マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

他のアカウント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 猛暑に、カレーうどんを | トップページ | 走ってばっかしの一日 »

2018年7月17日 (火)

ヒーターケース=ドグちゃん

Photo_5

 あ~、背筋も凍るくらいに暑い日々(泣笑)が続いております。皆さん、くれぐれも御自愛ください。

2018071701

 ↑ドコとなく、その風貌(笑)が遺跡から出てくる土偶風味なので、「ドグちゃん」と呼んで久しい、ビトルボ系マセラティに搭載されているヒーターケース。この個体はマセラティギブリ後期型(「千葉市のK」さん号)から先週降ろしたモノです。隅々まで洗浄&清掃した上で、各部のウレタンフォームを新品に貼り直してあります。アタマに載せた冠の後ろは、デフロスターへの送風口。四角い目に見える穴はダッシュボード中央にある2つの送風口。前方にちょこんと突き出した脚に見える部分はセンターコンソール後端に配された後席住人への送風口。“目”の真横にある“耳”っぽく見える部分がダッシュボード左右送風口に風を送るダクトの接続口。その直下にダランと垂らした左右の“腕”は手動による開閉蓋付の足元への送風口です。


2018071702

 ↑背中側から見たドグちゃんです。中央に配された大きなダイヤフラムはデフロスターに行く風とその他の経路に行く風を振り分けるフラップを空圧で駆動させるためのもの。左右にも小型のダイヤフラムがあって、コチラはダッシュボード左右送風&足元送風を司るフラップを動かします。さらに金色に見える部分が、リア送風口への風を送ったり止めたりするフラップなのですが、コレにも小さなダイアフラムがそれぞれに装着されています。ちなみに、右側にある白く光った四角い物体と、ソコからビヨヨ~ンとグニャつきながら伸びる針金状の部分はサーミスタです。

2018071703
2018071704

 ↑ブロアーモーターユニットのシロッコファン部分と、ヒーターコア&エバポレーターAssyの上蓋になる部分のウラオモテです。

2018071705
2018071706

 ↑同じく、その下側となるメインケース部分です。洗濯機の排水ホース状のモノが、ケース内で生まれた水分を車外に排出するための唯一の経路となるドレーンホース。配管とともに側面に3つ配されているのが、空圧を制御(ON&OFF)するエアバルブです。四角く仕切られた部分には、ヒーターコア&エバポレーターがピッタリと収まります。

2018071707
2018071708

 ↑なんだか、うじゃらけてますが(笑)。この部分は、外気導入口でフロントバルクヘッド下部に顔を覗かせます。少しわかりにくいですが、中央に大型のダイヤフラムが配され、空圧に拠って動くフラップで外気導入口を開いたり(外気導入)閉じたり(内気循環)いたします。下の方の写真中央にある金色のステーにフラップを取り付けて、ステーが出たり引っ込んだりするコトに拠って、フラップを開閉するワケです。

 あ、やっぱり各ハーネスも気になりますよね。上の方の写真で説明すれば、一番上にある四角い物体はブロアーモーターのスピードを三段階に分けるためのブロアーレジスター。その下の白いカプラーは電動ヒーターバルブに繋ぐモノ。ケース左側の1P×2はサーミスタスイッチへ。下方左側の色とりどりのコードが付いた黒いカプラーがエアコンコントロールユニット(エアコンスイッチの基盤デス)後部に締結するモノ。その右隣の白いコネクタは室内に配されたメイン電源に繋がるモノです。さらに下の写真では、中央段左側の白い2Pカプラーがブロアーモーター駆動電源で、その右隣のグレー2Pは、外気導入口周辺の温度センサーのカプラーです。

 こうして見てみますと、これぞメカトロニクス!といった感じで、アナログとデジタルの融合デスね。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 猛暑に、カレーうどんを | トップページ | 走ってばっかしの一日 »

コメント

全て解説できるたこちゃん、さすがでございます。
一つ一つ理解しないと、修繕できませんからね。

それにしても、きれいなヒーターケース。
ここまできれいにするのは大変だったと思います。
きめ細かな丁寧な作業、頭が下がります。

取り寄せた新品アッシーといわれたら言い過ぎかとも思いますが、デッドストックの新品です、くらいなら信じられそうなきれいな一品でございますねえ。
下ろした時にはあれこれそれなりにいやはやだったのだと推測いたしますが、ええ、ええ。
白いワニはようよう去って行ってくれましたが、白いドグちゃんが背後にじっと佇んでいられたら嫌でしょうねえ。いやいや。

しかしまあ食いつきにくい。

一瞬、ドグミッションかと思いました...プラっぽさ満点なのに。

ドグちゃんの解説、お疲れ様です。

納車前に、このドグちゃんもリフレッシュしてくれるのだから、嬉しいです!暑い夏も乗り切れそうですが、今年ほど暑いと流石に無理して、ビトルボに乗らない方が賢明ですな。
ヒーターケースとその機構解説は、完全理解は無理ですね、しろ〜とには(たこちゃんゴメンなさい)!たこちゃんネルに動画アップされればと思いつつも、この極悪猛暑ではそんな余裕もないでしょう!猛暑記録更新は今週で終わりにして頂きたい!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒーターケース=ドグちゃん:

« 猛暑に、カレーうどんを | トップページ | 走ってばっかしの一日 »