マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

他のアカウント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« デポ版、ヒントでピント | トップページ | ほっかいどーは、サムイドー(泣笑) »

2019年2月 8日 (金)

ホルモン屋での“密談”(笑)

Photo_5

 明日は本格的な降雪となりそうな予報の出ている東京練馬界隈ですが・・・積もらなきゃイイなぁ。

2019020801_2
2019020802

 ↑・・・んなハナシとはまったく関係無く、本日の夜はMCOJ(マセラティ・クラブ・オブ・ジャパン)の「えつこ会長(笑)」をお招きいたしまして、些かならず遅くなった“新年ふたり会”をば挙行いたしました。その実は、件の「ナゾのロッソなヤツ」を検証して頂くために御足労頂いたというワケです。

2019020803
2019020804
2019020805
2019020806
2019020807

 ↑手土産として頂きましたのが御覧の冊子。日本国内のとある好事家(ま、エンスージアストって感じデスね)の方が、御作りになっている(この画像は量産試作品:笑)というモノでして、かの“幻のスーパースポーツ”たるランボルギーニイオタの数奇な来歴を、(なぜか)アヒルちゃんに擬して詳細に説明しているという逸品。究極的には、本年の4月エンドにランボルギーニの故郷であるサンタ・ガータで行われる“イオタ50周年アニバーサリーイベント”の一環として、地元の小中学校にこの冊子を配布し、現代のコドモたちに往時の息吹を伝承しようという極めて高邁な思想にたった企てとなるのだそうです。手弁当でチャレンジしておられるとのコトなので、スーパーカー愛(ひいては、ランボルギーニ愛)に溢れるこの一連のプロジェクトにえつこ会長は共鳴して参画しているのだそうですヨ。

2019020808

 ↑そのイベント関連で配布するためのスーパーカー消しゴムすらも、日本国内でわざわざ拵えて、現地のコドモたちに分け与えようというトコロもステキすぎるプロジェクトです。このミウラ、ホントの1970年代スーパーカーブーム時に日本国内で出回ってたモノよりも、数段正しいフォルムを実現しております。願わくば、往時のジャパニーズ・チルドレンがやっていたように、この消しゴムを有機溶剤漬けにして、ヒト回り小さく硬くした上で、“BOXYボールペン”のケツではじきながら、サーキットの絵の上を走らせる日本文化(笑)も、彼の地のチルドレンたちに知られれば面白いなと思います。

2019020809

 ↑今、20年ホド以前と比べて、イタリア本国とこの本邦との間の垣根はずいぶんと低くなっているそうで、現地にはアヤシゲな日本料理店も数多くあるのだそうです。そのような中で、この画像の女性が、日本のアニメーションを各国語に翻訳する活動を精力的に行っているのだそうです。そう、今こそ“クール(カッチョいい)ジャパン”の狼煙をアゲて行きたいモノだと、二人して気炎をアゲる今宵でした。

2019020810

 ↑お互いに、今後の夢を語り合いながら過ごした4時間は本当に有意義なモノとなりましたヨ。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« デポ版、ヒントでピント | トップページ | ほっかいどーは、サムイドー(泣笑) »

コメント

あああ。今となっては後付けですが。
あれだけ昨日の記事の祭りが盛り上がったのに、これだけ遅いということは、今夜はもしやホルモンかと、先程から思ってはいたのですが。

おおお。今となっては後の祭りですが。
どれだけ昨日の記事の祭りを盛り上げたのに、これだけ遅いということは、今夜はもしやホルモンかと、先程まで気がつかなかったのですが。

明日大雪の中、あのロッソなお騒がせな個体を見に行きたいけれど、、、、ダメなんだ、仕事が捗っていないから。。。。
たこちゃんも、E湖さんに色々聞いたんだろうな!?

えつこ会長との有意義な4時間、あっという間だったと思います。
いろんな話で盛り上がり、酒が進む(笑)。
煙に巻かれていませんね。

このネタにこのHNで恐縮至極です。
ランボルギーニとは無縁ながら単なるイニシャルで用いております。
ギリギリ、スーパーカー消しゴムブームを知っている世代です。
小学生低学年、BOXYのボールペン自体なかなか持ってるやついないという状況でした。

それにしても昨日の推理、みなさん流石ですね。
私はオープンカップにエボと非エボがあるのも知らず…
お恥ずかしい限りです。
自分はおそらくマセラティ検定7級ぐらいでしょうか…
そこは有段者ごろごろのデポ。
手練れ・猛者・ディープな方々には到底及びません。

なんと、怪しげ、妖しげな、極秘ホルモンの会!
どんな密談が行われたのでせう。
たことえっこのみぞ知る。

M.C.O.J.…私のようなモノが跨ぐにはあまりにも高い敷居がありそうなイメージの正統派名門クラブ…
そんなクラブの会長様をホルモンに呼び出してしまう、たこちゃん…恐るべし。

横浜のSさま、M.C.O.J.は、敷居が高くないですよ~~。イメージだけだと思いますが。。。

↑そうそう、思い切って入部してみてはいかが?

あれ、たこちゃんさんって、MCJにはいってるでしたのね?

↑専業者は、趣味のクラブには馴染まないと考えますので、ワタシ自身は御辞退しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホルモン屋での“密談”(笑):

« デポ版、ヒントでピント | トップページ | ほっかいどーは、サムイドー(泣笑) »