロ・デポの“フェイスブックページ”ってのも、近頃は不定期にアップしておりまして、今のところ、主に日々更新する当ブログの記事紹介がメインではありますが、どうぞ、毎度広く“拡散(笑&願)”して頂きたく、SNS関係者各位には切にお願いするものです。当店の知名度は、当ブログ愛読者の皆さんが思っているよりも、まだまだ(まぁーだまだ)遥かにヒク~いんです(先日も、昔ギブリⅡに乗っていて、今一度欲しいという御希望のあるお客さまから初めての御電話を賜りましたが、当店知ったのがホンの最近なんですって云われてちょっとショックだったわぁ:泣笑)。どうぞ、マイクロ・デポの存在を広く周知する運動に加担(笑)してチョーだい。皆さんのお持ちになってるブログやホームページにも、どしどしリンク(特に当店公式サイトへ)を付けてください。もちろん、ワタシへの遠慮は要りませんし、逐一の御報告にも及びません。「あぁ~、ここまでヘンな(変態:笑)クルマ屋が、練馬なんかに在るのかぁ」と、全宇宙の皆さんに知っておいて頂けますように心から願っておりますヨ。

 それじゃー、また来週。今週は全国的に雪と寒さでたいへんでしたね。次週も頑張りましょう!

 ・・・さぁ、これからホルモン屋へレッツゴーぢゃ皆の衆!(喜)

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2017年10月31日 (火)

エヴォルツィオーネ系のセンターコンソール(ロワー)スイッチ

Photo_5

 あー、世の中の若いモンはハロウィンで浮かれておりますが、こうトシとってまいりますと、なんだかついてイケない(馴染み無いし:泣)モンですね。毎日がシケた気分なので、ここらでパーっとイキたいものよのぉー。

2017103101

 毎度おなじみの“スイッチネタネタ病”。そのネタネタ層を除去するためにコンビネーションスイッチを分解いたしました。ウッドパネルに組み付けてからでは、根元からの除去は出来ないシロモノです。スイッチ裏はこんな具合になっております。

2017103102

 とは申しましても、本当のスイッチは内部のプリント基板に設置されています。この白いヤツをプチプチ押して、各モードの切り替えが行われるといった寸法です。周囲には、ICチップやコンデンサが配置されていますね。

2017103103

 プリント基板の収まるケースには、取り立ててなんの細工もありません。四角い穴からはカプラーを受けるソケット部分が顔を出します。左右に開けられたスリットは、いちおう放熱用のモノなのかな。

2017103104

 組む場合の手順は、おそらく、このようにスプリングを上にした状態で行う必要がありましょう。ものすごく細くて小さなスプリングは、「ぴょ~ん」と、ドコにとんで行っちゃうか分かりませんからね、ごくごく慎重に。

2017103105

 これまた、細い細いタッピングビスを、精密ドライバーで四隅の定位置にネジ込んでまいります。

2017103106

 で、ネタネタ層(劣化プロテイン塗膜)を除去して組み上げたスイッチは御覧の通りの状態に。

2017103107

 その隣に配置されるのは、左右ドアミラーの電動格納と電動調整のコンビネーションスイッチ。マセラティクアトロポルテⅣには、最初期の型から同じモノが使われておりますが、エヴォ前の後期型以降のモノには、底面に金属製の取り付けステーが装着されております。ウッドパネルの穴から、スイッチ部分だけが顔を覗かせるように取り付けるためです。

2017103108

 そうして、御覧のように各スイッチの操作部分ダケが顔を覗かせる配置が再現されました。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2017年10月27日 (金)

マセラティクアトロポルテⅣ:エヴォ系最終形態のリアシート詳解

Photo_5

 ほい。昨日“予言(笑)”した2台の継続車検は、どうにか無事に突破出来ましたヨ。感謝、感謝!

2017102701

 本日ワタシの担当業務は、内装の精密クリーニング。タン革装のエヴォ系最終(日本で云うところのコーンズセリエスペチアーレ)形態リアシートをチマチマと掃除しておりましたが、フト横を見れば、同じ形状で色違いのヤツが・・・。

2017102702

 ・・・はい、コチラはアヴォリオ革のリアシート(「戸田市のT」さん号用)。ドチラの写真も、上が前方で下が後方デス。後方15センチくらいの部分は、なんとなく背もたれの下に潜り込ませ、押し込むように設置されますんで、経年で出てくるシワの感じは、それこそ一台一台すべて違います。

