マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

他のアカウント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の27件の記事

2018年3月31日 (土)

サクラとガンマ

Photo_5

 確か、昨年の今頃は、木金に満開の見ごろピークが来て、すぐに雨風あって、日曜日には葉っぱになり掛けちゃってたんだよなぁ~と云う、「ひとシーズン喪失した!」なんて気持ちが強くあるのか、今年の「長持ちな満開モード」が、より一層ヤケにウレシク感じられますね。開花時期もハヤいよなぁ。

 そう思って、昨年の今頃の当ブログ記事をチェックしてみたら、3月中には“サクラねた”がまったく出て無いんですね。4月3日(月)4月5日(水)4月8日(土)にサクラ関係のハナシが出てまいりますが、コレを以ってしても、いかに今年の開花が早かったかが、今更ながら伺えるモノであります。

2018033101

 ↑・・・で、3月31日の本日は土曜日。朝一番にデポに行き、メールチェックと御返事書きを行いまして、「ちょっと、ヒトっぱしりイッてくるか(とは云っても、ホンの二周ダケだけど:笑)」と、光が丘公園外周路に植わった「明るい時間帯のサクラ」を見に行きました。到着、「・・・まだまだイケてるナ」。

2018033102

 ↑土曜日とはいえ早朝ですからね、クルマの数も少なくて、ちょっと絵になる写真とはなりました。

2018033103

 ↑でも、このあたりは一番に咲いていた日当たりの良い場所なので、ちょっと葉っぱ化してます。

2018033104

 ↑その清掃工場前の“サクラトンネル”を抜けたあたりに、光が丘公園の駐車場入り口があるんですが、開門前なので、入場しようとするクルマたちが既にズラぁ~っと並んでました。わざわざUターンして撮影したのがこのカット。

2018033105

 ↑このスズキRG250γが来てから、通算三回目の給油。覚悟はしていたものの、燃費が超ワルです(泣)。リッター当たり45.3(50Km/hでの定速走行時)とかメーカー純正サービスガイドには“ハイパー理想的数値(と、云う名のロッソ嘘:笑)”が書いてあるんですが、今まで入れたのが、17L+7Lで、200Kmですからねぇ。計算すると「8.3333333・・・(笑)」ま、キャブのオーバーフロー問題を当初は抱えていたんで、少しはモレてましたけどね。朝晩乗りながら、少しずつベストのキャブ調を得ようと努力しているんですが、スロットルのパーシャル開度時挙動がもう少しスッキリしないモノかと思案中デス。今日は7700rpmまで回してみました。6500rpm~8500rpmにしかパワーバンドが無いピーキーな2サイクルエンジンって、とってもアホっぽいケド、面白いデス。

 それじゃー、また来週。明日は鍼打ちにイッてきます(もうワタシ、結構ボロボロよ:泣笑)。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月30日 (金)

しつこく夜桜見物&房総のサクラ

Photo_5

 あう~、早朝から一日中、オモテで塗装&磨き&塗装&磨き&塗装&磨き・・・体ホゲホゲ(泣)。

2018033001

 昨夜、たこヨメも「夜桜見たい」と光が丘公園へ。「オレ専用ザク・ラ」前は占拠されてましたが・・・

2018033002
2018033003

 ↑別のテーブルセットを確保!しかも、町内会の方らしき人々が、枝ぶりの優れた桜を煌々とライトアップして宴会中。先日、一人で来た時には真っ暗だった広場の中に明かりが灯れば、ソレはもう夜桜バッチリ見えて美しいばかり。本日は強風でしたので、そろそろチャンスも無くなっちゃうかな(泣)。先日、「八王子のK」さんから頂戴した超絶めんたいこでパスタを作って持って行きましたが、これが激辛なれどウマかった。発泡酒の肴に最高でした(「八王子のK」さん、有難うございました!)。

2018033004
2018033005

 ↑一方コチラは、ワタシの大好きな暴走・・・ぢゃなかった房総の春爛漫。「テツヲタ」さんの学生時代の鉄道研究会仲間である“スバリスト”さん(ホルモン月例会にも一度お越しになった方)が、小湊鉄道の月崎駅(しょっちゅうこのブログに登場してますね)で撮影された写真だそうです。沿線の菜の花と桜が同時に見られて、美しい風景ですね。あー、千葉の家に帰りたい(今夜はたこヨメだけ帰っちゃっているので、これからホルモン焼きならぬ“やけホルモン”にでも行くかな:笑)。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月29日 (木)

マセラティギブリⅡ後期型の内装完全分解

Photo_5

 ここのところ、春の好天に恵まれておりますので、天日が必要な作業を一気に進めております。

2018032901
2018032902

 ↑マセラティギブリⅡ後期型(「千葉市のK」さん号)。内装の本格的な分解作業を開始しました。

2018032903
2018032904
2018032905

 ↑フロアマットを車外に出し、徹底的に掃除機を掛けたのち、洗剤で水洗い洗浄&天日干し。

2018032906
2018032907
2018032908
2018032909a

 ↑車内でヒト工程済ごとに、フロアカーペットに掃除機を掛けつつ、車外に出す準備をします。

2018032909b

 ↑リアのシート座面、シートベルト、シート背もたれをハズします。2個のメインCPUが見えます。

2018032910a
2018032910b
2018032910c
2018032910d

 ↑この段階で、室内各部の固定に使われていた小部品たちを、洗浄・清掃・艶出しておきます。

2018032911

 ↑一枚モノのフロアカーペットはデカい。掃除機を掛けた上、車外でシミ抜き作業を行います。

2018032912

 ↑フロアカーペットの下に、このようなインシュレーターが居ます。独特の臭気(泣)を放ちます。

2018032913
2018032914

 ↑フロアインシュレーターをハガしたところ。要所のサビ止めと全体的な除菌処理を行います。

2018032915
2018032916
2018032917
2018032918
2018032919

 ↑毎度おなじみの、ルーフに貼り付けてあったウゲウゲな劣化ウレタンフォームの除去作業。

2018032921

 ↑ルーフのインシュレーター兼トリムの臓物(笑)であるウレタンフォームの一層目を貼り付け。

2018032922
2018032923

 ↑臭気抜きのため、裏表とも車外で天日干しにしたフロアインシュレーターを除菌清掃して装着。

2018032924
2018032925

 ↑折角シミを取り除いてキレイにしたフロアーカーペットは、置き場が無いんで一旦車内に設置。

 本日の表題は「マセラティギブリⅡ後期型の内装完全分解」とありますが、まだダッシュボードを降ろして無いんで、ソレで完結かな。ダッシュ降ろしちゃうと、電源ハーネスがダッシュ裏に付いてくる後期型ギブリは走れなくなっちゃうモンで。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月28日 (水)

夜桜(またかヨ!)

