マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「とりあえず喰い物のハナシ」の44件の記事

B・C級が中心。晩酌のツマミから外食まで。時にはレシピも

2019年1月21日 (月)

永谷園 松茸の味 お吸いもの

Photo_5

 昨日は、皆さんから温かいコメントの数々を頂戴して、感謝の気持ちでいっぱいとなりました。

20190121012019012102

 夜空を見上げて、しばし感慨に耽っておりましたけれど、見れば満月の様子。同じ月でも、昨日撮影した千葉拙宅の満月(上画像)には、右隣にオリオン座までが写ってくれましたが、先ほど撮影した土支田アパートからの画像では、臨家の軒しか写ってくれません(泣)。底冷えのする冬の夜、こんな時には手っ取り早く温かいモノにありつきたい・・・

2019012103

 「そんなアナタにピッタリ・・・」60年の歴史を誇る“永谷園 松茸の味お吸いもの”であります。先日のダメ男の集いの折に、お馴染みの「Wさま」さんから頂戴した「昭和平成のロングセラー加工食品大全(笑)」的お楽しみ福袋から、コレが出てまいりました(感謝!)。

2019012104

 ↑若干リデザインが施されてはいますが、中袋が紙っぽい材質なのがムカシのままで嬉しい。ワタシがコドモの頃には、肝っ玉かあさんこと当時人気女優の京塚昌子さんがテレビCMしていたように思います。時に、同社のお茶漬け海苔にもオマケでコレがヒト袋入っていたりしたものです。だから、わざわざ単体でコレを買ってたという記憶はあんまり無いなぁ。

2019012105

 ↑いまだ、インスタントラーメンが本格的に市場に流布する以前の時期には、コレこそが“ざ・即席”って感じの製品でした。即席しるこ、即席カレーなどと使われていた“即席”というコトバの語感そのものが、もはや遠くなった昭和中期(30年代)のモノですね。

2019012106

 ↑スーパーで買ってきた握り寿司ダケでは、チト寒々しい食卓。ソコに湯気が上り立つシアワセ。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2019年1月19日 (土)

やっぱパーコー麺はウマい!

Photo_5

 あ~、正月明けの第二週目を勤めアゲまして、千葉の拙宅に帰還する途中、久しぶりにココへ。

1547898590038.jpg 1547898590592.jpg

 ↑東金のバイパス沿いで燦然と光り輝く「リトルチャイナ 豊」にやってまいりました。今晩も混雑。

1547898591083.jpg 1547898591621.jpg

 ↑ココの「パーコー麺(この店での呼び名は“リトルチャイナラーメン”)」と「台湾チャーハン」は、定期的に食べたくなる魅力をもっております。とにかくサッパリしていて奥行きのある風味は、なかなかホカでは味わえないモノ。ただし、ワタシの好みに合致してるダケで、万人受けするとは限りませんからね。もっとも東金周辺住民には相当好まれているらしく、いつでも夜の時間帯は満席です。でも、行列したり、料理を待たされたりはしません。

1547898589125.jpg 1547898588615.jpg 1547898589557.jpg

 ↑ハッキリと味の濃いのがお好きな方は、千葉東金道路の東金インターを降り、そのままバイパスを直進してしばらくすれば、左手に「珍来」「くるまやラーメン」「うどす?(あ、いやいや「すどう?」あ、やっぱ、「うどす」でいいんだ→背脂ちゃっちゃのマシマシ系らしい)」の順で人気チェーン店が軒を連ねています。特に「珍来」の方は、これまた何時見ても満員ですから、相当ウマいのでしょう。25年くらい前には入ったコトがあるんだけど・・・

1547898588177.jpg

 ↑で、そのままさらに直進を続けた左手に、サッパリした本格派台湾料理を供する「リトルチャイナ 豊」が建っているというワケです。ハラにモタれない料理は、GGIやBBAのワタシたちにはピッタリ。それでいて「あ~喰った、喰った」感が味わえるのがいいところ。

1547898587172.jpg 1547898587697.jpg

 ↑このように、お持ち帰り(いわゆるドギーバッグ)もさせてくれます。パックはもちろん無料です。家呑みのお伴にするためのパーコーを、あえて残しておくのが、これまたいつもの流儀でありますヨ。

 それじゃー、また来週(・・・といいつつ、明日も書くかもしれんケド:笑)。皆さんに、感謝!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。


 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。


2019年1月18日 (金)

“タオケーノイ”って、知ってる?

