マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

他のアカウント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 試運転、してきた。 | トップページ | も、ホルモン行こ、ホルモン・・・3月例会 »

2018年3月12日 (月)

黙祷・・・

Photo_5

 昨日は、午後から地下鉄に乗って新宿へと向かったんですが、駅の電光掲示板に「14時46分から一斉に防災訓練を行います 皆様の御理解をと御協力をお願いいたします」と出ていたのを見て、「ああ、また一年巡ってきたのか・・・」と思った次第でした。約束の13時の10分前に待ち合わせ場所に到着。しばらくすると、小さなスーツケースを曳いた彼は、いつもの通りに元気な姿を見せました。

2018031201

 会食中に、アナウンスがあって、「このあと、午後2時46分より全館で黙祷いたします」と。隣のテーブルの連中は我関せずの体でペチャクチャしゃべり続けておりましたが、それまでの100分間に続けてきた浮世の話をしばし中断し、我々は“その時間”を目を瞑って過ごしました。まだまだ、記憶の淵から完全に風化するには時間が掛かりそうです。関西淡路大震災の時に医療ボランティアに行ったという先生の、凄絶な現場での御体験も伺いました。大地震も、津波も、噴火も、河川の氾濫も、どれをとっても二度とあってはならないような災害ですが、天災ばかりは、我々の想像や予想を遥かに上回るものである事が多いですし、何時遭遇するのかも、まったく分かりません。こういった機会にこそ、「安全は“あたりまえ”ではない」事に、あらためて想いを巡らせようと、深く長く黙考いたしました。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 試運転、してきた。 | トップページ | も、ホルモン行こ、ホルモン・・・3月例会 »

コメント

2011年3月11日は金曜日でしたね。その週の水曜日に「年に1度の行事」が終わり、ほっとした2日後のことでした。今年の3月11日は日曜日で、その「年に1度の行事」の用意で、仕事場に来ていて、没頭していたら14時46分を忘れていました。
3.11以降、色々考えさせられることが多くなりました。まだ地震、津波、原発事故からの復興は終わっていませんし、続いていますから。

りゅたろうさま、東京にお忍びでいらしていたんですね。

隣のテーブルがペチャクチャしゃべり続けている中の黙祷、なんかホッといたしました。
これぞ正しい姿かと。
少なくとも、しゃべり続けている方にはなりたくないです。

↑御両人様、いつもコメント有難うございます。
・・・先ほど先生から御電話を頂きましたが、さらに御親友の事で傷心なんでス(もらい泣)。
「安全は“あたりまえ”ではない」のみならず「健康も“あたりまえ”ではない」のですね。
「人生それ自体も“あたりまえ”ではない」と思うので、日々を精一杯生きるのを続けます。

日曜日の午前は久々にビトルボを始動。
午後、部屋の片付けをするつもりが、はかどらず。
明るいうちから飲んでTV観てたら、震災から7年経過の黙祷が始まりまして、30秒だけ黙祷した次第。

仙台市で被災しながら、仕事で苦情の嵐を背負った嫌な思い出なので、現実逃避しておりました。
一方で、仙台は赴任したばかりの異国の地だったので、知り合いで亡くなった人はいません。
こちらが出身の御方は、大抵、知り合いがお亡くなりになられておりましたので、その心労は察するに余りあります。
ところが、人間てヤツは時々果てしなく鈍感なもので、震災後に仙台に赴任してきたオヤジさんが「津波で家が流される光景を観て、ボクはこんな所に赴任するんだと思って暗い気持ちになったんです」
で、その後、そのオヤジさんは元の部署への配属が決まり、送別会の時に「ボクは辛かったんだよ~」と、内勤の派遣社員の女性に抱きついて子供のようにボロボロと泣いていたのを見て、その鈍感さにもう笑けてきましたっけ。
「おいこら。そんなの辛い内に入らないだろ(笑)」

他方で、私の知り合いの何人かは、休暇にボランティアで被災地を訪れ、瓦礫の撤去やら、浸水した家の清掃やらを行っておりまして、被災地の復興なぞ何もやる気力の起きなかったワタクシとしては、彼らを尊敬申し上げる次第。

現実逃避のこのブログにて、暗鬱な超現実コメント、すまぬ。

9日より11日まで東京におりました。
主に大学の同門会総会出席のためです。
でも、食べまくった3日間でした。
金曜日の夜に東京に着き、いきなり南赤坂の復活した「カナユニ」にてタルタルステーキを食べまくりました。
当初4人だったのが、友人の脚本家さんも合流し、実に楽しい夜でした。
私にしては珍しく(お酒あまり飲めないんです)ワインを飲んで、ちょっとほろ酔いでしだぁ~
請求書見て酔いが醒めかかったのですが、見なかったことにしてしまいました。

