マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

他のアカウント

Facebook
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「たこちゃん珍道中(街歩き篇)」の6件の記事

別名「たこちゃんの日曜日」公園巡りや博物館への探訪記。

2017年4月 8日 (土)

ネリマのサクラは昨日のが決定版だろ、きっと。

Photo_5  

 ・・・ワタシのサクラに対する執着(笑)には根深いモノがあり、近頃の若いモンは桜と梅の見分けがつかないなんてハナシを聞くと、3時間くらい正座してコンコンと“おハナシ”して差し上げたくなりますが、幾らなんでも昨今の年若い方がそんなコトになっとりますなんて、ちーとも知らなかったわぁ。

2017040801201704080220170408032017040804 コレは、昨日の朝に光が丘公園内外で撮影した写真たちです。いつもの公園外周路には、両側に桜の立派なヤツが植えられているのですが、本当に一週間弱くらいしか“見ごろ”はありませんね。

 あとは、年間を通して花弁がオチたり、毛虫がオチたり、葉っぱがオチたり、アメリカシロヒトリが育ったり(笑泣)するばかりです。とりあえず自分の家に桜の木を戯れに植えるのはヤメた方がいい。秋なんか、毎日夜中まで落ち葉掻きをやらされるハメとなりますヨ(実話:泣)。そのうち御近所のメイワクだなんていわれちゃいますからね。こうして、公共の施設や公園内にて枝振りの良いサクラをノビノビと演出してくれるのが、最高のシチュエーションではなかろうかと。

201704080520170408062017040807201704080820170408092017040810 ・・・で、先日ワタシがこのブログ内で歎いておりましたら、皆様が御祈念くださったおかげでしょうか、どうにか、明日の日曜日は午後から夕方以降に雨がアガりそうな練馬のピンポイント天気予報が出ておりますね。

 しかしながら、ワタシは昨晩のうちに、「もう、終わっちゃうかもしれないから、夜桜でシッカリ見ておくか・・・」と意を決しまして、シゴトが済んだあとに夜の健康散歩と洒落込むコトにいたしました。まずは、土支田のアパートから光が丘駅まで歩き、都営大江戸線に乗って豊島園駅へ。としまえんの園内には既に時間外にて入れなかったので、トイザらスの横の橋上から園内ライトアップの様子を撮影。そのまま石神井川(しゃくじいがわ)沿いの桜並木を延々と堪能しつつ、なんと、東京メトロ氷川台駅を目指すと云う破天荒なプランを実行に移したのでした。ぶっちゃけ、ものスゲー遠いっす!昨日の昼間には、御来店くださったお客様が、帰りはお急ぎだと仰るんで、思い切って東京メトロ小竹向原駅まで送って差し上げたのですが、その時にこの沿道をたまたま走りまして、「コイツはスゴい!」と思っていたものでつい・・・。川の水面スレスレまで低く垂れ伸ばした枝の先までミッチリと隅々まで満開です。コレが延々と続く光景は本当に見ものだと思われます。練馬付近にお住まいの方は今晩にでも明日にでも散策するのをお奨めいたしますヨ!

2017040810a2017040810b2017040810c2017040810d_2 実は、この散策に於ける“ワタシの極私的お目当て”のひとつとして、この石神井川沿いに在する高稲荷公園(たかいなりこうえん)の賑わい確認と云うのがありました。子供の頃には毎年サクラの季節になるとウキウキしたものです。当時は、この時期のこの公園でしか触れるコトの出来なかった“あんず飴”にありつくために、遠く春日町より自転車を漕いで、ここまで走ってきたモノでした。・・・生ビールには目もくれず、あんず飴屋さんを探しました。ありました!値段が当時の10倍になっとります(笑泣)。当時20円でも「高ぇ~なぁー」と思い、ついには親に頼んで、あんずの瓶詰めと水飴を買ってきて、お手製を製造してまで喰ってましたからね。それほどに“あんず飴愛”は強いのですが、この公園では一切のモノを口にせずにガマンしました。そのあとのお楽しみが半減しちゃイヤですからね。