Photo_5

 一昨日の夜。ひとりで夜桜見物とシャレ込んでみました。傍から見れば、野宿のオッサンですが。

2018032801

 ↑ピンクの彗星、オレ専用ザク・ラ(笑)。デポから歩行前進で光が丘公園突入、30m先の左手。

2018032802

 ↑オレ専用ディナーテーブルセット(笑)。昼間の賑わいはドコへやら。ひとり静かに寛げる空間。

2018032803

 ↑沿道のアコレ(廉価版ジャスコ)にて、太巻&いなりずし、金麦など糧食を調達。抜かりは無い。

2018032804

 ↑風もそよかで、絶好の夜桜見物。広場の桜下に若者たちの嬌声が響く。闇夜の根性宴会だ。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月27日 (火)

迷惑メール(笑)

Photo_5

 本日も、御客様からの御提供ネタにすがるワタシ(泣笑)。一日で内装全バラ、カラダもバラバラ。

 ・・・

 ・・・

 ・・・

マイクロ・デポ株式会社 岡本様

 平素は大変お世話になっております。「TERRA」です。

 先日はホルモンの会、楽しませていただきました。 さて、本日は大変勝手ながら「迷惑メール」と題しまして、本日(数日前)家族サービスで行ってきたマグロ練習船の写真をメールにて送付致します。

 義理の父が機関士のイロハを教えた教え子たちが、今はこの船の教官として働いており、今日はその中身を一般公開しているとの事で、お邪魔して見学させて頂いたという次第です。

 ごく最近建造されたばかりのもので、中は新車のような匂いでした。 主に発動機が楽しかったので、私個人としてはそこにずっと留まりたかったのですが、家族の冷ややかな視線を感じたので手早く写真に収めた次第です。しくしく。

 義理の父曰くこの発動機はかなり小型だという事で、もっと大きなディーゼル発動機を見たいな?義父のコネで何とか見れないかな?なんて画策しておりますが、それはまた別の話。 お花見ならぬお船見の様子でしたが、お茶濁しになればと。

 それでは。

2018032701

 ↑(たこちゃん)・・・で、ソレはいいんだケドよぉ~。ところで、この船、なんて船?で、調べました。

2018032702

 ↑(たこちゃん)どうも、神奈川県立海洋科学高等学校の新しい大型実習船「新 湘南丸」らしい。

2018032703

 ↑(たこちゃん)新潟造船株式会社 本社新潟工場で建造されたらしい。規模:699トン程度、用途:漁船(マグロ延縄)、航行区域または従業制限:第3種(国際航海)、漁業種類:マグロ延縄漁業、定員:80名、全長・幅・深さ:65.48m×10.10m×6.40m程度、環境設備:NOx三次規制対応、建造年月日:平成30年2月末竣工

2018032704

 ↑(たこちゃん)「公式サイト見ろや」ってハナシですが、エンジンスペックが載ってないんだよ~ん。

2018032705

 ↑(たこちゃん)プロペラシャフト(たぶん)の表面に塗られた、防錆塗装の「金ニス」が美しいわ。

2018032706

 ↑(たこちゃん)アンカーワイヤーのリールかな?船の艤装品は、見ごたえあってデカいですね。

2018032707

 ↑(たこちゃん)ココの画像で神奈川県旗が翻っているので、どうにか、詳細を検索出来ました。

2018032708

 ↑(たこちゃん)あ、煙突のヨコに、学校名が英文表記で書いてありましたね。いいな、この学校。

2018032709

 ↑(たこちゃん)あ、分かりやすいマドロスさんを発見(ポーズもマドロスさん特有のアレだし:笑)。

2018032710

 ↑(たこちゃん)コレ、ボイラー室かな?“オトコノコ心”をくすぐられる各種“継手”や“バルブ”把手。

2018032711

 ↑(たこちゃん)信号旗が翩翻と踊る甲板は、外洋航行へのロマン溢れて、心トキメキますね。

2018032712
2018032713

 ↑(たこちゃん)うお~、なんだかプロっぽいディスプレイの数々。魚群探知?航行管制の装備?

2018032714
2018032715

 ↑(たこちゃん)こりゃ、現代版の羅針盤かな?このステアリングホイール状のモノは操舵輪?

2018032716

 ↑(たこちゃん)高校生がコレの操舵するのかと思うと、なんだかスゴイです。尊敬しちゃうな。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月26日 (月)

