マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ビトルボフェスタ2017にイッてきた(その1:前泊日) | トップページ | たそかれ »

2017年4月18日 (火)

ビトルボフェスタ2017にイッてきた(その2:イベント当日)

Photo_5  

 はうはう、這う這う、毎日ハイハイ。嗚呼、コレぞ匍匐の歩み。日々色んなモノに漬かります(笑)。

20170418012017041802 (昨日の続きデス)・・・にしても、「♪富ぅ士は日っ本一の山ぁ」とは、よく謳われた(いや唄われた?)モノだなあっと、寝不足の目をこすりこすり、部屋の大きなパノラミックウインドーから眼下の清水港あたりを睥睨しながら、ムカシのエライ人って、だから山のてっぺんにお城造ったりするんだなと今さら得心したり。ヨイショぢゃ無いケド、日本平ホテル(ちなみに、この日のレセプションで、この正式なホテル名を“ニッポンダイラホテル”と読むのだと初めて伺いました。地名の日本平は“ニホンダイラ”だから、ややこしいな:笑)の宿泊部屋は富士山ビュー標準装備(屋外バルコニーも各部屋にある)がデフォなので、どの部屋に割り当てられても素晴らしい風景が四季折々楽しめるコトでありましょう。

20170418032017041804 さぁ、いよいよこれから、前夜に停めていたビトルボフェスタ2017参加者(車)専用駐車場から、日本平ホテルが誇る超絶芝生庭園の上へとジリジリと、まさに匍匐前進の体勢でパレード(笑)しながら、とにかくも、あくまでハラを擦らないように、そぉ~っと、そぉ~っと入場してまいります。ワタシが当日になるまでお越しになるコトを知らなかった当店のユーザー様方が、西から東から何人もいらしてくださっておりまして、中でも「このビトルボEが見たかったんですよぉ」と泣けるセリフを発した御一人のために、「Sm」さんの持つ“シルバーの力(笑)”を発揮してもらい、室内に着座して頂けました。左の画像、駐車場で待機するビトルボEと、これまた超絶に珍しい仲間、ビトルボESの競演です。

20170418052017041806201704180720170418082017041809201704181020170418112017041812 ・・・続きましては、このたび芝生の上で会いまみえた“いわゆるデポシール”が貼られた(ままにしてくれていた:感涙)ビトルボマセラティ参加車たち一同の御紹介です。

 マセラティスパイダーザガート後期型(ダークアクアマリンメタ/黒革)、マセラティシャマル(ロッソマセラティ/黒革)、マセラティギブリ最終型GT(グリジオツーリングメタ/ブルー革)、マセラティギブリカップ(ブルーフランシス=ブルーギブリカップ/黒革)、マセラティクアトロポルテV6前期型(ヴェルデツンドラメタ/アイボリー革)、マセラティクアトロポルテV8後期型(ブルースペチアーレ/タン革)、マセラティビトルボE(ブルーシルバーマセラティ/ブラウン革)、マセラティ430前期型(ソフトグレーメタ/ブルー革)

 少なくとも場内芝生の上で拝見したのは以上の8台でしたが、他にも明らかに「ウチを通り過ぎていったヤツら(笑)」ってか、「過去にオレらがこしらえたヤツ←各部の芸風でスグに分かります。」も会場の内外で散見されました。前回のビトルボフェスタは7年前でしたが、その時のデポ関係者参加車輌は2台のみ。ですからウチの関係車で連続参加した車輌は、結果的に「Sm」さんのマセラティビトルボEのみでしたね、(小松政夫の節で:笑)あんたはエライ!今回は大勢の車輌と、参加希望の方々が駆けつけてくれました。皆さん御忙しい中での万障繰り合わせての御参加、ソレが身に滲みるだけにホント感謝の気持ちでいっぱいであります。