20170408112017040812 ・・・で、桜並木を堪能しつつ、ようよう氷川台駅まで歩き着きましたら、サスガにハラ減ったなぁ。でも、不思議に疲れてないのは目の保養が効いてるのかもしれません。ここから地下鉄に乗って、東京メトロ地下鉄成増駅へと向かうルートを選択いたしました。現地では東武東上線の成増駅前まで歩き、先日の鳥貴族のとなりにあるさかなや道場にて夕食にありつけました。ししゃもとイカとアナゴでハイボール!・・・さらにそのあとは、“ハラごなし”と称して、成増から土支田まで徒歩で帰りましたとさ。

 ソレにしても、昨晩のたこちゃんズは不思議なパワーに惹かれるようにトコトン歩けたなぁ、しかし。

 それじゃー、また来週。今週も皆さんに御覧頂きまして有難うございました!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2017年2月28日 (火)

東金の春・・・

Photo_5  

 アッと云う間に2月もエンド。2017年も忙しなく過ぎ行く日々との闘いは続きます。まぁ、そのような時には、田舎の長閑な風景で心を癒しながらメンタルケアをするのも、ワタシにとりましては大事な日曜日の過ごし方デス。・・・ああ、そんなところに地震が。宮城方面は大きいそうですが、大丈夫?

20170228012017022802201702280320170228042017022805201702280620170228072017022808 ・・・「♪ああ、とぉがねのぉ、はぁる~」本当に今年初めて“生ウグイス”の声を聞くに及びました。どこからともなくホーホケキョ。

 駐車場にクルマを停めて、受付してもらったら、3組待ちとのコトで、店舗の周囲を散策しつつ、我々が呼ばれるまでの時間を、しばしユッタリと過ごすコトにいたしました。人工的なモノなのか天然なのか判りかねますが、今の季節は干上がった池というか沼というか・・・とにかく枯れた葦が群生しているところにチョロチョロと用水路から水が流れ込む音だけが、響いています。このような場所があるなんて、今まで知りませんでした。嘗ては東金の旧市街地に位置していた御蕎麦屋さんが、こんなに裏手の方にまで引っ込んで営業しているらしいのです(“たこヨメ”情報)。ドコで聞きつけたか、色々な地域のナンバープレートを着けたクルマたちが駐車場に次々と入ってきますので、コレは充分に盛況と云えましょう。なるほどスッキリと美味い二八そばは、近年になって若干蕎麦アレルギー気味のワタシが食べても問題ありませんでした。お店の内外に漂う落ち着いた雰囲気に相応しい大人の客層(まっ、ジジババってコトです:泣笑)が集まっているので、休日の午後を静かに過ごすのにちょうどヨカッタです。展望台のある公園や長い階段のある神社まで、登ったり降りたりえっちらおっちらと食後はハラごなし。思いのほか充実した午後のひと時とはなりました。でもね、ココの場所にクルマで到達するのは結構難儀ヨ。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月27日 (火)

ホゲホゲと日曜日

Photo_5

 はひ~!久しぶりにフツーに暑いと、なんだかチョーシ狂っちゃいますね。皆さんの近所は如何?

2016092701201609270220160927032016092704 一昨日の日曜日は、久しぶりに千葉の拙宅へと帰っておりました。夏休みが明けてからこのかた、とにかくずぅ~っと台風に蹂躙されてきたものですから、我が家の二階の雨漏り(この記事御参照)がその後キチンと喰い止められているのかが、ここのところ我が家での話題の焦点となっておりましたが、夏休みの最後に施したシロート細工が見事に効を奏していた様子で、追加の雨漏りはありませんでした。ホッとしたので、とりあえず近所の御散歩デス。千葉東金道路の山田インターまでは我が家から4キロほど。その少し先まで歩けば、八街(やちまた)市の山田台ってところまで到達するのですが、そのT字路から旧道経由で帰ってくる途中で見るコトが出来る風景がコレです。とりあえず、トンデモなく田舎です(笑)。サトイモ畑にヒガンバナの群生が見事なコントラストを見せてくれます。

