マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

他のアカウント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 蛙田(笑) | トップページ | 千葉の小花火大会、練馬の大花火大会 »

2018年7月30日 (月)

マセラティギブリⅡのダッシュボードを作り直す(その3)

Photo_5

 一昨日の土曜日は、台風襲来のために納車予定が全部スッ飛び(泣)まして、大雨や大風に備えてシャッターを閉めたまま、デポの2階でダッシュボード再生作業の続きでした。ソレにしても、例によって匍匐の歩み。遅々として進まんなぁ・・・。

2018073001

 ↑トレー鉄板の裏側もアレだけ錆びておりましたので、ソレを受ける部分に付着したヨゴレ除去。

2018073002
2018073003

 ↑ダッシュボード表面皮革も、洗剤を泡立てつつチマチマと・・・ホラ、結構ヨゴレてるモンでしょ。

2018073004
2018073005
2018073006
2018073007
2018073008
2018073009
2018073010
2018073011
2018073012
2018073013

 ↑コレだけの手間を掛ければ、除去不可能と思われる接着剤類も落とせないコトは無いの例。

2018073014

 ↑ああ、ハヤくトレーを載せてみたい。ケドまだ下準備が必要です。周囲がフヨフヨしております。

2018073015

 ↑経年で接着剤が効いて無い状態となっております。せっかくキレイにしたケド、接着剤噴射!

2018073016

 ↑土台と皮革裏側の両接着面に接着剤を噴射塗布して、暫しの間は半乾きになるのを待つ。

2018073017

 ↑作業は、一辺ずつ行います。噴射された接着剤は、あらぬ方向に飛んで付着したりジュルジュルと垂れたりいたしますので、ソレらを瞬間的にシリコンオフで除去しつつ、皮革にテンションを掛けながら貼り付けていくのは、腕が何本も欲しい作業です。ちなみに、上の画像で、向かって左側デフロスター吹き出し口の左端に茶色いシミが見えてますね。コレは新車製造時にはみ出した接着剤をキレイに除去出来ていなかった部分です。

2018073018
2018073019

 ↑金曜日に作り直し、土曜日に当ブログで御案内した新装トレーは、すべてが完全に乾燥しているものと信じて、元の位置に取り付けられようとしております。折角キレイに貼り直した部材をヨゴすことなく、こねくり回しつつ喰い込ませるような取付方法を実行しなければならないので、いっけん、“どう考えてみてもムダ”に思えるトレー裏側やダッシュボード裏側までの錆落とし&転換が、実は必要であったのです。こうした作業中に手にサビが付着しておりますと「あぎゃぎゃァー!!」って叫びたくなりますからね(実話:笑)。

2018073020

 ↑こうして仮合わせをいたしますと、トレー鉄板が反って浮き上がります。これくらいに寸法が合ってないのです。ようやく入れたトレーを、一旦ハズして、トレーの裏側にシリコンシーラーをダンゴにしたモノを突っ込みますが、ソコの画像はサスガに撮れませんでした(ホント、手が何本も要るのヨ:泣笑)。そして本組立デス。

2018073021

 ↑オートグリム製品のデモンストレーションぢゃないヨ(笑)。トレー裏側とダッシュボード本体の間に入れたシリコンシーラーが完全硬化するまでの間、こうして“重し”をなんとなくヤンワリと載せておきます。土曜の夕方から足掛け4日実質2日半、ジックリと時間を掛けてシーラーが密着するのを待ちましょう。明日の火曜日もこの続きを頑張らなくっちゃ。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 蛙田(笑) | トップページ | 千葉の小花火大会、練馬の大花火大会 »

コメント

匍匐の歩み、しかも暑い中、本当にお疲れ様です!
段々とたこちゃんが、「宮大工」さんの様に思えて来ました!(苦笑)

ひとつひとつ細かい作業と、事前の用心
恐れ入ります。
自分なんかはクルマいじりで散々情報を集めまくって脳内シミュレーションを重ねても
実戦では敢無く撃沈ということが多々あります。

それにしても魔施良艇(悪魔が施工したる魅力的な艇の如きクルマ)ですね。
ここまで手を掛けて維持したくなるクルマはそうそうないでしょう。

(おぐさんの当て字に倣って…)

汚れの落ちていくさまが、洗剤のCMを髣髴させますね。

新車製造のオケツまで拭かなければならない・・・

足が8本でも足りないわけだ。

↑おぉ!ちゃんとアップできました。

↑と思ったらパスワード入れさせられました

タン色なので、汚れには気を使いますね。
サビのこすれが付着した日には、目も当てられません。
ザビ落とし、大事です。

接着剤やらが付着した皮革も、心を込めて丁寧に拭いてあげればこんなに綺麗になるのですね。
でも、とにかく匍匐前進な作業です。
マイクロデポのリピーターが多い理由は、この忍耐の作業があってこそ。

マセラティをここまでリペア、レストア、リフレッシュして納車されるとオーナーさんも嬉しいし、大事に扱いますよね。ここまでやるから、匍匐前進作業ですが、デポ謹製に仕上がる訳です!台風過ぎて、8月は涼しくなるかなと思いきや、またまだ暑い日が続きます!やはり朝夕の自転車通勤が厳しいです。。。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マセラティギブリⅡのダッシュボードを作り直す(その3):

« 蛙田(笑) | トップページ | 千葉の小花火大会、練馬の大花火大会 »