Photo_5

 先週の土曜日に、マセラティクアトロポルテ前期型のヒーターが温まらないというトラブルをその場でなんとかするために、「和光市のK」さんにお越し頂いた(で、その場でどーにかした:笑)んですが、「正月休みにタイのプーケットまでイッてきたんで、コレお土産っす!」と、なぜか(まぁ、御出身地なのですが・・・)茨城名産の干し芋(コレは“たこヨメ”が「超絶美味い!」と、いたく気に入っております:感謝!)とともに押し頂いたのが、コチラでして・・・

2019011801
2019011802

 ↑可愛いパッケージの絵を見れば、どうも海苔である様子。ちょうどウイスキーのアテになるナ。

2019011803
2019011804

 ↑・・・にしても、タイ語って、ナゾ(笑)。成分表と思しき部分は、まったく読むコトも能わず、おそらく製造年月日と賞味期限(消費期限?)と思われる数字も、英語式に逆から「日・月・年」となっているのかな。とりあえず、英文字の「BIG SHEET」しか解せません。

2019011805
2019011806

 ↑箱の中から出して、中身を見れば、ちゃんと個別包装にはなってるんでヒト安心(失礼!)。“たこヨメ”の帰りが遅いので、件の干し芋とともに、当面の酒のアテに・・・

2019011807

 ↑あ、こりゃ韓国海苔に似てるナ。“タオケーノイ(現地語ではどう表記するのかナゾ:笑)”というモノで、タイではヒジョーにポピュラーなお菓子(?)らしいです。幼少時(ものすご、ンン十年前:笑)にバンコク在で“タイ国日本人学校”に通っていた“たこヨメ”は知らないと申しておりますんで、結構近年になっての製品なのかな?コレは“ピリ辛味”バージョンらしく、安いウイスキーに良くマッチしております。ああ、ソレにしてもハラ減ったなぁ・・・。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2019年1月14日 (月)

THE、共喰い(笑)

Photo_5

 あ~、本日は午前中のいっときは店に出て、午後から路線バスに乗っての街歩きへと・・・

2019011401

 ↑タコ焼き・・・

2019011402

 ↑共喰い、その1(笑)。

2019011403

 ↑たこちゃんウインナー・・・

2019011404

 ↑共喰い、その2(笑)。

 あ、コレ、あくまでダイジェストですから。サスガにフルタイムのバージョンは、また今度に。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2019年1月12日 (土)

ヒト晩遅い、鏡開き

Photo_5

 さむぅ~!ここ数日は、朝晩の冷え込みがヒドいですね。天気予報では今夜半頃に雪がチラつくというハナシでしたが、近頃にしては珍しくバッチリとハズれ(泣)まして、午前中からパラパラと粉雪やミゾレが降ったり止んだり。御試乗頂くには、とっても困難な雰囲気となりましたが、ソレもどうにかギリギリ間に合って・・・

2018011201
2018011202

 ・・・その前後にも、本日は1時間刻みでスケジュールが埋まっておりましたが、懸案だった引っ越し車輛移送までもなんとか完遂して、「うん、今日は珍しく何事もウマく行った」という充実感とともに、ようやく土支田のアパートに帰還いたしました。「はぁ~。」

2018011203
2018011204
2018011205

 ↑ホントは昨晩、持ち帰った「デポに飾ってあった鏡餅」を鏡開きしようと思っておりましたが・・・

2018011206
2018011207

 ↑・・・晩飯を食いすぎて、とても“おしるこ”までイケなかったゆえ、本日の夜に順延となりました。

2018011208

 ↑さぁ、完成!スマホのカメラでは、ホカホカの湯気もウマいこと写ってはくれず(泣)、この画像では冷え切ったように見えますが、結構美味な汁粉となりました。夕食前に餅を小さく切って焼いたモノを入れ、ごくアッサリと仕上げてあります。(そのあと食後にも喰って、もうハラはポンポンです:笑)。

 それじゃー、また明日。今週も皆さんからたくさんのコメントを頂きました。感謝、感謝デス。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2019年1月 7日 (月)

七草だから、七草がゆ

Photo_5

 今日も朝から抜群の青空広がる千葉拙宅上空。なのに、一日中ソトに出ず、部屋に籠ってプラモ作りに励みました。近頃いつもそうなんだけど、休みも終盤に入らないと、手を動かす作業をヤル気にならんのよねぇー。(泣笑)