2016092705201609270620160927072016092708 「♪春なのにぃーコスモスみたい~」ってS生堂の懐かし名作コマーシャル(音出ます、注意!)がムカシありましたが、ここは千葉県大網白里市のとある旧道沿いで見つけたコスモス群生地。この風景を目にした瞬間からワタシの脳内には「♪春なのに、春なのに、コスモスみたい~」とグルグル・・・スッカリ秋なのに(笑)。

 ああ、今はスッカリ秋となりましたから、コスモスが咲き乱れるのも、もはや正しい在り方ですね。「♪秋だからぁーコスモスみたい~」ソレにいたしましても、この可憐な秋の花、どーして“宇宙”と同じ名前を与えられているのですかね。そんな宇宙の真ん中でモンシロチョウも“ちゅ~ちゅ~”しています。

20160927092016092710 (人生幸朗師匠風に)まぁ、皆さん見てください(くんなはれ?)。この二枚の写真、我が豪邸(失笑)のすぐ裏手にございます風景なんですが、歩いてほんの1~2分でっせ。どないな田舎と思います?・・・ホントだからスゴイけど、本当に我が家の裏手方向にちょびっと歩けば斯くの如くに超絶ド田舎な風景に出会えます。ダメ男御参加の節に御覧ください(酔っぱらってても歩ける距離デス:笑)。

20160927112016092712 20160927132016092714・・・家に帰ってきてから、ポン酒カックラって「♪ポンピリピン、呑んじゃったっ、ちょ~っとイイ気持ちぃーヒャ!のーめるのーめるのーめるのーめるいーけるけるけるけるっ!きーざくらきーざくらそーふとなお酒・・・」ってアタマの中に黄桜CMソング:かっぱの唄(音出ます、注意!)が湧き上がってまいりましたところ、「あ、そうそう!」と手を打ちまして、以前何時だったかの“ダメ男の集い”の時に「Wさま」さんから頂戴していた“「そうだ京都、行こう。」の20年”ってステキな御本を酒の肴に眺めるコトといたしました。黄桜と云えば“伏見のお酒”ですが、そんな伏見にはお稲荷さんの総本山があるんですね。毎月やってる“生命の言葉シリーズ”短冊は、たこヨメが近所の稲荷神社さまで戴いてきているモノなので、その御本家さまにはイッてみたいなぁ。鳥居を一本潜る毎に、また一年と、過去へと遡れると云うタイムスリップ効果があるのですか・・・そのうち、黄桜の工場見学カマしつつ(笑)。

 「これからのニッポンは?」の悩みには、「むかしむかしのニッポン」がお答えします。ココは長塚京三さんの声でしっとりとしたナレーションをお願いしたいモノ。BGMはもちろん、例の「私のお気に入り(My Favorite Things:音出ます、注意!)」でキマリ。「Wさま」さん、本当に有難うゴザイマシタ!

 この懐かCMを観てみたくなったアナタのために。「そうだ京都、行こう。動画(音出ます、注意!)」

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年8月11日 (木)

