マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 池袋の夜 | トップページ | じんわり旅、沖縄へ。(その1) »

2017年12月29日 (金)

マセラティギブリⅡ中期型、御披露目

Photo_5

 ようやく、写真が撮れました(喜)!年内最後の商品車御案内は、マセラティギブリⅡ中期型。

2017122901
2017122902
2017122903
2017122904
2017122905

 ワンオーナー3.4万キロ。当店で超絶に仕上げ、ガレージでニヤニヤする日を夢見てください。

20171229072017122908
2017122909

 年が明けに、皆様からの御高覧をお待ちいたしております。正月中は画像でお楽しみください。

2017122910

 さぁ、コレにて、ワタシも年内の業務完了です。ホントは机の上を大掃除したかったケドね(笑泣)。

 ところで、お正月休みの間にも、当ブログはド根性更新を続けます。引き続きよろしく願います!

 あ、地味にフェイスブックページの方も更新いたしますので、ソチラも御覧になってくださいまし。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 池袋の夜 | トップページ | じんわり旅、沖縄へ。(その1) »

コメント

マセラティギブリⅡ中期型(ブルーセラ/タン革 3.4万キロ ワンオーナー車)は、奇跡のような一台です、オーナーさんが、大切に乗って、維持していたのでしょう!よって、次期オーナーさんもまだまだ新車気分を味わえて、十二分に楽しめる車ですね。さあさあ、来年は新年早々にどなたかお買い上げ―――ですね!!

ああ、これもすごくいい。

おぐ様のギブリさんも大手術が決まり、デポにはギブリ3台揃い踏みで美しい締め括り!お疲れ様でした。

年内業務、大変お疲れさまでした。
明日からゆっくりハネのばしてください。
ギブリⅡ中期型、これまた絶品です。

このギブリも良いなあ。
ワタクシ的には、この内外装の組み合わせが理想的な超絶ギブリであります。
このブログを見ただけで、すでにニヤニヤしております。
ですから、このギブリの商談でデポにアポを取り、超絶ギブリの現物を目の当たりにしてしまったら、もう、超ニヤニヤ、超ニヤけてしてしまう事、間違いなし!であります。

お仕事本当にお疲れ様でした。。ゆっくり解放なさってくださいマセ。
ワタシはカラオケ接待漬けもようやく終わり、心身ともにグデグデでございます(苦笑)。

ほんと写真見て元気出てきたわー。ありがとうございます☆☆☆
たこちゃんのお写真はいつも美しくて、壁紙にして楽しんでるんです。
にしてもここ10年、この組合せのギブリと白×白ポルテの間を行ったり来たりで、
どっちが本当に好きなのか全然わかりません。そのくらい伊達でカッチョいい‼
MASERATIの世界に引き込まれたのも、このギブリのカタログだしなあ。でも当時、ROLEXポールニューマン手放してまでスワンちゃん手に入れたから後悔するな。。なんて思ったり。いまポール暴騰してて2,000万円ですって、10年前は500万円台だったのに(ポールニューマンがしていたPNは先日のオークションで20億で落札されました!マジか)
世界的にビンテージの価値が爆発してて、絵画などの芸術品と同じ扱いになってきてますよね。ガンディーニもシャマルだけでなく、他のモデルも手の届かないところに行くのでしょうか。

ああ…なんと凛々しい
(*´ω`*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603599/66213280

この記事へのトラックバック一覧です: マセラティギブリⅡ中期型、御披露目:

« 池袋の夜 | トップページ | じんわり旅、沖縄へ。(その1) »