1546855156876.jpg 1546855157987.jpg 1546855490674.jpg 1546858240415.jpg

 ↑・・・で、ランチの時間。昨日のフライに続きまして、またまた牡蠣を剥き、今度は「カキのガーリックバター焼き」とシャレこんでみました。コレがまた、フライをも凌ぐ超絶なウマさで有難いコトです(感謝!)。ブルーチーズやスパークリングワインなどの余りモノと一緒にハラの中へ。

1546855659804.jpg
1546855660591.jpg

 ↑・・・して、夕食となれば、この正月中に採ってきた飽食の数々(笑)を急遽デトックスするため、あ、いやいや、本日は「七草」なので、七草粥なのだそーです。「えー、あの雑草汁みたいなヤツ?」って思わず云ったら、オコられちった(泣笑)。


1546855661141.jpg
1546855661703.jpg

 ↑以前来訪したときに、「えびしま@おおむら」さん御夫妻から頂いていた、(なぜか)長崎医療センター監修「極 旨香だし」を使って、どうにか味を整えるコトといたしました。先日のダメ男の集いで、夜の部にて供した「お餅入りみぞれ汁」は、この出汁を使わせて貰ったんですヨ。またまた感謝!


1546855662199.jpg
1546855662714.jpg
1546855663165.jpg

 ↑斯くて、「七草粥」が目出度く完成!独特の香りは、やはり春の訪れを感じさせてくれました。コレの効力で、これからの一年間を無病息災で乗り越えましょう。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。


 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。


2019年1月 6日 (日)

今日のディナーは、カキフライ!

Photo_5

 皆さんそれぞれにダメ男の集いをお楽しみ頂けた御様子で、昨日のコメント欄が賑やかでしたね。

1546764752245.jpg 1546764752839.jpg 1546764753346.jpg

 ↑今日は、昨晩までのワイワイガヤガヤ(笑)がウソのように、静かな日曜日でした。お昼前から夕方まで(プラモもつくらず:笑)、近所をお散歩してました。

1546764749711.jpg 1546764750678.jpg 1546764751360.jpg 1546765107414.jpg

 ↑帰ってきてみると、殻付きの生牡蠣を、九州小浜の従兄弟がたっくさん送ってくれました(感謝!)のが無事に到着しておりました。ホントは昨12月中に送ってくれようとしていたらしいのですが、現地橘湾での牡蠣の成育が若干遅めだったらしく、年を跨いでの発送となりました。早速カラ剥き工程に。

1546765108283.jpg 1546765183057.jpg 1546765184867.jpg 1546765305277.jpg 1546765306569.jpg 1546765917439.jpg 1546767126653.jpg 1546768105356.jpg 1546768106975.jpg 1546768107526.jpg 1546768421539.jpg

 ↑なぜか、全製造工程を開陳(笑)。

1546769232578.jpg 1546769233461.jpg

 ↑斯くて、本日のたこちゃん家ディナーのメインディッシュは、自動的に「カキフライ」となりました。ワタシは小ぶりのカキが好みなので、そういったモノを選りすぐって送ってくれたとは思いますが、それでも、ずいぶんと立派なサイズです。ウチでは、ラッキョでタルタルソースを作ったモノとスダチを添えています。頂きモノのお酒(これまた、皆さんに感謝!)とともに食せば、そのウマさは如何ばかりか。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。


 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。


2018年12月 1日 (土)

せんじ肉

Photo_5

 あー、12月第一日目の土曜日。東京練馬では、お昼過ぎまでは穏やかな気温でしたが、夕方に向かって一気に冷却し、夜になったら凍えるホドに冷たい北風が吹き付ける様になりました。コレが昨日だったら、「木枯らし一番」ってコトになったんだろうケド、11月中に北風の強風が吹かないと認定されない、ってなハナシを昨日の天気予報で云ってました。

2018120101

 ↑そのような中で、「練馬のH」さんから、面白いモノが送られてまいりました(いつも有難うございます!)。「せんじ肉??・・・初めて聞くなぁ。なになに?新鮮な豚の胃を食べやすく一口サイズにカットしました。歯ごたえと味わいが、お酒やビールによくあう、手造りおつまみです。とな?」少々調べてみますと、広島のソウルフードなのだそうな。

2018120102

 ↑砂ずりなんてのもあります。「新鮮な砂肝を高温の植物油でから揚げにしていますので旨味がギュット凝縮しています。しっかりした歯ごたえと噛めば噛むほどコクがでる、味わい深いおつまみです。」だって。ちょっと上級者用かな?