花見ぢゃ

Photo_5

 なにせ、年中行事を可能な限り実践しようとするのが、たこちゃんズ家の社是(っつーか家訓:笑)。 

2018032601

 ↑昨日の日曜日、夕方から散歩に出掛けました。行きがけ、我が母校脇の菜の花群をパチリ。

2018032602

 ↑おお、ワタシらの背後から夕陽が当たって、奇跡のようなシルエットを湛えた写真が撮れた。

2018032603

 ↑光が丘公園内の広場に林立する桜の樹々は満開絶好調!見てください、この花見客の多さ。

2018032604

 ↑時刻は午後5時を少し回ったところ。日没間際の夕陽に照らされた桜の得も言われぬ色彩美。

2018032605
2018032606

 ↑公園を通り抜け、清掃工場(只今、超高性能なんでも燃やせる焼却炉工事中)前の橋上から。

2018032607
2018032608

 ↑続いて、練馬春日町駅方面に向かう桜並木道。実はコチラも結構隠れた名所だったりします。

2018032609
2018032610

 ↑久しぶりに、実家近くの路地を歩くと、かつて畑だったところが、公園になっちゃってました。

2018032611

 ↑「まだ、おみえになるかな?」と立ち寄ってみたら、シゴトしてました。「テツヲタ」さん(本物:笑)。

2018032612

 ↑春日町の名称の由来たる春日神社脇の風景。せっかくだからと、神社にも参詣してきました。

2018032613
2018032614

 ↑「さくらナイト」絶賛営業中の豊島園。トイ〇ラスの駐車場から奥に入ると、至近距離撮影可能。

2018032615
2018032616

 ↑そのうち完全に日が暮れたところで、中の橋から石神井川沿道を歩く。水面スレスレの枝振り。

2018032617
2018032618
2018032619

 ↑信号の色に拠って、花の色も可変する“イリュージョンザクラ(笑)”発見。コレ、面白いでしょ。

2018032620
2018032621
2018032622

 ↑桜台にある高稲荷公園。毎年、花見モードに入ると、ライトアップされて屋台群も出てます。

2018032623

 ↑屋台の生ビールや焼きとうもろこしの誘惑は振り切って、さらに歩を進めると、この超絶夜景。

2018032624

 ↑ようやっと、氷川台駅周辺に到着。最後はスーパーサ〇ットの灯に照らされた夜桜にてシメ。

2018032625

 ↑で、帰路は東京メトロ地下鉄でワープ航法(笑)、地下鉄成増で下車。「おさかな道場」で乾杯!

 結局、何キロ歩いたんでしょうねー。直線距離では、土支田から氷川台って4.5キロくらいしか無いらしいです。5時ちょっと前にアパートを出陣して、おさかな道場に入ったのが8時ちょっと前だったので、所要時間はジャスト3時間といったところでした。脚がイタくはなりましたが、結構有意義な夜散歩とはなりましたヨ。まぁーね、こんな酔狂な花見の仕方をする御仁はいないと思ふケドね(泣笑)。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月24日 (土)

さすらいのギブリさん【大喜利】

Photo_5

 本日は、シンプルにインスタグラム風(と、云う名の超手抜き:笑)。・・・わ~!石投げないでぇ!!

2018032401

↑大洗海岸なう。 今日は家族サービスです。「おぐ」

 ・・・だって。ここから、どー拡げればいいのよ、ハナシを(笑泣)。でも、良い味のある写真ですネ。

 と云ったところで、この画像にキャプションなり、セリフなりを入れてください。大喜利でヨロシク。

 それじゃー、また来週!今週も、皆さんからのコメント有難うございました。明日は花見ぢゃ。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月23日 (金)

光が丘は春爛漫・・・サクラが咲いたヨ!

Photo_5

 今朝5時のニュースを見てたら、天気予報のコーナーで云うには「東京は明日が桜の見頃」・・・!

2018032300

 ↑で、本日は、車輛の回送のために光が丘公園の外周路を数回走りました。視線をアゲたら・・・

2018032301

 ↑コレだ!ホントに咲いてやんの、桜。日当たりの良いところに在るヤツは、確かにイイ感じ。

2018032302

 ↑マセラティギブリ前期型(「東松山のI」さん号)。ウインドーシールド越しの桜は、オツなもの。

2018032303

 ↑光が丘公園外周路の中でも、特に清掃工場前に在るサクラのトンネルが毎年見事なんです。

2018032304

 ↑明日は土曜日。光が丘で桜を眺めつつ、旭町マイクロ・デポでマセラティ鑑賞。良い休日(笑)。 

 それじゃー、また明日! 

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月22日 (木)

きょうは、おたんじょうかい

Photo_5

 昨日は、朝から風邪っぴきとなってしまい、皆さんには御心配をお掛けいたしましたが、昼過ぎには解熱に成功し、そのまま治っちゃった様な気がいたします(本日もクスリは飲んでるケドね)。とりあえず、なんとか虎口を脱した心持ちでありますヨ。

 ところで、コドモの頃には、幾つになってもウレしい日であると思っておりましたが、こうトシとって弱くなってまいりますと、あんまりウレしくないのが“誕生日”というヤツであります。特に女性はイヤかも知れませんね。もとい!こうなったらむしろ積極的に“長寿を寿ぐ”という気分で、50代半ばを祝ってしまおうという次第。織田信長の時代には「じんせー、ごじゅうねん」だったワケですからね、安土桃山時代だったら、もう我々もスッカリ御長寿(笑)の仲間入りでゴザイマス。

1521714611002.jpg


 ↑・・・で、しんちゃん家からの実況生中継。まずは、みんなでしんちゃん奥様製ちらし寿司をば。

1521714804239.jpg

1521714804972.jpg </p>

<p></p>

<p><p> ↑たこちゃん家からは、たこヨメ製のデコレーションケーキとチョコレートケーキの二種類持参。</p></p>

<p><img src=

 ↑ブックガレージのしんちゃん店長さんは、“ごちゅうよんちゃい”になります。早生まれズルイぞ。


1521717594678.jpg


 ↑酔っぱらうと世間に対する文句ばかりとなっていくのも、ジジイの証拠。「いいぞ、もっと云え!」

1521717593919.jpg

 ↑こんな楽しい夜が送れるのもアタリマエと思っちゃイケないんですよね。だからこそ寿ぐのです。オレの誕生日ぢゃないのに、イイモンもろた。

 それじゃー、また明日! 

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。


 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。


2018年3月21日 (水)

お彼岸、ダウドン、ぼた餅・・・で、いきなりフィーバーの朝

Photo_5

 今朝もハヨから、お彼岸なので墓参三連発にイッてきました。5時過ぎに出て、8時過ぎに帰還。

1521588941106.jpg

 ↑まずは、一番距離のある、義父のところまで。ちょうど夜が明けるタイミングで寒かったわぁ。

1521588942229.jpg

 ↑6時から開けてくれてる“山田うどん(メニューに自ら“ダウドン”と名乗ってた:笑)”で朝食を。

1521588943233.jpg

 ↑で、従姉、両親と廻り、今はボタ餅喰いながらお彼岸の気分を満喫しようというワケ。途中で、「なぁ~んか、カラダのフシブシがイタいなぁ・・・」と漏らしていたんですが、アパートに帰って計測してみると37.3度の体温・・・昼まで寝てます。ちなみに本日は祝日モード、13時から17時まで開店!

 それじゃー、また明日! 

