マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 夏季連続休暇のお知らせとダメ男の集い最終点呼(笑)を、マセラティメラク2000GTの仮納車の儀を環境画像にしながら・・・ | トップページ | マセラティギブリⅡ 中期型、このチャンスに貴方のガレージへ。 »

2018年8月11日 (土)

マセラティクアトロポルテⅣ V8エヴォルツィオーネ セリエスペチアーレⅠ、降臨!

Photo_5

 当店が夏休みの期間中にジックリと御検討頂けますよう、3台のマセラティを御用意しました。

 ・・・当車は、その1台目。マセラティクアトロポルテⅣ V8エヴォルツィオーネ セリエスペチアーレⅠを御案内いたします。登場当時は、ラサール製金時計の復活やパンチングレザーシート&カラードブレーキキャリパーの装備など、派手な話題に事欠かないモデルでした。その圧倒的なオーラ感は今もなお健在です。

20180811101
20180811102
20180811103
20180811104
20180811105
20180811106
20180811107_2
20180811108

 ↑平成13年4月初度登録 マセラティクアトロポルテⅣ V8エヴォルツィオーネ セリエスペチアーレⅠ ディーラー車 4速オートマ

 ビアンコバードケージ/タン革 走行距離:70,400Km弱(実走) 車検:2年取得

 ボディ色は、ある種の温もりを感じさせる白、ビアンコバードケージ。光の加減や当て具合によって様々な表情を見せてくれる、美しくも気品ある色目です。ナンバープレートをハズした状態(一時抹消登録済)で写真を撮りますと、あたかもマセラティ本社工場からロールアウトしてきたばかりの雰囲気に見えると云ったら、いかにもホメ過ぎか(笑)。

20180811109
20180811110
20180811111
20180811112
20180811113
20180811114
20180811115
20180811116
20180811117
20180811118
20180811119
20180811120
20180811121
20180811122
20180811123

 ↑その華麗な内装をジックリ御堪能頂けましたでしょうか。現状ではウッドパネルの一部に経年による色アセが見られますが、皮革部・アルカンタラ部・カナリアイエローのカーペットなど、現状でも充分以上に美しいコンディションを保っております。

20180811124
20180811125
20180811126

 ↑3.2リッターV8ツインターボの真価は、ソレを発揮するまで徹底追求しなければ、存分には見えてこないものです。ソコはマセラティ専門店=マイクロ・デポの底力と根性に寄りかかってください(笑)。ワタシたちが汗と悔し涙を流した分だけ、日に日に素晴らしさを実感して頂ける、そんなユニットです。

2018081112720180811128
20180811129

 ↑以前のオーナー様の趣味に拠って、なにやら高そうなアンプユニットが装着されております。

20180811130
2018081113120180811132

 ↑ビアンコバードケージのガンディーニ・ルック=クアトロポルテⅣを、生成りの麻シャツを羽織るように小粋に乗りこなせたら、さぞかし伊達男も有段者といった趣きですね。貴方のガレージ=ワードローブにお加えください。

 総価格は、いつものように応相談です。御自身のガレージに思い描いていた通りのガンディーニ・ルック=クアトロポルテⅣをお納めするには、当方も一生懸命に無い知恵を絞ります。まずは現車を御覧になって頂きつつ、相互のコミュニケーション構築に尽力してまいる所存です。ビギナーの方からエキスパート様まで、どなた様にも真摯な御対応をさせて頂きますので、「敷居が高そう・・・」なんて躊躇せず、この機会こそ御検討くださいませ。

 実は、当店の公式ホームページに、ガンディーニのクアトロポルテについての駄文(笑)がございます。この機会に御興味を持たれた方は、そちらの方もぜひ御一読のほどお願い申し上げます。現在の日本国内にあまた在る“ネオクラシケ・イタリアン”の中でも、“入門篇にして究極”かも知れないのが、このガンディーニ先生のデザインしたオブジェ=マセラティクアトロポルテⅣなのです。お若い方々も、ここから旧車道に入られるとよろしいかと存じます。間違いなく自動車趣味の幅が広がり、その後の人生がすこぶる豊かなものとなりましょう。

 ところで当店は、8月12日(日)から8月21日(火)まで、夏季連続休暇を頂いております。当車に御興味を持たれた方は、まずは当店までメールを頂戴出来ましたら有難いです。休暇明けに、皆さんとお目に掛かれるのを心からお待ち申し上げております。

 お問い合わせは、当店のメールアドレス 3bros@microdepot.co.jp までヨロシクお願いします。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 夏季連続休暇のお知らせとダメ男の集い最終点呼(笑)を、マセラティメラク2000GTの仮納車の儀を環境画像にしながら・・・ | トップページ | マセラティギブリⅡ 中期型、このチャンスに貴方のガレージへ。 »

コメント

酷暑の夏、お盆突入前、一気にマイクロデポ至宝の3台お披露目!! 第一弾は、ビアンコバードゲージの貴婦人 マセラティクアトロポルテⅣ V8エヴォルツィオーネ セリエスペチアーレⅠ ではないですか。。。これも憧れの個体ですね!! 昨晩寝たのが遅かったのですが、夜中の1時にはアップされていましたね。。。

これは眩しい。
純白のクアトロポルテⅣ、素敵です。
タン革の内装とも相まって、とっても高貴です。
この内外装の組み合わせのクアトロポルテⅣは、なかなか無いですね。
いいなあ。

Smさんが身に纏うように乗車するとしたら、こんな色の組み合わせかなと思います。

そうです。
この素晴らしく美しい純白のクアトロポルテⅣに登場する際は、モチロン全裸で。
いやいや、醜い裸体をさらす前に、身体、鍛えておけオレ。

(*´ω`*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603599/67040068

この記事へのトラックバック一覧です: マセラティクアトロポルテⅣ V8エヴォルツィオーネ セリエスペチアーレⅠ、降臨!:

« 夏季連続休暇のお知らせとダメ男の集い最終点呼(笑)を、マセラティメラク2000GTの仮納車の儀を環境画像にしながら・・・ | トップページ | マセラティギブリⅡ 中期型、このチャンスに貴方のガレージへ。 »