マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

他のアカウント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 奇想天外!マセラティシャマル前期型のフューエルポンプ配置 | トップページ | 土用の丑の日に“ひつまぶし” »

2018年7月20日 (金)

白いワニ去りて・・・さてここはどこでしょう。

Photo_5

 どうやら、ここのところ「おぐ」さんに襲い掛かっていた”白いワニ”さん方が退散したようでして・・・

2018072001

 ↑さてここはどこでしょう。今日も暑いですね。涼しいところに行くつもりが、まだ暑いです。おぐ

2018072002

 ↑さてここはどこでしょう。標高1470メートルだそうです。窓を開けていると、霧が入ってきまーす。おぐ

2018072003

 ↑正解はこちら 外気温28度とのことなので、ちゃんと走っても大丈夫でーす。おぐ

2018072004

 ↑漸く圏外から戻りました。さてここはどこでしょう。おぐ

2018072005

 ↑さてここはどこでしょう。もう一枚。おぐ

2018072006

 ↑さてここはどこでしょう。もうもう一枚。鶯が鳴いています。おぐ

2018072007

 ↑枝折峠とやら 山また山でございます。おぐ

 (ここから、たこちゃん談)・・・うう、なんかズルい(笑泣)。一陣の涼風を感じる風景ですね。

 で結局、「さてここはどこだったのでしょう」・・・ワタシにゃ、ちーとも分かりませんでした。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 奇想天外!マセラティシャマル前期型のフューエルポンプ配置 | トップページ | 土用の丑の日に“ひつまぶし” »

コメント

ああ…ギブリも凛々しい
(*´ω`*)

白岩2じゃない白いワニさんがいなくなったとの事で、お疲れ様でございました。夏の暑さも激しくなっております、皆さまご自愛下さい。(かく言う私は1ダウン…)

涼しげな高原でツーリング、いいですね。
私は熊本で、蒸し暑さのなかでとんでもない人間関係のトラブルで難儀しています。
嗚呼、現実逃避したい、、、

おぐさま、納涼で何よりでした!
すぐそばの只見線、福島県側まで行くといい写真が撮れます。

TERRAさま、ご自愛ください。

練馬のHさま、Wさま昨晩は有難うございました。

背中腰の痛みで昨晩寝られなかったため、整形のクリニックにかかったところ(もしかして坐骨神経痛??と思った)、「あ、筋肉疲労ね。薬出しとくね。」以上でした。

療法士さんに揉んでもらって漢方薬2日処方してもらっておしまい。アー情けない。

おぐさま、ギブリでツーリング、絶好調ですね。
TERRAさま、お体ご自愛ください。
テツヲタさま、幾分体調復活でしょうか。ご自愛ください。

みなさま、まいどどうも失礼しておりまして。
この度は無事、ギブリさんと共に帰って参ることができました。よかった。

続きはすみませんが、たぶんまた明日。

枝折峠なんて知りませんでした。冬季通行止め、峠前後が狭隘、なんだか凄い峠ですねー!ヲグさん、このスペシャルステージ(SS)を、当然ゴリゴリに攻めたんでしょう! ご無事でなにより!
以前、スーパー耐久に出ているレーサーの方の愛車(ナンバー付きです)の助手席に乗せてもらい、今はなき仙台ハイランドのサーキット場をゴリゴリに攻めてもらいましたが、凄かったです。その愛車は、Z34でしたが、当然足回り、ロールバー、 エンジン、ミッションすべて手を入れている個体で、夜な夜な峠を練習?趣味?のため攻めていると聞きました⁈ ヲグさんも、白いワニから逃れて、ストレス発散でゴリゴリに攻めているんかな!?!枝折峠は行ってみたいですねー。

乗ってやるのがクルマへの愛情。
ギブリさんは幸せそうです。
それにひきかえ、ワタシのビトルボは放置状態(悲)
おぐさん駆るギブリさん、白いワニの追撃をふりきれるか。

おぐさんは、枝折峠には、那須、鬼怒川温泉から、沼田街道、奥只見湖、枝折峠、魚沼と抜けていくのでしょうか?それとも関越で魚沼に行き、そこから枝折峠に向い、そこから引き返しているのでしょうか?それにしても楽しそうなルートですね。。。

さて皆様、遅まきながらコメントどうもありがとうございます。

今は憧れさん、ギブリさん、いいですよ。我が車ながら眺める度惚れ惚れしております。優れた造形だな、と思います。

TERRAさん、その後体調は如何でしょうか。あまり真面目にコンを詰めすぎると、暑さにやられてしまいそうです。恢復をお祈りしています。

イオタTさん、熊本の蒸し暑さは練馬区旭町とはまた違った凄みがありそうです。阿蘇から久住高原あたり、クアトロポルテで流したら気持ち良さそうですが。(その先は御大のいらっしゃる大分ですが。)

テツヲタさま、小出からいくと只見までは復旧したのですよね。自分は三年くらい前の早春に六十里越を駈け上がり(此処のヒルクライムが楽しいのですよねえ)会津に抜けたことがありますが、鉄橋の残骸などが手つかずであり、息が詰まる思いでした。
宮脇俊三が只見線開通の日の様子を描いた文章が思い出されます。

Wさま、絶好調です。こういう日のためにギブリさんはいるといっても過言ではないと。。。

練馬のHさん、もうですね、ゴリゴリなんてなかなか。昼間のことで対向車もありますし。でも車を走らせることに神経を張りつめさせて、車を全部感じ取りながら走る、というのは楽しいことですよね。

Smさん、ビトルボは今何処。今度一緒に林道行きましょう。

おぐさん
熊本には業務車両(といっても普通の軽自動車)でしかいっておらず
阿蘇方面とか走っていて、それなりの車で行けば楽しめられそうな道には出会っています。いつかクアトロポルテを駆って堪能したいものです。
なお、熊本の暑さは関東に負けず劣らず尋常じゃなかったです(空港からのバスを降りたらサウナか?と思ったほどです)。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白いワニ去りて・・・さてここはどこでしょう。:

« 奇想天外!マセラティシャマル前期型のフューエルポンプ配置 | トップページ | 土用の丑の日に“ひつまぶし” »