マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

他のアカウント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 刹那を、積み重ねつつ、生きる。 | トップページ | 蛙田(笑) »

2018年7月28日 (土)

マセラティギブリⅡのダッシュボードを作り直す(その2)

Photo_5

 台風12号、あと少しで上陸か?と盛んに報道されているせいか、本日の土曜日は静かだなぁ。

2018072801
2018072802
2018072803
2018072804
2018072805
2018072806
2018072807
2018072808
2018072809
2018072810
2018072811
2018072812

 ↑コレは昨日金曜日に課せられたワタシのミッション。ギブリのダッシュボード再生作業の続き。・・・っても、ハズした脇役を先に再生。ダッシュボード左右のエアコン送風口裏側にあるダクトです。左右ドアウインドーのデフロスターにも送風いたします。こんな些細な小物パーツでもこれだけの工数を経て再生されます。

2018072813

 ↑ダッシュボードの運転席側の裏側にもサビ転換剤を塗布しておき、しっかりと化学反応を待つ。

2018072814

 ↑助手席側の方はスッカリ乾いている様子。いよいよ、主役のひとつアルカンタラトレー分解。

2018072815

 ↑オリジナルの状態では、御覧のようなロックワッシャーがガッチリとくっついております(泣)。

2018072816

 ↑ようやくロックワッシャーをハズしても、トレーはビクともいたしません。シーラーでガッチリ。

2018072817
2018072818
2018072819
2018072820

 ↑トレーの接着剤代わりにシリコンシーラーが三箇所にテンコ盛り!こりゃトレないワケだわ。

2018072821
2018072822
2018072823
2018072824

 ↑トレーをオモテに出して表面のアルカンタラをハガします。ウレタンフォームは完全風化中(笑)。

2018072825
2018072826
2018072827


2018072828
2018072829
2018072830

 ↑表面に生成された赤錆とこびりついたシーラーの除去作業一連。作業ボリュームたっぷり(泣笑)。

20180728312018072832
2018072833

 ↑7つ道具を6つ用意して(笑)、トレーの形状を修正する作業です。コレ結構大事なんですヨ。

2018072834
2018072835
2018072836

 ↑サビ転換剤をトレーのウラオモテに塗布し、乾燥後には、表面にウレタンフォームを貼ります。

2018072837
2018072838
2018072839

 ↑このウレタンフォームには貼り方のコツがあります。ソレがこの画像です。ヒント:端面がキモ。

2018072840
2018072841
2018072842

 ↑一応、ハガした方の生地も確認します。オモテは日焼けして色がヌケてしまっておりますね。

20180728432018072844
2018072845

 ↑現物合わせで新しい生地を切り出し、一気にトレー表面にはノリを打ち、貼ってしまいます。

2018072846

 ↑生地のりしろの折り返し加減には、色々とノウハウがあるので企業秘密(笑)。コレにて完成!

 それじゃー、また来週。怒涛の一週間だったケド・・・あう~大雨がぁ。皆さんもお気を付けて。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 刹那を、積み重ねつつ、生きる。 | トップページ | 蛙田(笑) »

コメント

>トレーの接着剤代わりにシリコンシーラーが三箇所にテンコ盛り!

っていうことは別の業者が浮きを補修したとかなんでしょうか…
それにしてもクルマ屋なのか家具屋なのかよくわからない状態になっていますね。
ビトゥルボ期マセラティが工業工芸品であるがせいなのでしょうが。

これは、納車整備ですか?それとも補修依頼での作業なのでしょうか?細かい所までの作業なので感服いたします。

この怒涛のような出たとこ勝負の連続、現物あわせの極み。
感服致しますと同時にたこちゃんの涙が見て取れます。

こちら鎌倉は台風は無事に何事もなく?通り過ぎました。まだまだ退っ引きならない状況ですが、西日本にお住いの皆様はくれぐれもお気をつけて、安全第一で。

↑御三方様、コメントを有難うございます!
このシーラーのてんこ盛りは、メーカー純正です(笑)。
ちなみに、ダッシュボード降ろしのオプション付き納車整備デスヨ。
練馬では夕方竜巻のような風雨でした。被害が拡がらない事を切に祈ります。皆さんもお気をつけて。

一つ一つの丁寧な作業、有難く嬉しい限りです。
アルカンタラとウレタンフォームの張替え、素人には真似できません。

こちら福岡は、今のところ至って快晴、一昨日日本最高気温を記録した街におりますが、夜になって徐々に風が強くなって参りました。。。月曜日始発のフライトですが、帰京できるのか???

ダッシュボード下ろしの納車整備。。。。やはり超絶デポ謹製は汗と涙(?)の結晶なんですね。

たこちゃんの日々匍匐前進には、感激と感謝の言葉しかありませんね。。

台風前の怒涛の一週間、乗り切りましたようでお疲れ様です。
ダッシュボードの再生作業も、地味ながらも大切な作業です。
隠れてしまう箇所をキレイ綺麗にする事で、内装が超絶オーラを放つのでは。
このこだわりの仕事を当たり前にこなすマイクロデポさんは、本当に素敵なお店です。

相変わらずのビトルボレストア作業は、あちこちにトラップが仕掛けられています。しかし、長年の経験と勘で、難なく乗り越えての納車前フルレストアで、デポ謹製マセラティは完成します。後少しで納車かな?!
台風の被害が少ないことを祈る次第です!

見えないところも仕事きっちり。
頭が下がります。

台風一過、連休を満喫してください。

ところで自宅PCからコメントしようとすると403エラーが出ちゃうんですが…

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マセラティギブリⅡのダッシュボードを作り直す(その2):

« 刹那を、積み重ねつつ、生きる。 | トップページ | 蛙田(笑) »