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月20日 (火)

ガンディーニルック=クアトロポルテの存在美を、よもや見慣れたりしてはいませんか?・・・イケませんねぇ(笑泣)。

Photo_5

 ・・・う~、夜になったら冷え込んでまいりましたね、ひょっとして明日はミゾレかも、なんて予報も。

2018032001
2018032002
2018032003

 ↑本日の午後、雨降りもヒト段落といった時間帯がありまして、真白きクアトロポルテをば店頭に。

2018032004
2018032005
2018032006
2018032007

 ↑先週から御約束していた「O」さんが、本日初来店されたので、早速御高覧頂いたという次第。

2018032008
2018032009
2018032010
2018032011

 ↑やっぱ、なんかスゴイ車ですね。初めて、このクアトロポルテⅣを見た時の衝撃は今もって。

2018032012

 ↑飽きない(厭きない)クルマを希求しているあなたには、「今が旬」とだけお伝えしておきましょう。

 それじゃー、また明日! 

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月19日 (月)

マセラティギブリ後期型・・・今さらながら美しい

Photo_5

 本日3月19日(月)は、15:00までの営業とさせて頂きました。御不便をお掛けいたしました。

 今朝早く撮影したマセラティギブリ後期型(「千葉市のK」さん号)の画像をお届けいたします。

2018031901

 ここのところ、当ブログにしばらく(背景として:笑)登場することの多かった個体ですけれど・・・

2018031902

 ↑外装が出来上がってまいりました。ギブリⅡウネウネホイール用センターキャップは未装着。

2018031903

 ↑しばらく暖機運転をさせつつエンジンの調子を診ているシーン。トランクフードは開状態です。

2018031904

 ↑白煙のように見えるのは、寒い時特有の現象で、水蒸気ですから却って完全燃焼の証です。

2018031905
2018031906
2018031907

 ↑エンジンルームは隅々まで仕上げ抜きました。そのためのフロントバンパー脱着でありました。

2018031908

 ↑ラゲッジルームのカーペットは一旦すべて洗浄し、二か月間陰干ししたのち再装着しています。

2018031909

 ↑フロントグリルの“枠浮き”もキチンと直してからの装着となったので、時間が掛かりました。

2018031910

 「千葉市のK」さんに、ガレージに置いてウヒウヒして頂けますよう、今度は内装を頑張ります。

 このギブリⅡを仕上げた過程は、再生の一例として過去記事で以下の様に御案内しております。

http://microdepot-takocyan.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-05cd.html
   
http://microdepot-takocyan.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-0171.html
   
http://microdepot-takocyan.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-f89e.html
   
http://microdepot-takocyan.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-9d34.html
   
http://microdepot-takocyan.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-a05b.html
   
http://microdepot-takocyan.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-0e18.html
   
http://microdepot-takocyan.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-e2aa.html
   
http://microdepot-takocyan.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-79bf.html
   
http://microdepot-takocyan.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-6fe7.html
   
http://microdepot-takocyan.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-b7ff.html

 それじゃー、また明日!

 本日3月19日(月)は、15:00までの営業とさせて頂きました。御不便をお掛けいたしました。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月17日 (土)

文字通り、ハレの日の納車

Photo_5

 明後日3月19日(月)は、15:00までの営業とさせて頂きます。よろしくお願い申し上げます。

 今朝早くの時間帯は久々に寒かったものの、日が昇るとグングンと小春日和に。絶好の納車日。

2018031701

 ↑やっとハレの“納車の儀”挙行日を迎えたマセラティクーペカンビオコルサ(「横浜のSさん」号)。

2018031702

 ↑コックピットドリルをしている風景を撮影しておりましたが、ビアンコエルドラドは目にも鮮やか。

2018031703
2018031704

 ↑マセラティクーペの優美なジウジアーロボディが、春らしい陽光に照らされて、ひと際輝く時。

2018031705
2018031706

 ↑初めて、イグニッションキーを回す瞬間。このドキドキワクワクするような高揚感もステキです。

2018031707

 ↑「ヴォーン!」V8ユニット独特の咆哮。前後タイヤは新品につき、安全運転でお気を付けて。

 それじゃー、また来週。さー皆の衆、“ホルモン屋”にレッツゴー(あ、先に皆行っちゃった泣)!

 明後日3月19日(月)は、15:00までの営業とさせて頂きます。よろしくお願い申し上げます。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月16日 (金)

マセラティクーペカンビオコルサの仕上げ(内装篇)

Photo_5

 今日は、よりによって、午前中からパラパラと雨降りの空模様。・・・でも、なんとか頑張らなきゃ。

2018031601

 中古車を商品化加修する現場では、多くの場合“汚れ色”に調色されてパー吹きされています。

2018031602

 ウチのフィニッシャーさんは違います。表皮を完全にクリーニングして、新車肌に調色して塗る。

2018031603

 部分的に乾かしながら、絵を描くように色付けし、さらに新車の艶感を出すセミクリア塗装まで。

20180316042018031605

 特に、アヴォリオ色内装は光のアテ具合や、艶出しの加減で、様々な色調に見えてしまう難しい色です。ソコに“汚れ色”の入り込む余地はありません。今回も、いつものフィニッシャーさんの妥協なき作業に救われました(花粉症でグジュグジュだったのに、いつも通りに頑張ってくれて大感謝!)。

 それじゃー、また明日。・・・は、“納車の儀”&“オイル交換”&“商談”&“ホルモン月例会”ぢゃ。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月15日 (木)

マセラティクーペカンビオコルサの仕上げ(外装篇)

Photo_5

 あ~、今年は“花粉症”を自認していない(笑)ワタシも結構キツ・・・あ、いやいや気のせいダ。

2018031501
2018031502
2018031503

 ↑昨日夕方は、マセラティクーペカンビオコルサ(「横浜のS」さん号)を“帰還させるの儀(笑)”。

2018031504
2018031505
2018031506

 そして、明けて今朝早くからは“外装にガラスコーティングを施工するの儀”を挙行いたしました。

 ボディを磨いてもらいつつ、中ではネタネタ病巣の完全除去作業や、各部組立、ルークリなどを。

 明日は、天気が今一つの予報なれど、ETCセットアップ、リアタイヤ新品交換、リアシート補修塗装とテンコ盛りの段取りをどうにかしようと思っております。「横浜のS」さん、17日(土)の午前中、お昼前くらいでの“納車の儀”挙行を目指しておりますヨ(間に合うかなぁ・・・出来るかなぁ:泣笑)!

