マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 初めての道東周遊(その6) | トップページ | 初めての道東周遊(その7:完結篇) »

2018年5月16日 (水)

マセラティシャマル、ミラクル入荷!

Photo_5

 出た!マセラティシャマル 平成4年初年度登録 ロッソマセラティ/黒革 

 総走行距離:63500Km弱 車検満了日:平成31年11月 ガレージ伊太利屋物 

 当店にてメインヒューズボックス根源対策他、内装全分解レストアを6年前に施した個体。

2018051601
2018051602
2018051603
2018051604
2018051605
2018051606

 ↑初夏の陽光に照らされた、素晴らしい造形美にウットリ。4本出しマフラーはワンオフ物です。

2018051607
2018051608
2018051609
2018051610
2018051611
2018051612
2018051613
2018051614
2018051615

 ↑6年前のレストアで、いまだ走行距離と経過年数を感じさせない内装には、マセラティ純正ウッドのパネル・ステアリング・パーキングブレーキグリップが装着されています。オリジナル純正品の皮革ステアリングと皮革パーキングブレーキグリップも、キチンとした状態のままで揃っております。

2018051616
2018051617
2018051618

 ↑原則的な軽い整備を施すのみで、そのままお楽しみ頂ける個体です。イベント展示歴も多数。

2018051619
2018051620

 ↑国内はもとより、国際的にみてもここ数年は大暴騰しているシャマル。本当にシャマルを希求してやまない方の手に渡りにくくなっておりました。価格は応談ですけれど、極めてリーズナブルな設定とします。真面目な方のみ、スグ手を挙げてください。今回も、投機目的の方には御遠慮頂きますヨ。

 このシャマルの内装レストアの様子は、当ブログのバックナンバーで見るコトが出来ます。

本日は、イタリア人も日本人も、どっちもしょうがない(笑)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-b635.html

ドアの中はラビリンス(マセラティシャマルの場合)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-1259.html

ドアの中には秘密がいっぱい(マセラティシャマル:ドアの中、完全動作への道)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-8f06.html

アホがまた、ダッシュボードを降ろす①(マセラティシャマルの場合)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-3afa.html

アホがまた、ダッシュボードを降ろす②(マセラティシャマルの場合)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-3901.html

アホがまた、ダッシュボードを降ろす③(マセラティシャマルの場合)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-410e.html

アホ達がまた、ヒーターケースを掃除したり、右往左往したり(マセラティシャマルとギブリカップの場合)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-516b.html

ヒーターケースはこんな感じに(マセラティシャマル&222SRの場合)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-2413.html

今日も、シャマル漬け(笑)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-be40.html

そしてまた、シャマル漬け(笑泣)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-fc79.html

マセラティシャマルの内装を組み立てる
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-ccf1.html

小さきモノにも”たましひ”が(デ・トマソ期マセラティ用パワーミラースイッチ分解講座)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-64f1.html

マセラティシャマルのドア内張りを、さらにシツコク造り込む
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-c7a2.html

マセラティシャマルのシートを造り込む
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-d3a9.html

マセラティシャマルのワイパーユニットを造り込む
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-c1f9.html

マセラティシャマルのリア周り内装と戯れる(その1)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-1df3.html

マセラティシャマルのリア周り内装と戯れる(その2)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-9c26.html

マセラティシャマルのリア周り内装と戯れる(その3)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-dfe7-1.html

マセラティシャマルのドア内張りを造りなおす(補追版:その1)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-0474.html

マセラティシャマルのドア内張りを造りなおす(補追版:その2)
http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-b450.html

 ・・・画像では表現できない内装の触り心地(質感)が違います。他所のと御見比べくださいね。

2018051621
2018051622

 ↑(付録)継続車検を済ませて帰ったマセラティ222 4v(「愛知のH」さん号)とのツーショット。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 初めての道東周遊(その6) | トップページ | 初めての道東周遊(その7:完結篇) »

コメント

お?おおおおお?
まじすか。いや待て待て待て。

はふう。

シャマル格好良いですね。あ〜欲しいなぁ。
でも納車待ちのクアトロポルテはどうなるのだろうか。

シャマルの精悍なフォルムにシビレます。
ああ、素敵です。
222 4vも素敵です。
ああ、楽しい。マイクロデポさんは素敵なお店です。

本当に欲しい方に良いご縁がありますことを。

えっ?これって、それって、まさかあの方の?。

いいえ、あの方の愛しい人ではないでせう。

クアトロポルテと出会う前ならば…
(いやいや私はクワトロポルテ一筋です。

というか良心的デポ価格といっても
いまや市場価格がもはや世界遺産的扱いでしょうから予算的に難しいでしょうね。

お金持ちで旧車マセラティ道に深い理解がある御仁の許に収まることを願っております。

222.4Vと同世代で意匠的に親和性が高いですね。
素人がみても兄妹車と分かるでしょう。

本来求めていた個体です。
スパイダーザガートに95年式クアトロポルテをつけて物々交換ではどうですか?

あ、間違い2005年式でしたア。
それでも13年経ってんだなー、フェラーリ傘下のデュオセレクトでデトマソ期のマセラティに通じる痛快感&危険性はマセラティスタ垂涎の逸品と自負しております。

とても綺麗な個体。
大事にされてきたことがよく分かります。
良い方に巡り合うことを願っています。

えっ?あれって、これって、まさかその方の?。

はい、その方の愛しい人でせう。

うおっ!あわっ、あわあわわわわわわっ!
シャマルの売買なんて都市伝説の中のハナシだけだと思ってた。。。
す、すごひ…。

あわわわわ…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603599/66725541

この記事へのトラックバック一覧です: マセラティシャマル、ミラクル入荷!:

« 初めての道東周遊(その6) | トップページ | 初めての道東周遊(その7:完結篇) »