モノレールでどーぶつえん

今回初めて、気まぐれで乗ってみたのは、千葉市内を走る千葉都市モノレールです。宙ぶらりんになって走行するタイプの懸垂型モノレールとしては、世界最長の営業距離を誇り、ギネスブックにも掲載されていると云った逸品であります。何かしら一日フリーパス的なチケットがあるハズだと思っておりましたが、はたして千葉市動物公園への入場券も付いたモノが超絶にお得だったんで、ソレを手に入れて乗り込みました。まずは、24時間で700円を謳う、都市部では安い駐車場を得た栄町駅からモノレールに乗車。一旦千葉駅に出て、ダメ男の集い用の食材を入手。たまたま、その食材屋の前にあった名古屋コーチン使用を謳う親子丼屋の旨そうな見た目に誘われて、ソコで一足早い昼食をば。コレは確かに旨かった。
続いて、モノレールに乗って、一旦終点の千城台まで行き、下車しないまま折り返して動物公園駅まで戻り、ソコで下車しました。この動物公園は、千葉県下で唯一ライオンが見られると云うスゴいんだかスゴくないんだかサッパリ分からない売りを持った場所なんですが、二足歩行をするレッサーパンダの風太君というのが生息しているコトで、かつては大いに盛り上がった動物園でもあります。件のライオンも、風太君も、加齢と真夏の暑さにより専ら寝ているばかりでしたが、動物園としてのクオリティは高く、こんな値段で楽しませて貰ってはすまないなぁと思いました。その後、反対側の終点たる千葉みなと駅までわざわざ用も無いのにイキまして、そのままトンボ返りで千葉駅まで帰りました。ヨドバシカメラのマルチメディア館でプラモ売り場をチョットひやかしたあとは、歩いて県庁前まで行き、ソコから栄町駅までのフタ駅をモノレールで。コレによりまして、千葉みなとから千城台と、千葉みなとから県庁前までの二路線を全線乗ったコトと相成りました。だからどーしたと云われればソレまでなんですケドね(笑)。まー、とにかく今日はよう歩いたわぁ。あ、昨日のコメント欄見ました。TERRAさん残念‼また今度をお楽しみにね。御参加予定の皆さん、土曜日にお待ちしておりますヨ!安全運転で御越しくださいね。ああ、Rたろう先生は石垣島に居るらしいゾ。ピンポンダッシュのチャンス(笑)。
それじゃー、また明日。

2016年7月25日 (月)

10円ゲームの博物館へ

Photo_5

 ホイホイと須らく簡単に済んでしまえば、何事も楽なんですケドね、ホントに毎日毎日が三歩進んで五歩下がる的状態を幾つになるまで続ければよいモノやら、実業の世界はたいへんデス。このブログを御覧になっている皆さんも、日々それぞれにたいへんな思いをしているコトでありましょう。本当に心労からくるストレスなど重ならぬように、時々は気を抜いてくださいね。

2016072501201607250220160725032016072504 ・・・あっと気がつけば、もうじき7月も過ぎてお盆の時期を迎えるコトとなってしまいそうです。ああ、ホントに月日の経つのはハヤいよなぁ。そのような中で納車をお待たせしている方々もまだまだたくさんいらっしゃるのですが、いつも申し訳ない思いで心を詰まらせながら暮らしております。いつも甘えさせて頂いてスミマセン(皆さんの笑顔を信じて愚直に頑張ります・・・ペコペコペコリ!)。

 却って、お盆の時期になると色々あって行けないゆえ、昨日の午前中にはいつもの墓参三連発をしておきました。所沢→北朝霞→練馬ときて、そのまま板橋区のとある商店街を目指して走ると、お昼にはちょっと早い時間に到着。ちょうど環状七号線と国道17号(中仙道)の交わったあたり、「ホントにここ入れるの?」的幅員の道路をムリヤリ進んでまいりますと、右も左も昭和が真空冷凍保存されたかのような風景ばかりです。とりあえず、ツカミはOK!100パーにクルマを停めて歩きます。すでにちょっとした異次元空間で旅行気分が味わえています。

20160725052016072506 ・・・で、一瞬都会の喧騒を忘れさせてくれるように立派なお稲荷さんが祀ってありましたのでさっそく参詣、セミしぐれもいい感じ。その鳥居の前で180度の“回れ右(ま、左でもいいんだけど:笑)”をいたしますと、御覧のように一見ムカシの文房具屋さんみたいな佇まいの店舗が建っております。看板には「コン太村」とありますが、店舗前に居並ぶ古めかしい“ガチャガチャ機”が、平成の今となっては、よく考えたらイジョーな雰囲気を醸しだしております。