2018120103

 ↑というワケで、まずはスタンダードタイプのせんじ肉®を開封して、お皿に盛ってみました。ほとんどホルモン屋さん(今月の月例会は15日(土)←絶賛参加者募集中!)の“シロ(小腸)”にビジュアルがそっくり!だけど、せんじ肉®の部位は“ガツ”だよなぁ、胃って書いてあったモンな。あ、酔狂な方は(笑)御自宅で自作も可能なのだそーです。チャレンジしてみては?

2018120104

 ↑んぢゃ、ビールを注いで乾杯!デス。奥歯の無いワタシでも大丈夫かな?と思っておりましたら、ニャンニャンしてるうちに柔らかくなり、そのうちジュワ~っと噛めるようになりました。いっけん乾きモノ的に見えますが、「開封後は10℃以下で冷蔵保管し、2日以内でお召し上がりください」って取扱上の注意に書いてるんで、バリバリに乾かしてはいないのかな?ソコがジューシーな食感のカギなのだろうと思います。結局、コレを書きながらディナー前のアペリティフとして完食。くせになる味だわ、御馳走様!

 それじゃー、また来週!師走に入って何かとお忙しいとは思いますが、皆さん御自愛くださいね。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年11月19日 (月)

今日は、超超超大盛ペヤング!

Photo_5

 ワタシの休日二日間ともに、連続でジャンクフードねたっつーのも、如何なモノかと思いますが(笑泣)・・・。

1542585209333.jpg
1542585209959.jpg
1542585210423.jpg

 ↑まー、来ちゃったんだから仕方がないんだヨ賞味期限 。超以前に「テツヲタ」さんから頂いていた「ペヤング超超超大盛MEGAMAX焼きそば」、夏のダメ男の時に、御参加の皆さんにお分けしようと思っておりましたが、機会を逃して、あとのカーニバル。

1542600640178.jpg
1542600641500.jpg
1542600642017.jpg
1542600642528.jpg
1542600643119.jpg

 ↑鍋に大量のお湯を沸かし、お湯を入れ待つこと3分。さらに所定の段取りを踏んだら、堂々完成。


1542600643678.jpg
1542600644245.jpg
1542600644809.jpg

 ↑「ウルトラ箸置き(笑)」はともかく、古伊万里の目出度いお皿と塗箸を用意して、プリマハム香薫を添えれば、一端の御馳走に見えてまいりますから不思議。

1542600645325.jpg
1542600645880.jpg

 ↑さっそく試食・・・ふむふむ、コレも意外とイケる。ノーマルサイズのモノよりも、一気に大量のお湯で湯がくところがいいのかなぁ。でも、ウインナーが箸休めになっててヨカッタのかも。

1542601589940.jpg

 ↑とーぜん食べきれるハズもなく(笑)、残った麺は冷凍庫行き。次は焼き肉のシメにでもするかな。


 あー、とりあえず、ハラだけはいっぱいになったので、これから千葉市内の歯医者さんに寄って、練馬に帰ります。


 それじゃー、また明日。


 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。


 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。


2018年11月18日 (日)

サッポロ一番みそラーメン、ウマい!

Photo_5

 午後になって、千葉の拙家に帰ってまいりました。まだデポのメールは復活しておりません。明日こそなんとかしなくちゃ(泣)ね。

1542532452863.jpg

 ↑遅いランチは、懐かしの味「サッポロ一番みそラーメン」とするコトにいたしました。タマには飽食から脱しないと(笑)。


1542532454059.jpg

 ↑いつもは、その辺にある具材を手当たり次第に入れて「御家庭の味」にしてしまうのですが、今日は、冷凍コーンと四つ葉バターで「味噌バタコーンラーメン」として、プロっぽく仕上げてもらいました。


1542532454574.jpg

 ↑・・・とどめに海苔と七味をパラパラ。あー、意外にも思い付きはウマくいき、バターの風味とコーンの甘味がスープにカラんで最高!ヘタな札幌ラーメン屋の味噌ラーメンを凌ぐ出来映えとなって、スープは最後の一滴まで全部飲み干してしまいましたヨ。「ああ、美味しかった!」・・・サッポロ一番みそラーメン、50年もの商品寿命はダテじゃないんだなぁ。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。


 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。


より以前の記事一覧