マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

他のアカウント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 高輪ゲートウェイ問題(笑)・・・ネーミングの極北 | トップページ | ポルシェ911カレラ4S・・・なんかイタ車っぽいネ! »

2018年12月 6日 (木)

師走の小江戸探訪(その3)

Photo_5

 今日は、久しぶりに一日中雨降りとなってしまいました。デスクワークしながら、年末の大掃除をして過ごすのも、タマにはいいでしょ。まぁ、自然の流れには逆らわずに生きるコトといたしましょうね。先日の川越探訪記の続きをお送りいたします。

2018120601
2018120602

 ↑メンチカツ・男爵コロッケ・ラーメン・串団子と散々食い散らかした(笑)挙句にまだ喰うか。だって、ウマそーなニホヒがしてたんだも~ん。「食べ歩き用です」って店頭ポップにも書いてあるし。

2018120603

 ↑帆布屋さんの店頭で、ステキなリュックサックのディスプレイを見つけましたが、一生モノを謳うだけあって、やはり価格も一生モノだったんで・・・清水の舞台からトビ降りるのをすんでのところで、やっぱガマン(泣)いたしました。

2018120604
20181206052018120606
2018120607

 ↑御覧のように、街は観光客で溢れ返っております。ドコのお店も長蛇の列ですが、特に目をひいたのが、お芋のチップスを売っているお店でした。そんなにウマいのかなぁ・・・サスガにハラいっぱいなので、並びませんでしたケドね。

2018120608
2018120609

 ↑そんなところに、蒲団屋さんの閉店セールというのに目がイキまして、「あ、この大名枕¥800、買お。」ちょうどアパートで寝ながらネットサーフィンやるのに使用していた枕がヘタっていたところだったので、コレは躊躇せずに仕入れました。

2018120610
2018120611

 ↑夕方が近づいてきて、ちょっと旧い街並から離れた、川越市庁舎の方面にイッてみました。

2018120612
2018120613
2018120614
2018120615
2018120616
2018120617

 ↑市庁舎のハス向かいあたりに在る「川越城中ノ門堀跡」に行きますと・・・まぁ、確かにお濠だわナといった感じの場所。観光地としてはう~ん、地味。途中でネコちゃんが花を添えてくれたので、どうにかネタに(泣笑)。歴史のベンキョーもなかなかタイヘンです。

2018120618

 ↑目指していた川越氷川神社さまの前にようやく辿り着きました。“総鎮守”だけあって立派。

2018120619
2018120620
2018120621

 ↑と、ソコに1966年式くらいのVWビートル(タイプ1)が現る!外装色もイイ味出てますねぇ。

2018120622

 ↑コチラも参拝客が大勢いらっしゃいました。まずは、列の最後尾について、時を待ちました。

2018120623
2018120624

 ↑で、参拝が済んだら、先日御紹介した“メデ鯛つりぼり(笑)”でおみくじ遊びに興じたワケです。

2018120625
2018120626
2018120627

 ↑続きましては、「ニンゲンの欲望(願望)渦巻く(笑)」“絵馬のトンネル”を潜ります。実はこの場所、夏になれば短冊に願い事を認めた風鈴がたくさんぶら下がっているらしいです。ソレは想像するだに風流な光景でしょうね。

2018120628_220181206302018120629

 ↑霊験あらたかな神社の“御神木”とあっては、いわゆるひとつのパワースポット。もはや“おすがり”するしかありません(笑泣)。「とにかく頼むからお願いしますよ(ナニを?:笑)」・・・こんなワタシの抽象的なお願い事を聞き入れてくださるかしら。

2018120631

 ↑すぐお隣には、ごくごく洋風な結婚式場の氷川会館があります。ココはロケーション抜群!

2018120632
2018120633

 ↑メデ鯛たちを抱えて記念撮影もしたので、きっと(あ、たぶん)これから運気が向上するかナ。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 高輪ゲートウェイ問題(笑)・・・ネーミングの極北 | トップページ | ポルシェ911カレラ4S・・・なんかイタ車っぽいネ! »

コメント

めで鯛を抱えての記念撮影、ベストショットですね。
御神木の御利益あらんことを

しかし、スタバはどこも人気ですね。
コンビニコーヒーで私は十分満足です。

旅行先で食事に悩むと思い切って市役所だの県庁だのの食堂に行ってみると意外と満足できることに気づきました。

しかし街中は活気がありますね。
食べ歩きが楽しそうです。
ビートルの写真。とっさの流し撮り、さすが。

小江戸旅行を満喫されておりますね。
大名枕、良いネーミングです。
この枕で寝そべってネットサーフィンしながら、「たこは苦しゅうない、良きにはからえ」と言っちゃってくださいませ。

ところで、町歩きは手に何も持たず、足にフィットした靴と、良いリュックサックがあると、長時間、快適です。
ちょっとしたものでも、手に何か持っていると、すぐに歩き疲れてしまうので。
私は町歩きする時は、モントレイルのトレイルシューズを履き、ミレーのリュックを背負っております。これが快適。

あーあー城跡とか、氷川神社ありました!レトロバスの中から一瞥しただけでしたが、中がこんなことになっているとは。
ちなみに、Yさまは爆睡してました!起こさなければ、時の鐘も通過!あのレトロスタバも通過!なんで、可哀想だから起こしてあげましたが。。。

追加。で、レトロボンネットバスがいいのは、人混みでごった返す商店街を大名の如く、観光客を押し退けて、進むところですが。途中から乗ると大体座れませんので、それはイマイチです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走の小江戸探訪(その3):

« 高輪ゲートウェイ問題(笑)・・・ネーミングの極北 | トップページ | ポルシェ911カレラ4S・・・なんかイタ車っぽいネ! »