マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« THE、共喰い(笑) | トップページ | アサガヤでブラブラ(その2:完結篇) »

2019年1月15日 (火)

アサガヤでブラブラ(その1)

Photo_5

 ここのところ、ホントに真冬も本番といった体で、特に朝晩の冷え込みはキビシイ毎日ですね。

2019011501
2019011502

 ↑あ~、そんなワケで、定休日は“寝てよう日”にしていたいところではありましたが、思わず午前中にシゴトへ出てしまったモノで、アパートに帰ってそのまま寝込むのも却って不健康だナと、そのまま午後は出掛けるコトにいたしました。久しぶりに路線バスで来てみたら、石神井公園駅のあまりの変貌ぶりにビックリでした。あ、ここまで乗ってきたのは、デポに来る時に皆さんがお使いになってる「石神井公園駅と成増駅」を結ぶ西武バスです。同じ系統は国際興業バスでも運行しておりますんで、日曜日でも昼間の時間帯は一時間に7本くらいはあるゆえ、まったく快適に土支田近辺から石神井公園駅まで到達いたします。ココで関東バスに乗り換えてレッツゴー!

2019011503
2019011504

 ↑・・・ところが、石神井公園駅から阿佐ヶ谷駅に向かう関東バスが、せまいせまい旧早稲田通りのワインディングをキリキリと走るので、たこちゃんズ二人ともソッコーで車酔い。オモテの空気を一刻でも早く吸おうと、阿佐ヶ谷駅の少し手前の停留所で下車してみたら、今まで、その存在を知らなかった立派な神社に参詣するコトが叶いました。コレも御導きかしら。

2019011505
2019011506

 ↑お正月と成人の日が一緒に来たような大賑わいの境内に入れば、立派な能舞台があります。

2019011507

 ↑杉並区教育委員会が立てた銘板が、「神明宮」さまの来歴を平易に教えてくれております。

2019011508
2019011509

 ↑神社的には、まだお正月モードも継続しているらしく、立派な門松も立っています。成人の日でもありましたので、晴れ着で着飾ったカワイコちゃんたちを含めたお若い方々がアチラコチラにいらっしゃいました。

2019011510

 ↑手水の裏には、御覧の手押しポンプが動態で立っています。このエリアは静かで素晴らしい。キレイなトイレの横には、デカい灰皿が置いてあって、ココが一番気兼ねなく和めるスペースでした。

2019011511

 ↑またも懇ろに参詣して、色々と神様にお願いをしたあとは、“阿佐ヶ谷パールセンター”なる歴史のあるアーケード商店街を目指しました。地方のアーケード街と違って、この街はヒトの多さが際立っていました。ホント活気があるなぁ。

2019011512
2019011513

 ↑で、到着したのが、“ミート屋”と称するスパゲッティミートソース(ダケ:笑)の専門店。ここのところ実母の見舞いに通っている“たこヨメ”さんが、たまたまココを見つけて食べてみたところ、結構イケてたとのコトなので、コドモの頃に宇宙一好きな食べ物が“スパゲッティみーとちょーちゅ”であったワタシに一度喰わせてやろうという企画であります。

2019011514
2019011515

 ↑・・・でもね、到着して唖然茫然。「なんぢゃ、このヒトの列は!」午後2時を回っているのに、20組待ちであります。なんでも特化した商売って、流行るのねぇ。すべての理念が有名人気ラーメン店のような在り方です。ものすごくシステマティックにヒトを流します。それでも、最低で小一時間は待たされそうだナ。