 あ、17日(土)といえば、ホルモン月例会の開催日デス。「行けねぇーヨ」コメントばかりが入っておりますが、現在のところ、6名は確定みたいです。まだまだキャパありますんで、初めての方も奮って御参加くださいますようお願い申し上げます。ちなみにワタシは昨晩もイッた(ヨメ不在のため御一人様で:泣笑)。ホッピーセット、クダとヤサイヤキ、ネギバカ、韓国風おにぎり、以上!・・・実質クダしかホルモン肉喰ってねーぢゃん。大勢で行かないと、色々と食べられないのがツライところです。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月14日 (水)

またもヤラれた・・・昭和40年男に。

Photo_5

 先日、ブックガレージのしんちゃんトコに行ったあと、写メが来まして、また教えんでもいいコトを・・・

2018031401

 あー、もう、こんな表紙の写真が来たら、ソッコー買いに行くのホカはありません。ツ〇ヤ行った。

2018031402

 ↑・・・あー、そう、それそれ。ニチモの楽器シリーズ!リンリンランラン、今の目で見るとカワイイ。

2018031403

 ↑あう~、アオシマの電飾チャリシリーズ、これまた懐かし過ぎて悶絶!スゲー難しいプラモ。

2018031404

 ↑あ、童友社の“バイキング(独)”インスパイア系、自称HOスケールのシリーズ。数個持ってる。

2018031405

 ↑バンダイのムカシのマークが箱の絵に付いてたら、今ではドレも強レア物件です。あ、イマイが。

2018031406

 ↑このブログ的には、避けて通れないヤツら(笑)。左側段積みは1/28という半端スケール。

2018031407

 ↑あー、版権がドコにも存在しないオリジナルのSFモノ。東京の下町メーカー根性丸出しですね。

2018031408

 ↑近頃「Hでございます」さんと必ず盛り上がる、ニットーの立ったまま走る(笑)怪獣シリーズ。

2018031409

 ↑「♪ざ・い・だぁーべっくわぁ~(ザイダ、ベック!)byこおろぎ‵73」大概売れ残ってたシリーズ。

2018031410

 ↑当時も、この手を買ったコト無いケド、お好きな向きもいらっしゃるかナ?ワタシは要らん(笑)。

2018031411

 ↑城と風物詩シリーズは、ホントに大層作ったなぁ。「Wさま」さんの農家はいつ完成するんダロ。

 で、第一特集は“ジャンクなプラモ”なんですが、他にも「ブルース・リー」「タイガージェットシン&猪木&ミスター高橋(笑)」「パーキンソン病」「石川ひとみ」「ウルトラマンA」「フィンガー5」・・・って、コレ編集したの、オレ?(笑)

 オールカラーで700円(税込)は今どき大バーゲンだと思ふ。この出版社には頑張って欲しいナ。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月13日 (火)

も、ホルモン行こ、ホルモン・・・3月例会

Photo_5

 昨日のコメント欄で、「おぐ」さんが仰っていた「クリープを入れないコーヒー(なんて・・・by芦田伸介のCMを知ってるヒトは、大概かなーりトシあるね、は、おいといて・・・)」の例えを拝見してたら、そういえばウチの叔母が若い頃に「コーヒーを入れないクリープ」ってのを飲んでて、コドモ心に「コレはスゴイ!」と思ったコトを思い出しました。意外とウマいのよ、“クリープお湯溶き汁(笑)”。スキムミルクより旨し(クリープは牛乳由来だから・・・って、普通にホットミルクにすればとも思ふが、やはりトーストやドーナツとクリープの組み合わせは、それなり以上に結構イケるので、気が向いたらお試しあれ)。

2018031301

 ・・・で、今月のホルモン。いきなりなんですが、今週末の3月17日(土)PM18:30からと決定!

 初めての方も、もちろん大歓迎!ムリな方は「ムリ!」ってコメントください。助走期間短すぎ(笑泣)。「敷居が高い(泣)」と躊躇されている方もいらっしゃると耳にしますが、ま、軽くイキましょー、軽ぅ~くね。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月12日 (月)

黙祷・・・

Photo_5

 昨日は、午後から地下鉄に乗って新宿へと向かったんですが、駅の電光掲示板に「14時46分から一斉に防災訓練を行います 皆様の御理解をと御協力をお願いいたします」と出ていたのを見て、「ああ、また一年巡ってきたのか・・・」と思った次第でした。約束の13時の10分前に待ち合わせ場所に到着。しばらくすると、小さなスーツケースを曳いた彼は、いつもの通りに元気な姿を見せました。

2018031201

 会食中に、アナウンスがあって、「このあと、午後2時46分より全館で黙祷いたします」と。隣のテーブルの連中は我関せずの体でペチャクチャしゃべり続けておりましたが、それまでの100分間に続けてきた浮世の話をしばし中断し、我々は“その時間”を目を瞑って過ごしました。まだまだ、記憶の淵から完全に風化するには時間が掛かりそうです。関西淡路大震災の時に医療ボランティアに行ったという先生の、凄絶な現場での御体験も伺いました。大地震も、津波も、噴火も、河川の氾濫も、どれをとっても二度とあってはならないような災害ですが、天災ばかりは、我々の想像や予想を遥かに上回るものである事が多いですし、何時遭遇するのかも、まったく分かりません。こういった機会にこそ、「安全は“あたりまえ”ではない」事に、あらためて想いを巡らせようと、深く長く黙考いたしました。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月10日 (土)

試運転、してきた。

Photo_5

 本日も、土曜日ならではの予定をどうにか完遂し、定時にアガって“試運転”。新井薬師へと。

1520682957007.jpg

 ↑到着、即「あ~なんか血が騒いできた!乗せて!!乗せて!!!」ヘルメットとキーを渡し・・・

1520682958367.jpg

 ↑ブックガレージ“しんちゃん店長”、ワタシが初めて御披露目に行ったRG250γに打ち跨ると・・・

1520682960024.jpg

 ・・・とっととアッチにイッちゃった(泣笑)。やっぱ青春の熱き血がタギった模様。かなりウレしい。

1520683451349.jpg

 豊玉のジョナサンのトコから出て環七でイキましたが、野方の陸橋やアンダーパスがコワかった!今朝、試運転その1として、光が丘公園の裏側となる1000円カットに行って散髪するための足としてみました。バリカン4ミリカットでアタマもスッキリとしたところ、「夜になったら、少し足を伸ばしてみよう」という気になったモノ。オレ、足短けぇーなぁ(しんちゃんの余り具合と比べてください:泣笑)。

