マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

他のアカウント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 走ってばっかしの一日 | トップページ | 白いワニ去りて・・・さてここはどこでしょう。 »

2018年7月19日 (木)

奇想天外!マセラティシャマル前期型のフューエルポンプ配置

Photo_5

 あ~、もう本日はぜんぶ出ました(ナニが?:笑)。とにかく飲んでは出しての無限ループだワ。

2018071901

 ↑そのような中で、只今、他所のピットを借りて絶賛作業中のマセラティシャマル(「市川のT」さん号)で、ネタをば一席。先日継続車検は無事に突破しましたものの、以前から「そろそろやっておきましょうね」だった懸案作業・・・

2018071902

 ↑まずね、サイドシルのスカッフプレートのリベットをハジいて、プレート裏にガッチリ貼られたシーラーやらブチルやらを樹脂ベラでホジホジしながらプレート自体に一切折り目を付けるコト無くハガすという、本職の鈑金屋さんでも逃げ出したくなるよな作業を強いられます。続いて、サイドシルに取り付けられているエアロスカートを丸ごとハズします。この項、ツルっと書いてますが、ホント困難な工作なんですヨ。

2018071903

 ↑酷暑の中、ナニが嬉しゅうて斯くのごとき作業をしているのかと問えば、コチラにおわすフューエルホース群を交換したいから。まだ滲んでも漏ってもいないのですが、目視で分かるレベルのクラックが表面に入っております。

2018071904

 ↑で、「こんなコトになってるんだよぉ~ん」の一番後ろ側から。左リアフェンダー前方下部デス。

2018071905

 ↑前に前にと進みます。こんなところにフューエルポンプやらストレーナーやらを仕込んである。

2018071906
2018071907

 ↑そしてこの、見事な配管(笑)の妙に刮目せよ。立ち上がった最前部はフロントフェンダーの中に入っていっちゃうんだモンなぁ。

2018071908
2018071909

 ↑今度は、前方から後ろへと。フューエルポンプやホース、そしてストレーナー交換するのに鈑金屋さん領域の作業が加わるクルマなんて、通常あり得ません。この設計、ホントに暫定措置だったんだろな。こんなアホなのは、シャマルの前半ロットモデルだけ。同時期(デ・トマソ期)のビトルボ系モデルでは、配管及びポンプ&ストレーナーはすべて床下配置となっております。シャマル後期型では、ギブリⅡ中期型以降やクアトロポルテⅣと同様のインタンクフューエルポンプとなりました。当たり前だけどな(笑)。

2018071910
2018071911

 ↑コチラの風景は、「特別付録(笑)」。本日も、デントフィニッシャーさんに来て頂き、炎天下でマセラティギブリ後期型(「千葉市のK」さん号)のボディ全体の細かい凹みや歪みを除去する作業を行いました。はい、暑いにキマってます(泣笑)。

2018071912

 ↑ワタシは泣いてばっかりですが、職人魂を発揮して頂きまして、エッジ上側にあった複数の凹みがキレイに無くなりました。この作業中に、ウインドーレギュレーターをハズすように要請がございまして、ワタシがドアウインドーもろともハズしました。デント作業フィニッシュが3:00頃。一番アスファルトの床暖房が香ばしさを増している時間帯でありました。「この熱、真冬に持ち越せたらいいのに(笑)」と苦笑するフィニッシャーさんでした。

 日が陰ってきたら、またココに行って、ドアウインドーとウインドーレギュレーター仮組しなきゃ。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 走ってばっかしの一日 | トップページ | 白いワニ去りて・・・さてここはどこでしょう。 »

コメント

マセラティシャマル(「市川のT」さん号)は、最初期型なんですね、そんなサイドスカートの下に燃料の経路があるなんてビックらです!!そして、この個体はヘッドライトの1個を塞いでいるんですね!
そして、デントフィニッシャーさんのマセラティギブリ後期型(「千葉市のK」さん号)納車のための『ヘッコミ一掃作業 in 練馬の極悪殺人炎天下!!』は、お疲れ様です!やはり、作業場所を覆うテントと太陽光発電式屋外強力扇風機が必要だと思います!!

あれ? ↑は、練馬のHのコメントでした!

あんなところにパイプが走っているとは・・・SLかっ!

ところで、やられました。夏風邪です。頭痛・体の節々の痛み・だるさ。

ミナサマどうかお気をつけ下さいマセ。

↑テツヲタさま、お大事に!八面六臂、東奔西走の過労働で、やられましたね!

フューエルホース群の交換、これはありがたい。
これで、市川のTさま安心して運転できます。
地道な努力、本日も健在。

テツヲタさま、夏風邪はどうにも苦しいと思います。
早く治ることを願ってます。

無限ループ千日手の一日、まことにお疲れ様です。
いつか、この輪廻から解脱し悟りを開く日が来るかも・・・あと10万年は無理か。
しっかし、シャマルに前期型があった事も勉強になりますが、このフュエルホース類の配置の設計は、まさに奇想天外。クレイジー。
そんな構造であっても、シャマルのデザインは美しいと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇想天外!マセラティシャマル前期型のフューエルポンプ配置:

« 走ってばっかしの一日 | トップページ | 白いワニ去りて・・・さてここはどこでしょう。 »