2019011516
2019011517
2019011518

 ↑さらにミート屋さんの奥に分け入りますと、小さなお花屋さんがあって、目の保養で時間潰し。

2019011519
2019011520

 ↑結構女性客も多く、食べるのが遅いんで、なかなか順番は回ってきません。さあ、いよいよ・・・

2019011521

 ↑カウンター席に着座してエプロンをもらい、喰う気まんまんで“みーとちょーちゅ”を待ちます。

2019011522

 ↑グラス(コップ?)に注がれた赤ワインと小さなサラダがまずは出てまいりました。ほど無く・・・

2019011523
2019011524

 ↑おお!ついに、あこがれの“みーとちょーちゅ”がラーメンどんぶりのような皿に載って眼前に。お味の方は、濃厚なデミグラスソース&チーズガタめといった感じで酸味はありません。パスタは生麺であるところがウリなので、太くて柔らかい茹で上がりです。ワタシの好みは、イタリア人並みの“バリ硬のアルデンテ”なモノで、う~却って普通の乾麺の方が好みかも。ちなみにトッピングとして揚げナスを載せてもらっております。各所でのレビューでは絶賛している方々が多い店なので、ウマい(&それなりに独創的)のは確かです。また、見た目の濃厚さとはウラハラに、最後までモタれ感はありませんでしたので年配の女性客も多いのでしょうね。出来れば平日の昼間か夜の時間帯に来て、並ばずにサラっと食べるのが吉でありましょうけれど。

2019011525
2019011526
2019011527
2019011528
2019011529

 ↑食後のデザートには、“ミート屋”の斜向かいに在る“ともえ庵”というタイ焼き屋さんの“天然物”を食しました。皮はパリパリで、餡子はサラっと癖のない甘みを抑えた逸品。ハラにもモタれないので、コレがワタシには合っているナと思いました。なんか、タイさんの表情も可愛いですね。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« THE、共喰い(笑) | トップページ | アサガヤでブラブラ(その2:完結篇) »

コメント

最近出張で阿佐ヶ谷に行ってます。
お昼と重なった時、ミート屋にチャレンジしたいと思います。
混んでいたら、“ともえ庵”でたい焼きを。

↑おお、「Wさま」さん、なんという奇遇でしょう!
ミート屋、イッてみてください。特盛(マシマシ:笑)で。

おぉ、パールセンター商店街。
かつて叔父が陶器の店をやっていたのでよく行きました。

すっかり様変わりしちゃいましたね。

ミートソースうまそう。でもワタシもパスタは乾麺の方が好きです。

とりとめもなく雑多な休日の過ごし方、素敵です。
スパゲッティは、ナポリタンとミートソースが王道。
パスタ、なんて最近の言葉であって、子供の頃は、お洒落なジャンクフードの和食スパゲッティでありました。
全然、イタリア的では無いのですが、大衆的な美味しさでありました。
ソーセージとピーマンとケチャップのナポリタンが、懐かしス。

おおスパゲティミートソース、大好きですよ、うちの愚息、だけでなく自分も。小さい頃、ざるいっぱい茹でたスパゲティとドンブリのミートソースがテーブルの真ん中にでんと置かれ、各自好きな配分で好きなだけ食べられた、あれ懐かしいなあ。

それにしても、(ああまた余計なあれですが)特化した商売って、何でも流行るわけではないのではないような。。。ものすごくシステマティックに流れないクルマなんぞに特化してしまったお店とか、…好きだけど。。

たこ焼き(共喰い?)だけじゃなく、たい焼き好きですね(^。^)

話は変わりますが、パスタの「アルデンテ」っていうのは固く茹でただけじゃなくで、指でつまんだ際に上を向く程度のバリ固麺をパン(フライパン)でソースと和えて浸透させ、食感は意外にもっちりしているものと認識しています。

芯が一本残っているけど、噛めば噛むほどソースの味が染み出してくるのが至高です)^o^(

阿佐ヶ谷って、いつも通り過ぎるだけの駅でした(今もか)。最近は阿佐ヶ谷って聞くと、姉妹って思っちゃうのはお笑いの見過ぎか。。。このたこちゃんズのぶらぶら旅は、とうとう中央線各駅停車の旅になりそーだな。。。(勝手に期待)。。。

阿佐ヶ谷グルメ
いいですね。
近くなのに全然行ってません。
行かねば。

母方のお爺さん(私が生まれと時には既にお亡くなりになっておりましたが)が、そこの鰻屋によく行ってたとのことで母を連れて行った事が有ります。懐かしい様な小物とか売ってるお店とか有って、結構楽しめる商店街ですよね(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603599/67593147

この記事へのトラックバック一覧です: アサガヤでブラブラ(その1):

« THE、共喰い(笑) | トップページ | アサガヤでブラブラ(その2:完結篇) »