マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たそかれ | トップページ | マセラティギブリⅡの内装をジックリと組み立てる(その1) »

2017年4月20日 (木)

ギブリさんの中身

Photo_5  

 ほほい!昨日はド強風に煽られてばかりの一日でしたが、今日の練馬は朝から穏やかでしたね。

2017042001
2017042002

 ・・・オモテに出したのは「川崎のK」さんのマセラティギブリⅡ前期型5速マニュアル車です。

2017042003
2017042004
2017042005
2017042006

 昨日の夕方までに、電気屋さんから戻ってまいりました。運転席のシートは仮椅子で、すべてのオリジナルシートは降ろされ、ダッシュボード・センターコンソール他、内装トリムなどは天井アルカンタラやフロアカーペット・同インシュレーターまでも含めて完全に除去されている状態です。さらには、中央のヒーターケースまで降ろされていますが、この状態で普通に走れるのですから、自分が驚きますです、ハイ。オリジナルのメインヒューズボックスが撤去され、その位置には、当店ならではの根源的対策である汎用メインヒューズボックス使用によるブレードヒューズ化が施されております。一台一台レディオーダーメードなんです。この状態がもっともバラされた、云わば折り返し地点となりましょう。

2017042007
2017042008

 ・・・で、今朝早くから、ギブリのボディにはトリプルコートのガラスコーティングを渾身施工して貰いました(いつもアリガト、「稲敷のK」さん)。でも、中身は何にも入っておりません。そのようなところがデポ流なのかな(笑泣)。傍らに居るワタシは、午後から同車のヒーターケースを洗ってましたヨ。

 昨日のコメント欄を見たら「おぐ」さんが、何か暗号めいた一行を書いていたので、早速、自己流でググってみたところ、「コレのことかぁ。」・・・E湖サンの背景(笑)で、ほぼ寝ている状態のワタシも写っていて、「何でこの写真なのヨ、N込さん(アリガト)」と思えどもあとのカーニバル(笑)。前夜に2時まで「Sm」さんたちと夜更かししたうえに、ペットボトルのお茶を二本もガブ飲みしたカフェイン過剰摂取の報いか、結局朝まで眠れずに、ほとんど一睡もしてなかった雰囲気がモロに出ちゃってますね。トシには敵わんヨ、ホンに。サスガに最も旧くほぼオリジナルのビトルボEはたくさん出てますね。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たそかれ | トップページ | マセラティギブリⅡの内装をジックリと組み立てる(その1) »

コメント

内装を総合的にレストレーションしつつ同時並行で電気屋さんにてヒューズボックスを根本的見直し、さらにガラスコーティングで超絶仕上げと。なんだかものすごい大手術なのにサラッと日常的に紹介してしまうあたりが変態さを物語っております。感嘆。

それにしても多部ちゃんとベアリングが素敵な雰囲気を醸し出しています。

こんなんバラしちゃったら、もう元どおりにするの嫌になりそうですが、普通。
でも元どおりにするために(というか元よりよくするために)バラしてるのですよねえ、これが。

紺色、定番のはずがこフェスタはお目見えせず。
でも綺麗ですねえ。楽しみですねえ。

全バラシ状態で車検通れば、これはこれで欲しいなぁ(笑)。

その昔、ワタクシが憧れたのは、まさしくこんな感じのギブリでして。
あ、内装を降ろしての軽量化に憧れたのでは無く、憧れたのは外装の美しさと動力性能とマニュアルミッションなのですよ。
でも、初めてデポを訪問した時の目的は、ギブリでは無く、ちゃんとビトルボEを手に入れる事だったのですよ。

22日、多治見への出張が入ったので、ホルモン屋さんの会、緊急参戦出来るかも。

ギブリIIリフレッシュ計画は着々と折り返し地点に到着し、オーナーさんは待ち遠しいことでしょう。デポから巣立つビトルボ達が皆経た道ですね。
22日は残念、参加が困難です、ビトルボフェスタの話しで盛り上がることでしょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603599/65175322

この記事へのトラックバック一覧です: ギブリさんの中身:

« たそかれ | トップページ | マセラティギブリⅡの内装をジックリと組み立てる(その1) »