翌日は、同級生が旧知の湯河原のフレンチ「エルルカン」に誘ってくれて、真っ昼間からフルコース、それもメインのお魚とお肉をお代わり、パンはバケット1本は食べました。
最後はやけくそみたいなステーキが出て、まあまあお腹が膨らみました。
でも、これって後から効くんですね。
夜はあまり食べられない状態になってしまいました。
請求書見てびっくり
ほぼ12年ぶりにお会いしたせいか、シェフの伊東さんが優しくて、甘やかしてくれて、信じられないほどお安い額でした。
伊東さん、感謝です
恵比寿にお店があったころよく行ったんです、コロコロ女の子とっかえて。
とてもおいしい食事はみんなを幸せにして、身体も心もゆる~くしてくれますから…

夜は同窓会があり、夜中の3時くらいまで飲んだり食べたり…
みんな還暦位なのに元気だぜ
翌日は朝からちゃんと同門会総会に出席しました。
ワタシャ事務局長なんです。
議題はいくつかありましたが、個人的に一番興味深かったのが、同門会員が急に亡くなった時にそれをどう会員に知らせるか、という議題でした。
昨年、今年と急に亡くなる同窓生も出て、とても悲しい思いをしてきました。
例えば、スキルス胃癌(非常に悪い型です)など、何の症状もなく、たまたま受けた内視鏡検査で見つかり、いきなり余命2週間などと言われてしまう。
実際は1か月くらい持ちましたが、彼など検査後とうとう家に帰れないままでした。
で、それをたまたまLineのなかよし会に入っていたから知ることが出来たのですが、今日現在登録人数35人、無論、大学からのお知らせはなかったです。
この歳になると、同門会、同窓会は「生存確認」の場となっています。
大杉漣さんのように突然何かが襲い、そのままという事は非常に現実感を伴って迫ってきます。
まあ、僕なんかが「皆さん、健康には気をつけましょう」などと言っても全然説得力がありませんので、せいぜい頑張って生き抜いていきましょうとだけ言っておきます。

11日、日曜日は、このブログのごとくたこポンとお会いし、お互いの生存確認をいたしました。
会った瞬間、たこポンに背後に「ドM変態男」とのさんざめくネオンサインが輝いていたのにはびっくりいたしました。
とうとうここまで来たか、グルの地位に到達したんだね、と思わず手を合わせてしまいました。
本人はしきりに否定していましたが、たこポンのお抱えになっている「変態集団(ドM)」
(デント屋さんやヘッドライトカバー再生士などの皆様)もひとしく認めていらっしゃいますし、本人が後で嬉しそうに見せた写真がそれを物語っておりました。
…たこポンはどうしても後ろのフェンダーの裏を磨きたかったそうです。
で、そこについている、オイル除けのビラビラもきれいにしたかったそうです。
で、どうしたかというと、要するにそこを拭くためにガンマだかデルタだかのの後部を全部バラして、フェンダーを取り出して、それを逐一写真に何枚も撮ってるんですね。
で、嬉しそうに話をするんですよ、これが。
もしかして、ヨダレもちょっと垂れていたかもしれません。
これって、変態でしょ??
で、ドMでしょ???
この工程は、いずれたこポン”ザ・グル”がブログにて明らかにしてくださるでせう。

食べに行ったのは新宿「串の坊」。
私が高校生の頃からお世話になっているところです。
美味しかった…
スっトップをかけるまで揚げたての串が次々に出てくるんです。
いっぱい食べました、とだけ言っておきましょう。
大変楽しい2時間くらいを過ごしました。
グル、ありがとう

そんな楽しい3日間だったのに、疲れてベットに入ってメールをチェックしたら、高校時代からの大親友に病気が見つかったと…
とても悲しいです。
実のところ、少し泣きました。
「戦え何を人生を」などという言葉さえ虚しい。
頑張って生き抜いていく、事しか出来ません。
みんなも頑張って生き抜いていきましょう。
たこポン、みんな、死ぬなよ本当に。
悲しいから。

↑りゅたろうさんのコメント欄が早くも自己炎上で、ブログ本体より長文!!
昨今、歳も取ってくると色々あります、亡くなる方も、怪我する方も、病気になる方も、そういう自分だって、病気の塊みたいなものです。せいぜいなんとか生きながらえるしかないでしょう!今を。

いろいろ異論はおありでしょうが、りゅたろう先生の書き込みのないたこちゃんさんのブログなんて、クリープを入れないコーヒーのようなものだ。って、ふつうにクリープなんか入れんな。
味のしないコーヒーのようなものだ。ってちょっと言い過ぎですね。薫りのたたないコーヒーでも言い過ぎなような。
サーバからじかに飲むコーヒーのようなものだ。いやそれもおかしい。
色が茶色くないコーヒーのようなもの、あたりか。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黙祷・・・:

« 試運転、してきた。 | トップページ | も、ホルモン行こ、ホルモン・・・3月例会 »