 先週の日曜日にキャブレターの分解清掃と各ジェット交換などオーバーホールをしたので、納車時から懸案だったガソリン漏れ漏れとなるオーバーフローは直りました。

 それじゃー、また来週!今週も有難うございました。明日はねぇー・・・新宿に行くんだぁ。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月 9日 (金)

やっぱ007

Photo_5

 昨日の本ネタに、ミョ~なチカラを入れ過ぎ、本日は腑抜け(泣笑)。ソコに助け舟がやってきた。

岡本様

今月末頃から順次アップする007シリーズです。ご笑覧のほどを。

20180309012018030902

 ↑ボンドカーと言えば、アストンマーチンのDB5。何といっても人気があるみたいで、最近の007映画にも登場します。ミニカーも各種。ギミックまで再現されています。写真のはAUTOartの1/18です。フィギュアは最近の登場例に倣ってダニエル・クレイグ。

 たこ注:この鉛色みたいなシルバーがシブいんですよねぇ。中学生の頃、英国コーギー社製ミニチュアカーのギミックに悶えてましたわ。あえて、お若い方に説明いたしますと、屋根がトレてて椅子が落っこちてるのは、劇中で助手席に乗った悪漢を追い出すための射出装置を再現したモノ。トランクフードから生えているのは強靭な防弾板です。他に、ワイヤーホイールのセンターロックナットが横にビヨ~ンと伸びて、隣の悪漢カーをパンクさせたりとか、チバラギの族(笑)みたいにナンバープレートがくるくると幾種類も出てきて偽装するギミックなどがありましたね。マシンガンもあったかな?

2018030903

 ↑お次はトヨタ2000GT。これもAUTOartの1/18。AUTOartからはレギュラーモデルのクーペの2000GTも発売されています。わざわざ金型を起こしてオープン版を作ったわけですから、やはり人気があるのでしょう。フィギュアは昔懐かしい童友社の1/20のプラモデルについていたものを使いました。ショーン・コネリーと浜美枝さん。似てないって?細かいことは気にするな!

 たこ注:まぁ、背景にモノホンたちのポスターがそれぞれ貼ってありますからね。ワタシ的には、丹波哲郎サンと若林映子(あきこ)サンも欲しい・・・てか、実際にホテルニューオータニ(劇中では敵のアジトである大里化学工業本社ビルの役:笑)まで、このクルマに乗ってボンドを迎えに(助けに)来るのは、真知子巻きスカーフ(お若い方はオバーチャンに聞いてね:笑)の若林映子だったし。悪漢の追跡を巻こうと爆走する2000GTの直前をスバル360が一瞬横切るシーンがいい味出してました。ガラスフロアの階下にチラッと見えるベルリベッタボクサーにも、なんだかキョーミをそそられます。

2018030904

 ↑最後はロータス・エリートの潜水艦。これもAUTOartの1/18。どーのこーのというより、潜水艦というアイデアに脱帽。潜水艦に変身するギミック搭載のミニカーもありますが、やはり出来は…。適当なサイズのロジャー・ムーアのフィギュアがなかったのでフィギュアは省略。

 たこ注:あ、コレもスーパーカーブームたけなわの中坊の頃に封切りされた「私を愛したスパイ」劇中車で、ワタシ世代には思いっきり懐かしいモノですが、当時物のエーダイグリップ製ミニチュアカーをどーにかもっとリアルに出来ないモノかと、やおらバラバラにして剥離剤ブッかけたところまではよかったんだけど、結局モノには出来ずじまいでした。今はこんなにも再現度の高いミニチュアカーが手に入るんですね。白いエスプリってカッチョいいな。

修理お待ちしてまーす。17-18日には〇◇(地名デス)に用事があるので…。

 たこ注:明日作業予定。でも完遂するかどうかは、天候次第かな(コレばっかりは:泣笑)。

それでは 

「杉並のO」

 ・・・

 ・・・あー、Oさんのおかげで、本日もなんとか乗り切ったわ(感謝!)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月 8日 (木)

マセラティクアトロポルテⅤデュオセレクト:ドアトリムのハズし方講座(笑)

Photo_5

 あう~。今日は朝から雨でシケた雰囲気です。クルマの出し入れが出来なくなっちゃったヨん(泣)。

2018030801

 ↑・・・とはいえ、昨日の日没寸前に仕込んだ“本ネタ”を本日は御用意。“一般受け”ワルそー。

2018030802

 ↑まずドアを開き、ラッチを閉状態にしておく。作業に時間が掛かりますんでドア灯消灯のため。

2018030803

 ↑ドアミラー裏側の樹脂トリムをハズす。この個体は除去済ですが、大概ネタネタ病に罹患の部位。図にもありますように、トリム裏側のツメがボディ側の穴に刺さっているんですが、多くの場合に被されていたバネ鋼ヅメがボディのインナー側に落っこちてしまいます。マグネットをコネコネして、どうにか取り出しておきましょうね。写真を撮りソコなったけど、インナーのドア開閉ノブを開状態にいたしますと、その裏側奥の土台(ベースの樹脂装飾部分)にゴムキャップがあって、ソレをメクると中にキャップボルトが一本居ます。

2018030804

 ↑続いて、樹脂ベラを用いてトリム後部のリフレクターをハズします。上下2本の鉄ヅメ固定。

2018030805

 ↑さぁ、ここからが、この作業の中で、もっとも困難とキンチョーを伴うウッドパネルをハズす工程です。ウッドと申しましても、表面のウスいウスい突板一枚で、ベースは思いっきりアルミダイキャスト製です。最近の高級車はみんなこのような感じです。いきなり力任せに硬いヘラなどをヘタにカマしますと、一発で表面のウッドにクラックが入ってしまいます。他所でこの作業が行われた時に余計なコトをされますと、当店に入荷した時にワタシらがヒドい目に合わされる(泣笑)んで、ここに初めて工法と手順を開陳いたします(ってホド大袈裟なモンでもないんだけど:笑)。ウッドパネルの四辺全周に亘って、シリコンオイルを注入塗布し、スベりをよくします(このヒト手間が、あとあとホントに大切)。