20160725072016072508 まぁ、ナニはともあれ入ってみましょ。入場するには、とりあえず200円を払いますが、引き換えに“メダル”が10枚も頂けます。もちろんゲーム用のメダルですから持ち帰っちゃイケません。店内の機械でこれから存分に遊んでくださいねと云ったところでしょうか。ワタシの世代ですと、このあたりの10円ゲームはちょっとダケはずれてるんですよね。ギリギリ知ってるのが、コチラの新幹線ゲーム関係くらいかな・・・何度チャレンジしても、大ラスのところでズッこけました。やっぱ、ムカシとった杵柄はササクレている様子(笑)デス。

20160725092016072510 う~、さっきからバカにしくさってる“たこヨメ”の冷たい眼差しを、ここらでなんとかせんとイカんなぁ。で、新幹線ゲームと同工異曲なグランプリなるゲームにチャレンジ!盤面に踊るフェラーリ250LMの鼓舞効果(笑)もあってか見事にゴールインいたしました。

 追記:・・・と、フェラーリ250LMと思っていたのは間違いで(黄色い色にダマされた)、画像を拡大してよく見ると、ロゴの直下に居るのは、フォードGT40Mk-Ⅱだナ、きっと。(大体、絵がう~:笑) 

 “がっちゃん!”と音がしながら出て来たのは真ん中に20と書いてあるメダル。「コレはなんですか?」と館長さん(テレビによく出られてる方御本人)に伺ったら、「駄菓子を20円分買うか、ゲームメダル4枚と交換か、デス」とのコトだったので、メダル4枚と交換してもらいました。ともあれ、機械の経年を考えた時、こうして往時の如くにキチンと遊べてキチンと動作するのは、まったく驚異の世界と云えましょう。

2016072511201607251220160725132016072514 ・・・さ、ほんじゃ、メダルを一気に増やしてまいりやしょうか。こういった機械が現役の当時(1976~79くらい)には、すでにワタシの興味は出始めの頃のコンピューターゲーム(もっぱらシューティング系)にイッちゃってたんで、こんな運を天(って云うか、機械そのものじゃん:笑)に任せるようなモンにはたとえ10円でも入れる気にならなかったモノですが、要領は今一つ分からないケド頑張ってみよ。

 モロにスーパーカーブーム時代を表しちゃってる黄色いカウンタックも眩しいルーレット台を発見しましたので、我らがマセラティボーラばっかり(笑)に一点賭けし続けてみました。・・・なんか、BBとカウンタックの絵柄にしかトマんないんですケド(泣)。で、それならとカウンタックに賭けてみたら“ぱんてーら”なんてモンに止まりやがって、ちーとも当たりません。そのあとスグに、「えぇ?わたし、初めてぇ~」って感じで機械の操作方法も覚束ない感じのどこぞの主婦が、ボーラへの一点賭けを一発で仕留めやがりまして(ホント博才ないな、オレ:大泣)うじゃらうじゃらとメダルが出て来たのを見たとヨメが云ってました。

2016072515201607251620160725172016072518  しかしながら、どの盤面を見ても、ソコに描いてある車種が意外にもマニアックなのには、あらためて驚かされますね。“インターチェンジ”神戸インターからの最終打ち出し口のところにゃランボルギーニ400GT?・・・って、ここまでは簡単に来るのに、この絵見てると手元がクルって、こんなの何度やってもドボンぢゃ。“いんであな500”とか“ぴかでりーさーかす”は意外と高確率で当選しますヨ(1枚賭けて2枚出てくるダケのところなら:笑)。はじめのうちは、お客がワタシたちダケだったのですが、気がついたら、近所の常連客(っつーか、フツーのガキんちょ連:笑)やら、我々のような“懐かし組”のオジジ&オババで店内は立錐の余地も無いワ。盤面を見つめるワタシの股下にはドコかの知らん子供が(笑)。斯くなる上は捲土重来を期する!館長さんの労作を購入(当所で買った場合のみシリアル番号入りの特典ありとのコト:笑)、著者から直々に手渡しされてワタシも御満悦でした。