2017041813_2201704181420170418152017041816 ・・・万障繰り合わせてと云えば、主催者の方々の情熱と勇気、そして奉仕の精神には、前回の開催に引き続いて本当に頭が下がりました。この場をお借りいたしまして、心からの御礼と感謝の気持ちを捧げます。御参加された当店のユーザー諸氏も同じ気持ちであると信じております。また、当日早朝からの設営ミーティングにも積極的に志願して関わってくださった参加者の皆さんにも拍手を送りたい気持ちです。ま、なんもやってない(泣笑)ワタシなどは、ニヤニヤしながら遠巻にビトルボマセラティを眺めつつ、「それにしても、ずいぶん遠くまで来ちゃったモノだなぁ・・・」とある種の感慨にも浸ってました。お昼のレセプションで、主催者の方が作られた、“ビトルボマセラティ愛”に溢れた映像を拝見いたしました。こんなにもアツいパッションをいつまでも持ち続けられたらいいなぁと素直に憧れましたヨ。昨日の「練馬のH」さんのコメントにありますように、マセラティクラブオブジャパン越湖会長さんから主催者代表S上さんへのサプライズプレゼントの贈呈は心に沁み入る名シーンではありました。

2017041817201704181820170418192017041820 ・・・最上階のレセプションルームから、あらためて眼下を見下ろしますと、広い広い芝生庭園の一画に並べられたビトルボマセラティたちは、天空にまします八百万の神々の子らが遊ぶミニチュアカーのようにも見えました。

 後ろ髪を引かれる思いは、参加者全員同じであったろうと思われます。しかしながら、あまり引っ張ると渋滞して帰れなくなっちゃいますので、14時過ぎにはホテルを後にし、下山してスグにスタンドを探しての給油。ガンディーニルックの“ビトルボマセラティ”クーペが三台、ガソリンを呑んでる様も圧巻なら、帰りの高速道路上でのコンボイ走行と背景を飾る富士山もまた、圧巻でありました。準備に何カ月も掛けて、始まりから帰路につくまで24時間無いんだモノなぁ。準備にメチャクチャ時間を掛けて、一瞬にして拡がる大輪の花を競うのでは無く“ホメ合う”花火大会のようなイベントでした。今回はネット上でも大きく取り上げられている様子なのは御同慶の至り。本日はマセラティの検索式でググるだけで出てきます。七年前とはこういったところも大きく変わりましたね。主催者の方々、参加者の方々の情熱は、こうして花開きました。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« ビトルボフェスタ2017にイッてきた(その1:前泊日) | トップページ | たそかれ »

コメント

帰りの高速道、あの3台だけでも天外魔境なのに加え、追いついた222や偶然合流したアルフェッタやフィアットクーペも相まって異形の軍団と化しておりました。そして最後にはガヤルドとF12ベルリネッタ合流。もう何が何やら…

↑「TERRA」さんには、そうでなくても(前夜の愛ちゃんから:笑)超刺激的な一日であったと思いますが、確かにとどめの東名高速は時ならぬイタ車パレードになっちゃいましたね。ワタシも白日夢を見るよな気持ちで、助手席から堪能しておりました。「練馬のH」さんには、御世話になりました!
時に、オニっぱや(速)の「おぐ」さん、「TERRA」さんにヘンな刺戟を与えないでくださいっ(感謝:笑)!

写真を見まして、改めて当日晴天で良かったと思います。
素晴らしいロケーション、楽しい時間はあっという間でした。
主催者の方々に、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

これ以上はない、という素晴らしい集まりであったと、心から思います。時の経つのも忘れる、まさに桃源郷でした。
主催された方々には本当に本当にありがとうございましたとお伝えしたいです。

そしてまたここに轡を並べたマセラティの中に自分のクルマがあるということ。タコちゃんさんとデポの方々のおかげなのだよなあなどと、柄にもなくシミジミもしておりました。

そしてこの度のクライマックスは帰り道、赤いすごいのと青いすごいに挟まれて、子羊のようにおどおどしつつも、抜かれる度にTERRAさんと二人、キャアキャアはしゃいでおりました。
(Yさま、練馬のHさま、初めてなもので勝手が分からず上手く抜いたり抜かれたりできずすみませんでした。)