2017102703
2017102704

 エヴォ最終形態シートはパンチングレザーを採用しているところが特徴です。また、擦れるところには、「キシキシ」音を嫌がる日本のユーザーのために、アルカンタラを採用していたりします。4代目クアトロポルテではスッカリ御馴染の「ぎょーざドレープ(ワタシが命名:笑)」の入り具合も、一台一台ぜんぶ違った表情を見せてくれます。このあたりが、この時期までのマセラティ車の一大特徴たる「手作りの温もり感覚溢れる」雰囲気に大きく貢献している部分なのでしょうね。

2017102705
2017102706

 クルマの中に入ったままの写真と、こうして車外に出した写真では、また雰囲気が違って見えるでしょ。フラッシュを焚くか焚かないかでも、色目がまったく違って見えてしまいます。この2枚の写真はフラッシュ使用撮影です。上がタン革装、下がアヴォリオ革装です。アヴォリオの右下あたりに蒼いアザのような部分があるのは、シートベルトの染料が色移りしているモノで、普通の汚れのようにはトレません。けれど実際には隠れてしまう部分ですので、見た目の上でまったく問題ありません。

2017102707

 普段は見えないリアシート座面真横からのカット。モチっとしつつもユルい質感を御覧ください。このユルさこそが、旧いマセラティの真骨頂なのかも知れません。寸法公差なんて概念が無いのが御理解頂けると思います。このフチの部分も、普段はほとんど見えなくなってしまうところです。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2017年10月20日 (金)

エヴォルツィオーネのドアトリム分解

Photo_5

 毎日雨降りで、段取り替えが出来ないんで、屋内シゴトに励んでおります。納車直前の最終コーナーを回りかけ、外装を磨き上げてガラスコーティングしてもらったら、エアコンがイッたり、エアバッグ警告ランプが点灯したりとコースアウト(泣)していたマセラティクアトロポルテⅣV8エヴォルツィオーネ(「戸田市のT」さん号→Tさん、ホントにお待たせして申し訳ございませんっ!)の内装仕上げ組立を行っております。せっかく(ん?)お待たせしているので、少しパフパフ感が気になり始めていたドアトリムを貼りなおす工程も(予定外ではありましたが)あえて取り入れるコトといたしました。

2017102001

 パフパフしていたアルカンタラ表皮をおそるおそるハガしますと・・・あースッカリとカステラの様に。

2017102002

 モロモロになった劣化ウレタンフォームをハガしますと、顕れるのはマルでフツーのアルミ板(笑)。

2017102003

 フツーでないのは、この部分。微妙な三次元のRは、ねこプレスの金型押しで作っているのかな。

2017102004

 アルカンタラの貼られたアルミパネルをハズすと、ポケットの裏側を隅々までキレイに出来ます。

2017102005
2017102006

 ウレタンフォームを新たに貼り直し、一昼夜乾燥させ、こうしてアルカンタラ表皮を元通りに接着。

2017102007
2017102008

 「戸田市のT」さんからのオファーで特別仕立てとしたウッドパネルは「楽器(例えばエレキギター)のようなワインレッドで木目は透けて見えるように」という雰囲気勝負(笑)。仰せのようなイメージを目指しつつ設えております。結構赤みを強め(画像よりも現物は赤いデス)にいたしましたが、Tさんの美意識に沿ってますでしょうか(現物、結構ステキですヨ)。お気に召して頂ければ嬉しいです。

 ああ、明日のホルモン月例会なんですが、「町内会のM」さん、「北区のK」さん、「Hでございます」さん(エントリー表明順)とたこちゃんズ2名の計5名が集う、こじんまり&オタッキーな会となりそうです。ちなみに、まだエントリーは受け付けておりますヨ(帰りにホルモン屋のママには挨拶しとこ)。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2017年8月26日 (土)

マセラティクアトロポルテV8エボルツィオーネのインタンクフューエルポンプ支持具

Photo_5

 ふ~。次週の今頃は「わぁーい、ホルモンだぁ~!」の時間ですが、今晩只今はこんな具合デス。

2017082601

 長らくお待たせしております、マセラティクアトロポルテV8エボルツィオーネ(戸田市のTさん号)なんですが、一度交換したフューエルポンプがまたもロックしちゃったようでして(大泣)・・・

2017082602

 場内では、フューエルタンクをズラしてのインタンクポンプ取り出し作業が行われておりました。

2017082603

 ・・・で、ハズしてケージを取り出しますと、例のポンプ支持具が溶け出しちゃってドロドロに(泣)。

2017082604

 中を覗くと、このような具合です。一度開けた時には、珍しく完全体を保っておりましたのに・・・そもそも20年保たそうとは考えられていないのでしょうね、一気に風化。この上は耐ガソリン材質でワンオフ作るしか無さそうです。またまた這って前進するのみっ!マクって頑張るぞ、オー!!