 ともあれ、駄菓子屋ゲーム博物館(公式サイト)では、1000円あったらミリオネア気分ですヨ。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年6月27日 (月)

朝からネリマLOVE散歩

Photo_5

 あー目覚めたら、空が予想以上にピーカンだったので、コイツは、よいよい。いったん出社してメールをチェックしたらば、朝の御散歩方々、いったん練馬駅方面に。また奥歯がトレちゃった(実はオレちゃってた:泣)んで歯医者さんにも行かねばならないし、御墓参りもしたいし。

2016062701201606270220160627032016062704 ・・・そのようなワケで、ノコノコと練馬駅の周辺までやってきたのはいいけれど、花屋さんがドコも開いてませんねぇ。いったん、駅地下の駐車場にクルマを停めまして、西武線のガード下にあるスーパーが開店する時間までは北口に在る平成つつじ公園内をプラプラと。

 目の前のコンビニであらかじめ買っておいた天然水のペットボトルを飲み干す頃には、公園内も回り終えました。入るなって書いてあるのに、お犬様を連れた人々が多数散歩のために入っていて、「ここでゆっくり座りたいなぁ」と腰掛けようとする日陰の椅子のたもとには、アチコチ用を足させたばかりと思しき“池”があったりして、意外とゆっくり出来ず、油断も出来ない(泣笑)モノでしたヨ。

2016062705201606270620160627072016062708 ・・・そんなこんなで、スーパーが開いたら、ソコの花売り場の花を買い求め、墓参も無事に済ませました。続いて今度は歯医者さんの予約時間まで、これまたビミョーな御散歩タイムとなりましたが、まずは医院の駐車場にクルマを停めて豊島園の駅周辺を歩いて探索するコトに。

 かつてはバスターミナルだったところに、今では練馬に似つかわしくないシネコンが建ってたりします。本日は朝から真夏を彷彿とさせる陽気でしたが、こんな陽炎のたつような朝にこのあたりを散策すると、中高校生の頃、スペースインベーダーを1ゲーム50円でやらせてくれる上に、ジュースをポリコップで振舞ってくれるゲーセンがこのあたりにあったんだよなぁ~なんて懐かしく思い出されました。そこかしこに、そんな70年代も終わりの頃の風景のカケラを見つけるコトが出来るのが、こういった街歩きの楽しいところです。でも、ずいぶんとキレイになったモンだよなぁ。

201606270920160627102016062711201606271220160627132016062714 ・・・そうかと思えば、駅から線路と並行した路地を歩くと、コレまた色々な風景と出会えます。以前にも何度か御案内いたしました向山庭園(こうやまていえん)もそんなスポットのひとつ。ちょうど開園時刻の9時をむかえましたので、少しだけ園内を散策して、その雰囲気を楽しむコトが出来ました。

 と、オモテに出てしばらく歩くと、とんでもなく時代モノのランクルに出会いました。う~ん、コレは珍しいぞ、今となっては。“ドリフのアフリカ探検隊”の扮装をして乗ってみたいモノです。再びナンバーが着く日が到来するのを願わずにはおれません。

 さらに歩けば線路脇に出ました。なんだか前方に小さい踏切があるみたいです。目の前まで行ってみたら、はたして、自転車でもコンジョーが要るよな幅員の踏切でした。ああ、でも、ムカシは自転車でこの場所渡ってたような気がいたします。ネリマ人には“懐かし汁(笑)”が出まくり、朝の西武豊島線沿線風景でした。

 それじゃー、また明日。ぎょーむれんらく、「おぐ」さんの日程、現在も三男が思案中デス(泣笑)。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。