マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

他のアカウント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« プジョー307CC、初入荷! | トップページ | 確かに血は繋がってる、脈々と。 »

2019年3月13日 (水)

マセラティ430前期型輸送と表敬訪問の一日

Photo_5

 今日の朝は、風も穏やかで春めいてました。毎日がこうならラクなんだけど、また寒くなるのかなぁ。

1552476874268.jpg

 ↑で、そんな午後。しばらくぶりの御対面となりましたのは、いまや羨望のマセラティ430前期型。外装色:ライフルグレー/内装:黒革の取り合わせは、“激シブ(笑)”ハードボイルドタッチです。


1552476874871.jpg
1552476875915.jpg

 ↑以前に当店でセミレストアを施してありますので、メインヒューズボックス根源対策も万全です。本日もエンジン一発始動!


1552476875451.jpg

 ↑そのうち正式発表いたします。御興味のある向きは、ワタシまでお早目のメールか御電話を。


1552476876415.jpg
1552477453229.jpg

 ↑てなてなコトイッてるウチに、ナゼだか横浜にたどり着いてしまいました(笑)。ミラコラーレさんを表敬訪問の図。スタイリッシュで男前な野田社長さんの隣に並んでの撮影は、いよいよ今日のワタシにゃ、ほぼ罰ゲーム(笑泣)。散髪にイキそこねて髪の毛がブーブーに伸びきった姿を御覧に入れるのは忍びない(なんか、デキの良くないズラをカブってるみたい。断じて自毛ですからね:笑)ですが、ま、コレが現実だから、ココは甘んじて道化となろう。笑いをとってナンボぢゃとの気概を買ってください。ミラコラーレ野田社長さんと従業員の皆さん、却ってお土産を有難うございました。只今も国道16号を北上中。ワケ有って、今度は埼玉県入間市を目指してたりするんだケド、今日中に練馬に帰り着けるかなぁ(泣笑)。


 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。


 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。


« プジョー307CC、初入荷! | トップページ | 確かに血は繋がってる、脈々と。 »

コメント

おお、430は随分と久々の登場なのでは。
まるでだめ夫、なつかしす。

430いいですね。今となってはこのサイズの高性能セダンは稀有です。
ましてやFRなら尚更。そしてクラシックで伝統の革内装。

でも今やイタリア車の430と言えばフェラーリなのでしょうね。
通好みの車として希少な一台。
しかし、あの当時、なぜクアトロポルテと名乗らなかったのか…
ドイツ車みたいに機能でドライにクールに売るメーカーなりたかったのか…
ネーミングは謎ですね。

・・・午前様にならずに済んだ(笑)ワ。

↑長距離移動、お疲れ様でした。
マセラティ430前期型、間違いなく“激シブ(笑)”です。
激シブ好みなアナタに。

生産されてから時が経つと、なかなかオリジナルで綺麗な個体は淘汰されて、少なくなります。そうするとこの430もなかなか得難い個体となる訳でして。えぇ、そういうことになると、、、こりゃ早めにたこちゃんへ電話だな。。。
そして、横浜のミラコラーレまで、たこちゃん進軍! さらに、別仕事で東奔西走!! 年度末の3月はやはり忙しくなります!!! 私は今日のイベント的仕事が終わって、ほっとしています! 
で、たこちゃんも午前様にならず、無事帰還!おめでとうございます!!

混みあう中の長距離移動、お疲れ様でした!
そして430、正式にお披露目されるのが楽しみです。
あぁ、そしてミラコラーレ様にもいらしていたのですね。
僕はたこちゃんも男前だと思いますよ。
野田社長に負けず。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マセラティ430前期型輸送と表敬訪問の一日:

« プジョー307CC、初入荷! | トップページ | 確かに血は繋がってる、脈々と。 »