 ちなみに、インタンクフューエルポンプの関連記事はコチラの過去記事にもあります。

 それじゃー、また来週。今週も御愛読有難うございましたぁ!!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2017年6月 6日 (火)

ミッションマウントって結構大事なのヨ

Photo_5

 今日も朝いちから、定置場所の草むしりから始まった一日。なんだか、ものすごく長いような気分。

2017060601

 ここのところ吹き荒れてた風も、ようやっとオサまったみたいなので、マセラティギブリⅡ前期型(「川崎のK」さん号)をオモテに出して作業再開。して、リフト上にはマセラティクアトロポルテⅣV6エヴォルツィオーネ(「北区のK」さん号)を載せ、ようやく到来した新品のミッションマウントへの交換作業。

2017060602

 クルマの下にはミッションジャッキを添え、若干ミッションを持ち上げつつ、作業を開始いたします。エヴォルツィオーネ系のミッションマウントはブロック型で、それまでのモデルのミッションマウントとは大きく異なる形状と取り付け方が特徴です(てか、やっと今風になったダケなんだけど:笑泣)。

2017060603

 あう~、なんとなくゴムブロック部がデレっとした感じになってるのがお分かりになると思います。

2017060604

 コレが交換後のミッションマウント。やっぱ、ド新品の方は見るからにビシっと踏ん張ってます。地上に降ろして、早速の試運転。室内への振動の伝わり具合が明らかに変わりましたヨ。さぁ「北区のK」さん、納車はもうじきとなりました。自動車保険とボディコーティングをどうするか決めましょ。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2017年3月18日 (土)

マセラティクアトロポルテⅣのパワーシート修理

Photo_5  

 もう、過去に何度も取り上げているよな気もいたしますが、自分のところの過去記事が探し出せなくて、そうこうしているうちに他所のブログで、ほとんど本日のネタ通り(泣笑)のを見つけてアウアウに・・・やってなかったっけ?このネタ。

20170318012017031802 マセラティクアトロポルテⅣのパワーシート各部を駆動させるギアは金属部分と樹脂部分が組み合わされてスムーズな動作を実現するように作られてはいるのですが、まぁ、新品から間もない時期はともかくとして、内部の潤滑用に封入されたグリスなどは20年の時を越えて“芋ようかん”へと進化を遂げ(笑)たりしておりますゆえ、きっと樹脂の耐油性能にも予期せぬ変化が生まれているコトと思います。樹脂部分が膨潤すれば当然ギアのモジュールにも寸法変化が生じ、数年ぶりに動かしたりすると「ベキっ!」っと割れてしまうのデス。ちょっと見た感じでは、どうにか割れてないかな?ギア。

20170318032017031804_3 ・・・従来は、芋ようかん塗れの壊れたギアを取り出して洗浄し、全体的にいったん破片を集めて元の形状をだいたい復元した上で、それをマスターにして型取りしたシリコン型に、ある程度は強度の期待ができるレジンを流し込んで複製品を作るといった気の遠くなりそな作業を経て修理を行ってまいりました。そのあたりのプロセスがそっくりそのまま出てたので、コンチクショ~な炎がメラメラと(笑)。

2017031805201703180620170318072017031808 んま、冗談はさておきまして、長らく問題となっていた「パワーシート修理のための樹脂ギアだけ供給」にどうにか活路を見出さんと、只今この問題に直面して絶賛お悩み中の「宇都宮のK」さんとともに、本日より始まりました“プロジェクトQ”なんですが、とにかく無傷な樹脂ギアを採取しようとクアトロポルテのシートをひっくり返して駆動ユニットの分解を試みているのがこの画像群。“芋ようかん”なグリスを徐々にヨケてまいりますと、「あう~、やっぱクラック入ってるぅ・・・」この際なんで、そのまた奥の構造を把握するための分解&洗浄が行われました。モーターから伝わった動力の最終減速は御覧のような遊星ギアユニットで実現されていました。ものすごくカッチョいいですが、手動で動かしてみますと結構動きがシブい。やはり精度がアマい事が判明して「・・・だよね~」といつもの苦笑いでした。今後なんとかウマくいかんものかなぁ・・・。

 それじゃー、また来週!・・・さぁ、いざ行かん皆の衆(笑)、ホルモン屋へ。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

より以前の記事一覧