ちなみにその後、圏央道に入る二台を見送った後、おもむろにこちらも無理くり二つ車線を変更して側道に入り、後方数百メートルをひたひたと追跡し、中央道のSAに二台が入ってところですいっと抜き去ったのは、何を隠そう内緒です。

タコちゃんさん、大丈夫です。この度は往復ともごくジェントルに走っておりました。
日本平に向かう山道の入口で、一瞬どうしようかと思いましたが、眠かったし。

(小松政夫の節で:笑)あんたはエライ!、は岡本和久の事。
岡本和久、あんたはエライ!

 楽しいことはあっという間に終わってしまうのですね。前回は世田谷のYさまの222SRでの助手席参加でしたが、それでも異常に楽しかったのを覚えています。おそらくTERRAさんと同じ状況だったでしょう。その時帰りにYさまに222SRを運転させて頂きましたヨ、なんだかアクセル、ブレーキペダルの空間が異様に狭かったと記憶しています。
 そして今回は、たこちゃんズも参加するので、「同乗していきませんか」と、生意気にもお誘いして(だいたい車イベント参加は一人ですが)、たこちゃんズのご快諾頂いたので、一緒に参加となり、さらにSmさんともランデブー走行にてフェスタ参加で、なかなか貴重な体験を致しました。Smさんありがとうございました。
 しかし50台参加の内、デポシールが8台に、さらにデポ謹製の個体が何台かあったというのは素晴らしいことです。ビトルボマセラティ達をみると、いつも心配になるのは、「主治医はどこですか?」という事案です。そういう意味では、デポで診てもらっているのは大きな安心です。

↑おぐさん、あの後圏央道に入って来ていたんですね。全然知らなかった、おぐさんはTERRAさんをどこで降ろすのかな?と、あのまま東名でズドド渋滞にハマったとばかり思っていました。我々が、石川PAにて、ソフトクリーム休憩していたのをスルーしたんですね!!

あーしまったソフトクリーム食べたかった!!
SA通り過ぎる時に中に赤青が見えたので、もう入れなかったのです。。。

本当にもう、超絶なイベントでした。
超絶絶景、絶賛、絶賛!
この光景を世界の真ん中にしたいんだ♪
Unbalance by Me

御無沙汰しております。
実は、パソコンをぶっ潰しまして楽しみにしていた、こちらにもお邪魔できずにおりました。
パソコンは、まだ新しくはできずにおりますが、嫌がっていたスマホを、とうとう(笑)導入することになり、ようやく四十五の手習いで、こちらに辿々しくコメントをさせていただいている次第です。

この度は、ビトウルボ フェスタで日本平までの御遠征、お疲れさまでした。
自分も、岡本社長と素敵なお車にお会いすべく、日本平ホテルまでうかがったのですが、ちょうど皆様のランチ時間と重なりまして、自分も同行した友人と食事に一旦出掛け、戻った頃には皆様がきたく

スミマセン‼
言わずもがなの誤送信で、途中で送信されてしまいました。

そんな感じで、スレ違いとなってしまいお会いできなかったのは、辛かったです。

お店の方にも、伺いたいのですが、今の仕事が日曜以外の休みがなかなか取れません(泣)
でも、必ずお邪魔させていただくつもりですので、その節はよろしくお願いいたします‼

まだまだ、たくさんお伝えしたいことがあるのですが、長文となりましたし、スマホの操作の難しさに疲れはてました(爆)ので、失礼致します。

↑ワタシもスマホは、まったくダメなんでコマっております。そのうち使えるようになりたいけど、いまだに持ってないし(泣笑)。「浜松市のY」さん、お会いしたかったなぁ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603599/65167028

この記事へのトラックバック一覧です: ビトルボフェスタ2017にイッてきた(その2:イベント当日):

« ビトルボフェスタ2017にイッてきた(その1:前泊日) | トップページ | たそかれ »