2018030806

 ↑新車に近い頃ならともかくとして、年数を経過したクルマでは、多くの場合、ウッドパネル表面と周囲の皮革部が張り付いてしまっているんです。ここでは、先端に反りや欠けや汚れの付いていない樹脂ベラを用いてハガしています。すべての作業が済んだら、シリコンオフなどで拭き取ります。

2018030807

 ↑で、あとは、少々柔らかめでコシと厚みのある樹脂ベラ(オーディオ抜き出し用ヘラくらいかな・・・どうしてもビクともしない場合には、硬質樹脂のヘラやグロメットはずし工具を用いたり、先端が金属製のグロメットはずし工具の先っぽに布製ガムテープを巻いてチャレンジする場合もあります)を何本か用いてウッドパネルの四辺のドコかに「アリの一穴(本来の意味とは反対の良い意味で:笑)」よろしく、どうにか指が入るようなスキマを開けます。この作業をやったコトがある方はお分かりだと思いますが、このようにトレる事を知らないで初めて挑戦すると、どうしてもチカラ加減に躊躇が生まれてしまうくらいに、そりゃもー、ガッチリと・・・ホント、ボルト&ナットで留まっているかの如くにカタい感触です。「えいやぁ~!」

2018030808
2018030809
2018030810
2018030811

 ↑はい、ウッドパネルの裏側は、こんなコトになってます。組立時には、トリム側のガイド穴にピンを合わせて「バンバン」と叩き込むダケ。いざハズすとなったらヂゴク行き(大泣笑)。グロメット受け側の穴の奥には、ガッチリとしたバネ鋼のキャッチが控えておりますので、コレがキョーレツな締結力を生むワケです。

2018030812
2018030813
2018030814
2018030815
2018030816
2018030817
2018030818

 ↑初めてこの作業を行った時に、最も構造を見切るのが困難だったのが、この握り部分です。こうして分解写真としてしまいますと、「なぁ~んだ」でおしまいですが、コレが分かんなくて、完全にトリムをぶっ壊しつつハズした先人が居たからこそ知り得たモノです。まぁ、パーツリストを閲覧すれば、部品割りダケは分かりますケドね。ウッドパネルのハズし方に準じた工法で作業を行います。あ、ハナシが前後しますが、最初の方で書いたドアインナーノブが写ってますね。この逆L字型のノブを引くと、その下にゴムキャップがありますヨ。

2018030819
2018030820
2018030821

 ↑フィニッシュは、ボディ側に刺さっている樹脂のグロメットを抜く工程です。コレもウッドパネルと同様に、ドコかに指の入る一穴(ワタシの場合には、トリム後端下部からイッてみるコトが多い・・・ココは状況に応じて臨機応変に)たるスキマを開け、ソコから徐々に手を突っ込んでいくようにハズして行きます。指先、イタいです(泣)。最後は、トリム全体を上方(カミガタぢゃ無いヨ:笑)に向かって引き上げるようにヌキます。トリムの上辺は、水切りモール手前のレールにハマっているからです。

2018030822

 ↑やろうとしていた真の目的。近頃の欧州車は経年での樹脂劣化がハゲしいので、コマります。

 いずれにいたしましても、よく破損するパワーミラースイッチや、ネタネタ病を発症するパワーウインドースイッチなどをハズしたい場合、パワーウインドーレギュレーターの交換&調整、集中ロックユニットの交換などには、このドアトリムの脱着作業(何もコワさないように)が必須となっております。ひょっとして、何らかの専用工具が在るのかな?ともあれ、すべて自己責任でヤレよな(泣笑)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月 7日 (水)

3月は、まだ真冬のような、スッカリ春のような・・・

Photo_5

 「昨日に比べてソートー寒くなるよぉ~」ってな予報にビビり、カイロ6枚装着で暑いワ熱い(笑)。

2018030701  

 岡本社長様 「I」です。 朝5時半に出勤する場面がありまして、その時街灯に反射して輝いている雪を撮影してみました。 画像では、そのキレイさはわかりませんが、画像を送信します。 画像中で見える白い点が反射しているんですけどね。

 ・・・ワタシゃ、こんなトコ行ったら、きっとカイロ17枚コースですね。ってか、ぜってームリっ(笑)!

1520415865986.jpg

 ・・・一方コチラは、お隣の和光市白子でのヒトこま。くる〇やラーメン喰いに行ったら、並びが梅林。ねっ?もうそれなり以上に咲いてるでしょ。暑さ寒さも彼岸までと申しますんで、あと二週間ホド踏ん張れば、東京周辺にも本格的な春がやってきそうですね(ああ、オレの顔、シミだらけでキタネーなぁ:泣笑)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月 6日 (火)

VWイオス V6インディビジュアル(3日間の限定販売!)

Photo_5

 VWイオス V6インディビジュアルですよー!世の中にほとんど存在しない限定車ですからね。

 公式のPDFはコチラ。4人乗りでオープン、しかもハードトップってところが素晴らしい!

 限定で、たったの30台だったんですって。そりゃ、世の中にほとんど無いワケだ(笑)。

 平成21年3月初年度登録 内外装:ディープブラックパール アイボリー/ブラック(コンビ)革

 走行距離:58,400Km 車検はこの3月に切れますので継続で2年取得いたしましょう。

2018030601
2018030602
2018030603
2018030604
2018030605
20180306062018030607
2018030608
2018030609
2018030610
2018030611
2018030612
2018030613
2018030614
2018030615
2018030616
2018030618
2018030619
2018030620
2018030621
2018030622

 店舗前で撮影した写真の色があんまり出ないんで、置き場に持って行った時にも撮りました。

 明日から3日間限定で店頭販売活動をいたします。価格は応談ですけれど、お買い得価格です。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月 5日 (月)

マセラティグラントゥーリズモスポーツMCオートシフトの12ヶ月点検が済んでひたすら引き取ってくるダケのねた(笑)

Photo_5

 先週から急に暖かくなり、昨日はポカポカを通り越え暑さすら感じました。今日は湿気てるなぁ。

1520234421919.jpg 1520234422954.jpg 1520234423269.jpg

 ↑・・・で、表題通りのネタ。「世田谷のO」さんには、「雨の予報だけど、如何いたしましょう」と、早朝の段階でお尋ねいたしました。苦渋の決断(笑)“雨天決行”と相成りましたが、サイワイなコトに、小雨の間に行って来れました。

1520234423589.jpg

 ↑たまたま居合わせたマセラティクアトロポルテⅥ(現行:六代目)とのツーショットとなりました。

1520234423906.jpg 1520234424302.jpg

 ↑モダンマセラティの中でも、グラントゥーリズモの乗り味はしっとりしていて、新車時の内覧会で試乗をした極く初期ロットのカンビオコルサ搭載モデルから、とても好感の持てるモノでした。ワタシも、一度は自分家のガレージに入れてみたいと夢想してましたが、純正“汁モノ”のスットビ価格(LLC:1L=税抜4500円×7リッターぁ!)の書かれた明細書を見て、完全に夢から覚めましたとさ(泣笑)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月 3日 (土)

北の国から&うれしいひなまつり(笑)

Photo_5

 きょぉーは、時間刻みの忙しさでしたが、おかげさまで、どーにかすべてを完遂出来ましたヨ。

2018030301

 ↑ところで、昨日の当ブログで、大吹雪に見舞われていた北海道にお住いの「中富良野のU」さんからは、昨日のコメント欄にコメントを、「I」さんからは、この画像を賜りました。東京の練馬からは、優に1,000キロ以上離れた場所の方々と、こうして瞬時に繋がれるのは、マセラティの結ぶ御縁とインターネットの功と云えましょう。まずは、御両人様が御無事でなによりでした。有難うございました。

2018030302

 ↑・・・にしても、ナニこれ?ドコこれ?(笑)とにかく、想像を絶するくらいにスゴイな、見渡す限りナンも無い雪原。「♪あ~あ~、あああああぁ~」って、“さだまさし”がアタマん中でハミングするのでコマってしまいます。

1520072309247.jpg 1520072309776.jpg

 ↑ところで、「♬あかりをつけましょ、ぼんぼりにぃ~♪」で御馴染のひな祭りです。“たこヨメ”はナニを血迷ったか、アパートに帰ってみれば大量のチョコレートケーキを焼きまくっており、さっきホルモン屋さんのママさんに「いつも、御世話になってますぅ~」と届けてきました。オンナの子は(いい加減)幾つになってもオンナの子の気分(笑)のままなのです。

 それじゃー、また来週。皆さんからのコメントとフェイスブックの“いいね”、有難うございました!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月 2日 (金)

マセラティクアトロポルテⅣ後期型の天井落ち修理

Photo_5

 北海道と東北地方の暴風雪はヒドいですね。サブちゃんの“風雪ながれ旅”に出てくる留萌とか。当店顧客の「I」さんや、「中富良野のU」さん、日々テレビのニュースで豪雪映像を見るだにスゴイなぁ、と想いを馳せておりますヨ。少なくとも関係者様方には被害の無い事を心からお祈りしております。

2018030201

 ・・・そのような豪雪地帯で無い地域に住んでる者は、頑張らなきゃイケませんねの天井落ち修理。

2018030202

 左右サンバイザー、前後左右アシストグリップ、左右ルーフサイドトリム、左右Aピラートリム、リアシート座面、左右リアシートシートベルト、リアシート背もたれ、リアトレー、左右Cピラートリム・・・ここまでハズす工程を経て、ようやくルーフ部材が丸ごとハズれてくれる状態となります。道のり長し。

2018030203

 同じマセラティクアトロポルテⅣ用のルーフ部材でも、前期型と後期型及びエヴォルツィオーネ系では、材質、取付方法などがまったく異なります。車輛の製造時に位置決めし易くするためでしょうか、ベルクロテープ(マジックテープ)が装備されているのが目を惹きます。でも、ほぼ効いてない(泣)。

2018030204
2018030205
2018030206

 エヴォ前までの後期型(セイチリンドリ・オットーチリンドリ)以降のルーフには、前後に付いているオーバーヘッドトリムがガッチリと貫通ボルトでの締結となっており、こうしてルーフを宙ぶらりんにした状態での前後トリムの取りハズしが必須となっております。このトリムをハズさないと(若しくはフロントシートをハズさないと)、いかにしても車外にルーフ部材を出すコトが出来ないというワケです。

2018030207

 ようやく取り出したルーフ部材。前期型のは鉄板にウレタンフォームとアルカンタラ貼りでしたが、後期型以降のモノは、若干今様の積層樹脂成型パネルとなっており、重量が軽いのが特徴です。

2018030208
2018030209
2018030210

 あ、でもねぇー、中身の方は従前通り(泣笑)でウレタンフォームを裏打ちしたアルカンタラ貼り。

2018030211
2018030212
2018030213

 その後、当ブログのヘビー読者様方には御馴染のウレタンフォーム張替工程を経て、「板橋のH(もうじき、この方も“練馬のH”さんになっちゃうんだけど、どーしよう:泣笑)」さんの愛車のルーフは継続車検と時を同じくして甦りましたヨ。

2018030214

 (おまけ)・・・北欧風のショールーム。「Y」さんのボルボV40クロスカントリーD4SEの引き取り。


2018030215

 明日の納車は可能と確定いたしました。「Y」さん、どーされてるかなぁ。コレ速いクルマですヨ。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2018年3月 1日 (木)

満月の夜に、春を感じた

Photo_5

 はい!きょぉーから、3月ですよぉ~!!皆の衆。もー、忙し過ぎてナニがナンだか分からん。

1519898979816.jpg

 ・・・そんな夜は、空を見上げながらアパートに帰ります。「今日の突風はスゴかったなぁ」とか、午後にはボルボの外気温計が27℃と表示してて「ナンじゃ、コレ?(実際、5月の気温でした)」と思ったりとか、一日を振り返りながら強風(春一番じゃ無いの?)を突いて歩くのもオツなモノでした。満月には、絵に描いたように「うさぎが餅つき」してました。こんなスマホ写真では分からんけれど(泣笑)。

 このように気温が乱高下したり、大型で強い低気圧なんぞがやってきますと、自律神経のヨワい方々は、ホントに不定愁訴に悩まされます(実は一昨日あたりから、ワタシ自身もボロボロです:泣笑)。皆さん、くれぐれも御自愛くださいね。きっとまた、真冬の気温に戻っちゃうんだろうから。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »