マイクロ・デポ株式会社 “公式ウェブサイト”  「マセラティに乗りませんか・・・」

他のアカウント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月の26件の記事

2016年9月30日 (金)

いやぁ~、歩いたなぁ。

Photo_5

 久しぶりにお天道様が微笑んでるのを見たよな気がいたします。さぁ、ヤルぞ!!

201609300120160930022016093003201609300420160930052016093006 ・・・で、あたかも難攻不落の要塞のように、天然の地形を利用した鉄壁の護りを擁する、とあるオークション会場の、これまた“奥の院”みたいな超絶遠くの地の果てアルジェリアには、こういったお得なクルマたちが群れを為しておりました。

 デポからバスで成増へ行き、東武東上線で朝霞台へ行き、JR武蔵野線で南浦和まで行き、JR京浜東北線で大宮まで行き、東武アーバンパークラインってムリヤリ呼ばそうとしている(笑)実は東武野田線で30分以上揺られてまいりますと、そこには、すでに50万キロくらいは走ってるのではなかろうかと云った乗り心地(サスが全部ヌケてるの、明らかに:泣)のマイクロバスが待ち受けている駅前ロータリーがありまして、ソコでなんとなく所在無さげにプラプラと待っておりますと、周囲にも“御同輩”的な方々がいらっしゃいますんで、その列の最後尾にオズオズと並んでおりますれば、12分もすると、意中の会場であります。黄色いクルマに辿りつくまでに、いったい何キロ歩きまわったコトでありましょうか。ようやく搬出手続きが済んで走りだしたら、コレがまぁ、極めて良く出来たクルマであるコトをあらためて再確認。ふとガラスに目を遣りましたら、へー、ヨーロッパ銘柄のガラスが入っているらしい。なんだか、外車屋のオヤヂ、ちょいと感動。

2016093007201609300820160930092016093010 ・・・で、黄色いのをソッコーでお納めして、またも賭博電車の武蔵野線に乗車。北朝霞(東上線で云う朝霞台)で下車、成増を目指し、バスでデポへ。

 バス停からトボトボと歩いておりましたら、ウチが提携しているエス・オー・エスさんのローダー車がいきなりA○KIとジェー○スの間に停まって待機中でした。

 「ええ~、今帰ってきたばっかりなのに・・・」なんてたわごとをこくヒマも無く、ポルシェボクスターをポルシェセンターに入庫させるミッションの尖兵役を仰せつかりました。帰りはほとんど新車のポルシェ911GTS(ターボ)を駆って近所の駅まで送ってくださるとのハナシとなり、いったんは深紅のGTSがワタシの目前まで運ばれてきたのですが、結局は空荷となった別のローダー車がたまたま来たんで、ソレに便乗させてもらって、デポまで直送(笑)してもらうコトにいたしました。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月29日 (木)

あ~、そのようなコトもあったよのぉ~(遠い目:笑)

Photo_5

 もーね。今朝は5時前に起床して、それから高速カッとばして行って、オークションの現地下見をしたかと思えばソッコーで帰って来て、その商談をしつつ、雨上がりを縫って車輌の段取り替え搬入などやりつつ、夜になってさらなるオファー車探しをヤリつつ・・・で、さっきアパートにヨタヨタと帰ってきたワケですが、アタマん中は真っ白だわい(笑泣)。おかげさまで一日に三台売れるコトもあるのだなぁ(ま、ココで“利”はウスくてもいいの。将来帰ってくるコトでしょうからね。:喜泣笑)、感謝!!

 と云ったところで、「あ~、もう寝ますっ!」・・・てチガウでしょ!!

 ・・・

 ・・・

 ・・・

昔はですのう、ちょっとよいけれども何がしかの訳があって日本では不人気でだから中古車がとってもリーズナブルという車種を、デポさんでもあれこれ扱っておったかと思います。
プリズマとかテムプラとか。Y10とかリライアントとか。

ところが現代に立ち返るになかなか、イタリア車にそういうのがないっていうか、このあたり迷走している頃のジャガーなどが、確かにそうした立ち位置に今あるということですかなあ。いやいや。

 と、昨日のコメント欄にて“後出し”的(笑)に「おぐ」さんが御指摘くださっておりましたのにインスパイアされて、ライトなネタを。

 確かにランチアプリズマは1.6ieと2.0インテグラーレを通算4台くらいやったかな。意外な感じがするかも知れませんが、同じランチアでもテーマはやってないんです、一台も。デドラは2台ヤリました。デルタインテグラーレだって何台か扱ってるんですよ。ちなみにフィアットテンプラ(笑)は、やったコトありませんヨ、「おぐ」さん。けれど、ブラビッシモとか、クローマ2.0ieならちゃんと取扱いました。ウーノターボはフェイズ1も2も両方納めましたし、フランス車だって、ルノー25バカラとかプジョー405Mi16&グリフなんて“濃いぃ~の”、結構取り扱ってたモノです。想えばぞっとするホドに商売にならないヤツばっかりだったなぁ。までも、継続こそチカラなんですよね。濡れ手に粟の如きビジネスとはなり得ませんが、関わり合う方々がヨロコビを感じてくだされば、どうにか継続はするモンです。

 フィアットウーノセレクタとか、プジョー205ブロンシュとか、ルノー(シュペール)5とか、実はまだ在庫にあるんですヨ。ちょっと旧いマセラティのみならず、マイクロ・デポは世界中の面白いクルマを、可能な限り往時を偲べる正しい姿でお届けするのを喜びとして生きてまいりました。先日もランチアイプシロン(初代:Y10の次のモデル)をお持ちだと仰る方から初めて御電話を頂戴し、「お店の前はよく通るんですけど、スゴイくるまばかりが並んでいて敷居がとても高いのです」と云われてしまいました。商売やってて、何かを買ってくれると仰るお客さんがみえて、イヤな人間など居りません。但し、ウチなどはワタシをはじめ全員が戦闘員ですから、急遽御来店頂いた場合には、キチンとした御対応が出来ないケースもございます。事前に日時を御予約頂きさえすれば、それこそ、如何なる価格帯のどのようなクルマでも、それが地球上に生息するものならば、徹底的にトコトン御相談に乗らせて頂きますヨ。老若男女を問わずに、「ワラシにでんわしてくらはい、ドゾよろしく」であります。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月28日 (水)

ジャガーXタイプ 2.5SEエステート AWDの下回りを見る

Photo_5

 本日も結局午後から雨がパラつく東京練馬でしたが、新入荷車のチェックと仕上げに邁進。

20160928012016092802201609280320160928042016092805201609280620160928072016092808 ・・・なんだか少しダケ、ここのところジャガーづいておりますが、今度入ってきたのはジャガーXタイプエステートの中でも2.5リッターV6エンジンを搭載した四輪駆動車です。すでにお嫁入り先は、この“御近所”にキマって(笑)おりますが、またとない機会ですので、雨がアガっている隙を突いて内外装の写真をば、まずは撮影しておきました。平成17年11月の初年度登録車ですが、ワンオーナーで2.8万キロ弱のコンディション良好な一台。

 「とにかく、キレイなアイボリーの内装でないと、イヤっ!(笑)」と云った、ウチのお客さん特有のコダワリポイントを掲げておられましたので、内装のコンディションをどの程度まで持っていけるかがキモであろうと心得ております。

 ちょっとダケですが、光が丘公園外周路を回ってみました。やはり、先般の2.1リッターバージョンと比べても、一層ネコ科肉食系の獰猛さを湛えている様子です。

 時にこういった明るい色の内装に囲まれて走るのは、確かに特別な何かを感じられるモノです。そして、そこはかとなく立派さもアップしたように思えますね。シゴト疲れの時などは、癒される効果が高まるような気がします。一方で、この美しさをキープするのが至難ですけれど、ワタシらが近所に居れば大丈夫(トホホのホ:笑)。

201609280920160928102016092811201609281220160928132016092814 ・・・続いてリフトアップして、ホイールをハズしてウラオモテ完全洗浄。並行して下回りの清掃と各部のチェックを行いました。

 なんと申しましてもプロペラシャフトとデファレンシャルギアを有するのがAWD版の特徴と申せましょう。

 ヒト通り、清掃したり塗装したり、各部のオイル漏れをチェックしたりいたしましたが、コレと云って気になるような事件(笑)は何一つありません。コレが近年のジャガー車の素晴らしいところです。

 サイズ感覚も手ごろなXタイプサルーンは、どなたにも安心してお奨め出来る信頼性の高い欧州旧車の一台なのですが、コレをエステート版で探すと、流通台数の少なさから走行距離の少ない高コンディション車を見つけ出すコトがなかなかにたいへんなのです。中古車市場でも、この穴場的な車種に目をつけているヒトビトは今さらながらに多いらしくて・・・やっぱジャガーでエステートってところがいいのでしょうね。裏地に凝った仕立てのよいスーツのようにオシャレです。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月27日 (火)

ホゲホゲと日曜日

Photo_5

 はひ~!久しぶりにフツーに暑いと、なんだかチョーシ狂っちゃいますね。皆さんの近所は如何?

2016092701201609270220160927032016092704 一昨日の日曜日は、久しぶりに千葉の拙宅へと帰っておりました。夏休みが明けてからこのかた、とにかくずぅ~っと台風に蹂躙されてきたものですから、我が家の二階の雨漏り(この記事御参照)がその後キチンと喰い止められているのかが、ここのところ我が家での話題の焦点となっておりましたが、夏休みの最後に施したシロート細工が見事に効を奏していた様子で、追加の雨漏りはありませんでした。ホッとしたので、とりあえず近所の御散歩デス。千葉東金道路の山田インターまでは我が家から4キロほど。その少し先まで歩けば、八街(やちまた)市の山田台ってところまで到達するのですが、そのT字路から旧道経由で帰ってくる途中で見るコトが出来る風景がコレです。とりあえず、トンデモなく田舎です(笑)。サトイモ畑にヒガンバナの群生が見事なコントラストを見せてくれます。

2016092705201609270620160927072016092708 「♪春なのにぃーコスモスみたい~」ってS生堂の懐かし名作コマーシャル(音出ます、注意!)がムカシありましたが、ここは千葉県大網白里市のとある旧道沿いで見つけたコスモス群生地。この風景を目にした瞬間からワタシの脳内には「♪春なのに、春なのに、コスモスみたい~」とグルグル・・・スッカリ秋なのに(笑)。

 ああ、今はスッカリ秋となりましたから、コスモスが咲き乱れるのも、もはや正しい在り方ですね。「♪秋だからぁーコスモスみたい~」ソレにいたしましても、この可憐な秋の花、どーして“宇宙”と同じ名前を与えられているのですかね。そんな宇宙の真ん中でモンシロチョウも“ちゅ~ちゅ~”しています。

20160927092016092710 (人生幸朗師匠風に)まぁ、皆さん見てください(くんなはれ?)。この二枚の写真、我が豪邸(失笑)のすぐ裏手にございます風景なんですが、歩いてほんの1~2分でっせ。どないな田舎と思います?・・・ホントだからスゴイけど、本当に我が家の裏手方向にちょびっと歩けば斯くの如くに超絶ド田舎な風景に出会えます。ダメ男御参加の節に御覧ください(酔っぱらってても歩ける距離デス:笑)。

20160927112016092712 20160927132016092714・・・家に帰ってきてから、ポン酒カックラって「♪ポンピリピン、呑んじゃったっ、ちょ~っとイイ気持ちぃーヒャ!のーめるのーめるのーめるのーめるいーけるけるけるけるっ!きーざくらきーざくらそーふとなお酒・・・」ってアタマの中に黄桜CMソング:かっぱの唄(音出ます、注意!)が湧き上がってまいりましたところ、「あ、そうそう!」と手を打ちまして、以前何時だったかの“ダメ男の集い”の時に「Wさま」さんから頂戴していた“「そうだ京都、行こう。」の20年”ってステキな御本を酒の肴に眺めるコトといたしました。黄桜と云えば“伏見のお酒”ですが、そんな伏見にはお稲荷さんの総本山があるんですね。毎月やってる“生命の言葉シリーズ”短冊は、たこヨメが近所の稲荷神社さまで戴いてきているモノなので、その御本家さまにはイッてみたいなぁ。鳥居を一本潜る毎に、また一年と、過去へと遡れると云うタイムスリップ効果があるのですか・・・そのうち、黄桜の工場見学カマしつつ(笑)。

 「これからのニッポンは?」の悩みには、「むかしむかしのニッポン」がお答えします。ココは長塚京三さんの声でしっとりとしたナレーションをお願いしたいモノ。BGMはもちろん、例の「私のお気に入り(My Favorite Things:音出ます、注意!)」でキマリ。「Wさま」さん、本当に有難うゴザイマシタ!

 この懐かCMを観てみたくなったアナタのために。「そうだ京都、行こう。動画(音出ます、注意!)」

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月26日 (月)

“Nリムーバ”を試してみたハナシ

Photo_5

 はぁ~コレは素晴らしい!って製品に出合うコトって、近ごろあんまり無いですケドね・・・

2016092601201609260220160926032016092604 岡本社長 様

 ご無沙汰しております。「I」です。

 先般ブログで話題になっていたネタネタ病ですが、このネタネタ病対策のケミカル剤を見つけました。というか購入して説明書どおり作業してみました。

 結果は、良いと思います。トロッとした液体を患部に塗布して10秒後に拭き取ります。私の場合パーツを取り外せないので(笑)パーツの端っこの部分にはどうしてもネタネタが残りますがそれ以外の部分はネタネタしなくなりましたよ。で、そのケミカル剤ですが既にご承知かもしれませんが、“Nリムーバ”という製品です。画像を添付しますので参照ください。因みに1本200mlで2,000円でした。私はアマゾンで購入しました。以上です。 

 ・・・ところで、“Nリムーバ”のNって、Necyo-necyo(ネチョネチョ)のNなんだろな、きっと(笑)。

 ワタシ、このたび「I」さんにお教え頂くまでこの製品の存在を知りませんでした。まぁ、自分なりに開発した(と云いましょうか、長年の間にアレコレとやってたら偶然出来た:笑)レシピと工法を確立しておりますので、近ごろ特にこの件について調べたりもしていなかったワケですが、各部非分解にてネタネタ病の患部と闘うには、この製品の持っている“トロッとした液体”と云う性状がキモ(垂れない・周囲に散りにくい)だと思うので、内装がコマったコトになっちゃってる欧州車にお乗りの方にとりましては、手軽にネタネタと闘える選択肢が生まれたモノと、心から喜んでおります。アマゾンのレビューを拝見しても絶賛されている方々がほとんどなので、福音と云って過言ではなかろうと思います。

 お送り頂いたラベルの成分表示に拠りますと、非イオン界面活性剤トール油脂肪酸により構成され、弱アルカリ性なのだそうです。・・・ふむふむ。トール油ってのが、あんまり聞きなれない(ってか初めて聞いた)ケド、コイツがキモなのかな。なにしろ適度に相手表面を攻撃侵食し、掻き取ったあとには適度な揮発性をもって、表面をサラっとさせなきゃイケません。さらに、下地の黒色塗装部分がキッチリと定着したままになってくれているコトがベストです。ワタシの場合には、このあとになんらかの塗装工程が必要になる場合があると考えるので、脱脂と云った要素も勘案したりいたしますが、ここでは不問とした方が良さそうです。

20160926052016092606201609260720160926082016092609201609261020160926112016092612 ・・・とりあえず、「ブログねたにするんで、続報をくださいね」と「I」さんにお願いしておきましたら、今朝メールボックスに写メが入ってました(ホントに有難うございます!)。

 患者さんは、マセラティクアトロポルテⅤカンビオコルサデュオセレクトなんですが、やっぱ10年経過すると結構キマすねぇ(スミマセン!)。

 まず、やはり気になるのは、いつも触らざるを得ないステアリングホイール周辺のネタネタですね。確かにこのあたりは簡単に分解するのもままならず、こうして“Nリムーバ”の恩恵に浴しつつ丁寧に拭き取っていくのがよろしいかと存知ます。

 そして続報が・・・

 岡本社長 様

 引き続きNリムーバについて報告します。

 本日二度目の作業を実施してみました。社長も知りたがっていたマーキング部へ施工してみました。結論、マーキングは消えません。ちゃんと残ります。(中略)ただ、作業してみて分かったのは、このNリムーバで取りきれないネタネタがあるということです。この部分はスクレーパーなどで剥ぎ取るか、もう少しネタネタの症状が進んだ状況でNリムーバを使用することで拭き取れるようになると思います。私のクアトロポルテでもネタネタが残った箇所がありました。それと、濡れ雑巾が思わぬ活躍をしてくれて、スクレーパー代わりとなってネタネタが取れた箇所がありました。

 ・・・「I」さんからの続報抜粋は以上デス。濡れ雑巾の代わりに、ひたひたのマイクロファイバークロスやトドメにキムワイプなんか使用(ダメ男の集いでは、ワタシ以外全員持ってるような気がする:泣笑)すると場合によっては作業性と仕上がり具合が向上するかも知れません。

20160926132016092614 ・・・内装の各部を精密にキズを付けないように分解していくには、通常のドライバーやボックスレンチ、6角レンチ、トルクスレンチ、ラチェットスパナなどのほか、この画像にあるようなヘラ関係を数多く準備しておく必要があります。それでも近頃は専用のヘラも品質の良いモノがこうして(左側ピンク色の)出てきておりますので、頻繁に車内をバラしたりする、カーオーディオマニア関係者の方々はひと通り揃えておくといいかも知れません。一方ワタシの場合にはナニをするにも取っ掛かりはこのジラコヘラ(右側白色の)に限ると思っております。この白いヘラのとがった部分を使えば細部を結構スクレープ出来ますヨ。あとはねぇ・・・割り箸を斜めにカットしたヤツとか爪楊枝とか、綿棒の芯部分を斜めカットしたヤツとか(ブツブツ:笑←以下省略)・・・。

 こういった作業は、御本人のヤル気と根気が成否の大部分を占めていると思われます。チャレンジされる方は、事前にネット情報など充分に収集したうえで、あくまで自己責任で頑張ってくださいね。すべてのクルマや部材に同じ手が通用しないと云った点も、この世界の奥深い(罪も深い:笑泣)ところなのですから。

 プロティン塗装(って云うらしい・・・「稲敷のK」さんに教えてもらった)の経年による加水分解問題って、中古欧州車の内装ネタネタ病のみならず、キャンプに使用するテント業界でも、似た様なネタネタ問題が御約束的な話題となってるみたいでして・・・ソッチの世界では、POLONーTってのが救世主的な薬剤として本来の用途を越えてキャンパー方に愛用されている様子です。POLONーTって検索すると、そのようなブログが山ほどヒットします。もっとも、「まず重曹で丸洗いする」から始まる一連の“怒涛ヂゴク工程(笑泣)”を見ると、「絶対にイヤっ!」って感じの作業が連続するみたいデス。でもテントって、きっとお高いのでせう。

 マイペットやヤシの実洗剤とか(アルコール系なのがキモ)・・・って云ってるのは、ノートパソコンのネタネタ病業界。旧い機種は溶けてきちゃうんですって、やっぱり。その他、釣り用品とか、電機シェーバーとか、こんなに世間を騒がせるプロティン塗装とその近似技術って、いったい何なの?!ともあれ、「I」さんからの投稿のせい(笑)で、ネタネタ病問題の解決方法に付き久しぶりに色々と思索を巡らせるコトが出来ました。次の機会に実験してみようと思っております。有難うございました!

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月24日 (土)

樹々の向こうにエレピの音が・・・

Photo_5

 ちょぇ~っ!朝起きてオモテを見ればまぁ~だ雨が降ってる。昨日の段階でこの9月は21日が雨模様だったらしいので、今日で22日かぁ。22/24ってものスゴイ高率であるなぁ、確かに。もうフヤケテしまうよ・・・。

2016092401201609240220160924032016092404 ・・・それでも、今朝のちょっとした時間帯には、厚い雲の切れ間からお日様が顔を出すコトもありました。久しぶりにカサを持たずに散歩してみようと云った気分でアパートをあとにしましたが、すぐにお日様は雲隠れ。「ダマされたぁ~」いつ降り出してもおかしくない空模様となって、ハラハラしながら光が丘公園内に入りました。何日も雨に打たれて、却ってミズミズしい感じのする樹々の向こうから、大音響のピアノ音がこだましています。コレは「♪森のこかげでドンジャラホイ」なのでせうか、先週の三連休にやってたイベントは済んだハズなのに、またナニか行なわれるのか?はたして、やっぱりそうでした。旨そうな食い物屋のブースが絶賛設営中で、B級グルメ大会でもやるのかと思いきや、更に進むと全貌が明らかに。“練馬JAZZ祭”なのであった。

 「第5回 練馬JAZZ祭 は with IBARAKI と称して茨城県の後援を頂き、 茨城県を応援するイベントになります。昨年は常総市を中心に大雨災害があり、復興のために今なお頑張っています。茨城県から美味しいグルメや特産品や農産品や物産品の展示販売・・・」

 ・・・と公式サイトにもありますので、なぜか茨城と練馬のコラボ。出店ブースに矢鱈と“茨城”を謳っていたのでなんでだろと思っておりましたが、そういうコトですか。そういえば昨日はその界隈を走ってきたばかりで、なんたる奇遇。明日の日曜日はヒッさしぶりの晴れ間予報が出てるみたいなので、イベントも盛況だといいですね。肉齧って、ビール飲んで、ズージャー三昧の日曜日は楽しそうデス。しかしながら、この週末は、降り続く雨でどうにかなっちゃってないかと心配なので、夏休み以来久しぶりに、これから千葉拙宅まで帰りまして様子を見てこようと思っておりますのでダンチョ~の思いでイベント参加はパス。

20160924052016092406 ・・・継続車検とエアコン修理のために御預かり中の「Y」さま所有、マセラティ“文鎮(笑)”ギブリカップを持って来て、リフトアップしたところで、轟音をたてながら超豪雨が降ってまいりました。あ~、ギリギリせーふ!そのしたには、マセラティクアトロポルテⅣV6後期型を収納して、商品化作業の続きをば。これまた自信作なので、長らく非エボ後期V6をお探しで御興味のある方は御早目の御照会をお願いいたしますヨ。こうして、ある時にはあるんだから(ブルースペチアーレ/タン革の王道ド鉄板仕様デスよ:笑)。

 それじゃー、また来週。今週も皆さん御忙しい中で毎日のコメントを有難うございましたぁ!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月23日 (金)

経由地に想ふ

Photo_5

 ホレホレ、またもや一日雨ばかりの東京界隈・・・って、コレはこの秋の全国的傾向かな?

20160923012016092302 ・・・まー、昨日夕方の17:50くらいの落札から、本日の午後14:30の納車まで、丸一日を経ずに(さらには練馬のデポ店舗を経由地として介さずに)、急遽まさかの突貫納車をしてみようと云ったハナシとなりまして、ワタシと“たこヨメ”は午前中から出撃いたしましたが、いきなり高速は断続渋滞。よくよく考えたら今日は実質的な“5&10(ゴトー)日”になっちゃってるシルバーウイーク明けの金曜日のうえに雨降りの天候。まぁ~普段混まないような時間帯でもヒドく混んでるワケだわなぁ。

2016092303201609230420160923052016092306 ・・・で、なんだかんだとミラクル納車(笑)を達成し、常磐線で戻りつつ、車窓の風景を眺めながら遅い昼食(カレーパン&ランチパック&ジャスミン茶)を採っておりますの図。そこそこリラックスしながら、通過する駅名をボンヤリと車窓越しに見てますと、荒川沖・牛久・藤代・我孫子・松戸・日暮里と我が顧客様がいらっしゃる地名を冠した駅が結構あるのだな。皆さんこんなに遠くから練馬までお越しになってくださってる・・・つくづくと有難いコトです。乗った時には“普通”って書いてあったのに、途中から快速にバケて(笑)くれて、松戸の次がいきなり北千住となったのには唐突で笑いました。北千住は確か足立区だけど、次の南千住は荒川区だったりするんですよね。北千住では特急に抜かれるために3分停車とアナウンスがありましたが、ホームにはカメラ小僧がたくさん居まして、特急の通過を狙っていた様子でした。久しぶりの鉄路も“小さな旅”気分で面白かったなァ。ああ、「牛久のS」さん御用達の“ましましラーメン屋さん”も牛久駅を出てしばらくしてから右側の車窓に見えましたヨ(ホントは立ち寄って喰いたかったくらいなんだケド)。「ベンツ→常磐線→山手線→都営三田線→ジャガーに乗って→デポ」なかなかにスゴイな、この交通機関(笑)。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月22日 (木)

まー、ニホンひろいデス。

Photo_5

 べちべちと一日中大雨が降り注いだ東京練馬でしたが、そんなドシャ降りの高速を走ってココへ。

20160922012016092202 ・・・朝一番に到着いたしましたが、本日ココでワタシが下見をしたいクルマたちは、アラスカとオーストラリアとブラジルに散ってるかのように、離れ離れに配置されておりました。ああ、この二台は、本日ワタシの意中のクルマとはまったくナンの関係もございません。迷車・・・あ、いや、名車コーナーには今日もパンチの効いた連中が群れをなしております。問い:この二台、車名を正確に述べよ(笑)。

20160922032016092204 ・・・しっかし、マセラティグランツーリズモも、マセラティ2ドアクーペの旗艦モデルらしく結構高価であるにも関わらず、毎週こうしてたくさんの個体が全国各地よりやってくるから、やっぱニホンはお金持ちの多い国なのでしょう。今日はナローポルシェも色々と出てきてました。まったくもって、あるところにはあるんですね、こういうの。ま、ウチのビトゥルボさん方も、ヨソから見たら同じなんだろうけど。

20160922052016092206 もう、ドシャ降りの雨の中を90分間ほど歩きまわりまして、どうにかアラスカとオーストラリアとブラジル(笑)を巡り終えました。靴の中もGパンの裾もフトモモくらいまでブヒブヒに水を吸ってるのですが、ここまでズブズブになると、蜃気楼が見えるようになります。ユメかウツツかマボロシか・・・スゴイよな、初代トヨタハイエーストラック(トミカ24-1:笑)の未再生原型車。ここまでオリジナル度合いが高くて修復歴の無い個体はミュージアムレベルですが・・・こんなの買ったらオコられるんだろな、カンケー各位から(笑泣)。トヨタ2000GT作ってた頃の空気感が味わえる(そうかぁ?)ような気がいたします。とにかく、この水色がなにしろ素晴らしいな!あまりにドシャ降りで写真撮りソコねたケド、超絶バリバリ物のサニトラ最終(クーラー付)とか、ダットラのトミカ42-1と同じヤツ(ワンオーナー!!)とか、他にもいいもん見せて頂きましたワ。

 そのような下見の甲斐(ホントにシゴトしてたのか?:笑泣)あって、本日は2台の“非マセラティ意中車”をゲット!やっぱりコンジョーで下見はしないとイケませんね。う~風邪ひかないようにしないと。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月21日 (水)

マセラティが出て来るコマーシャル(完結篇?)

Photo_5

 あ~、台風も過ぎて行きまして、本日は朝から晩までホイール洗い(ゴッテリ系8本)してました。 

 昨日はいにしえのモーターマガジンねたでしたが、いにしえと云ったら、本日はバブルの頃のハナシ。ようやく見つけたCM動画がコレ(音出ます、注意!) 。ちょうど2:00あたりから始まる、日石PAN-SRXなるモーターオイルのCMには、紛うコト無く真っ赤なマセラティビトゥルボスパイダーが。ニンゲンの記憶って、ホントにいい加減なモンですね。このネタ3年半も前に、いったんマセラティスパイダーザガートの出て来るCMとしてフッておきながら、今さらながらにビトゥルボスパイダーであるコトが判明してしまいました。でもなぁ、オレの記憶してるコマーシャル映像とちょっと違うんだよなァ。コレの前にもうひとつ“別テイク”があると思うんだけどなァ。但し、登場するマセラティは、ビトゥルボスパイダー(ロッソマセラティ)で確定デス、はい。ロケ場所も、神宮絵画館前というコトに、長らくワタシの脳内では落ち着いていたのですが、どうやらドコぞの外国みたいデスねぇ。このナンバープレートはドコかなぁ。

 それじゃー、また明日。午後から元気よく営業しまぁ~っす!!ヨロシク。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月20日 (火)

いにしえのモーターマガジン

Photo_5

 あう~、台風16号襲来で、頭上にはずぅ~っと秋雨前線にも停滞されまして、もうイヤっ!

20160920012016092002 ・・・ところで、一昨日の日曜日は、たこヨメも居なくて、つまんないので、久しぶりにひとりでブックガレージに行ってみました。

 店内本棚の最上段に居並ぶ懐かしい背表紙を目ざとく発見し、「うわぁ~コレ懐かしいなぁー」と脚立に乗っかったワタシは小躍りしつつ、現在は完全品として持ってなさそうな4冊をその中から択び出しました。当時は、どの本もカラー口絵を切り刻まれて、下敷き代わりのクリアホルダーの内容物とされていたモノなんです。友人が切り刻んだソレらの残りッペ(笑)を貰ってきては、地味なクルマたちのインプレッションなどに隅々まで目を通してベンキョーしたもんだよなぁ。

2016092003201609200420160920052016092006 どうして、このあたりのモーターマガジンが、ワタシの心の琴線をビロンビロンさせるのかと申しますと、まさにあのスーパーカーブームの萌芽期にあたる1976年中期、巻頭おまけ口絵に世界のスーパーカーカタログが付き始めたあたりの懐かしさフンプンたるモノだからです。で、このカタログ風口絵ページは真っ先に切り取られてしまうので完品が無いワケ(笑)ですね。

 コスモAPにチェリーFⅡに二代目シルビアの広告が裏表紙を飾り、シーサイドモーターさんの広告の隣にマセラティメラクのカタログ口絵が配されたあたりにも往時の雰囲気が色濃く漂います。広告も色々とベンキョーになるなぁ。“クラクションって、実は商標”だったんですね、とあらためて思い返すもうじき53になる秋(知ってた?:笑)。ともあれ、40年も前の空気感をタップリ湛えた書籍が思いっきりプレミア価格になってるワケでもなく(当時定価450円→現在販売価格税込500円)ほとんど定価売りされているなんて、ソレでこんなにも楽しめるなんて、古本はホントに素晴らしいデス。ネット上の画像で見るのと、実際にこういった書籍を手にとって眺めるのとでは当時の空気の感じ方が大きく違います。セピア色に変色した紙質の決してよろしくない誌面をめくっていると、中学生になったばかりの“あのころのオレ(スゲ小さい:大泣笑)”に顔を合わせちゃったような、ちょっと気恥ずかしい気持ちにもなります。この頃から想い続けてたら、本当にスーパーカーにも乗れて、ソレらをバラしたり直したり鬻いだりするようになれた(なってしまった:泣笑)んだから、シアワセ噛み締めなくっちゃな。

 さ、東京練馬の風雨の方も本格的になってまいりました。皆さんくれぐれもお気をつけて御帰宅を。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月19日 (月)

シゴトなれども・・・

Photo_5

20160919052016091906 ひょ~。この“さんれんきゅ~”、初日の土曜日にはドコに行っても終日混んでましたね。もちろんワタシゃ、こうして本日もシゴトですが、雨が降ってるコトもあってか、街の人出は意外にもまばらな様子でした。有難いことに正規ディーラーさんも、絶賛営業中でしたので「新宿のU」さんのマセラティクアトトポルテⅤデュオセレクトを大掛かりにブラッシュアップすべく、午前中には入場させました。

201609190120160919022016091903_22016091904_2 ・・・はい、また「おぐ」さんが、この“さんれんきゅ~中”の御出張の足に(よりによって、わざわざ:笑泣)マセラティギブリⅡを択ばれての道行きの御様子を逐一御報告くださいましたので、一昨日送られてきた画像の数々を御届けいたしますヨ。まぁ、世間がお休みの時にも出張シゴトなんだから、せめてマニュアルミッションを駆使しての峠走りを楽しんで頂きやしょう!

 ホントは、有名な富士の樹海からはじめようと思ったらしいのですが、“樹海なう”を送信しようと試みたら携帯アンテナの“棒”が立たなかったとのコトで、幻想的な富士山をバックにした本栖湖から。

 「本栖湖から十数分で500mくらい駆け下る国道300号いと楽し。こんなに楽しく走れるのだから、細かいことに拘ってもいられない。」・・・とかなんとか(笑)。

http://m.youtube.com/watch?v=X9JiQ7EnMyQ

「この林道を越えて富士山側に帰ろうとしたのですが通行止め。行きに通ったR300を駆け上り、こっそりお昼ご飯です。R300はタイヤの匂いがちょこっとしました。」・・・なぬぅ~タイヤのにほひとな?
「あすみません、これは舗装の道路から10メートルほどバックして林の中に入っただけです。 木陰でご飯が食べたかったのです。未舗装路はさすがに走りませんよう。m(._.)m おぐ」・・・一応、御本人の談を信じるコトとしよう(笑)。さぁ、シゴト、シゴトぢゃ。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月17日 (土)

秋たけなわ・・・もう?

Photo_5

 近頃、朝起きてテレビを点けると、リオのパラリンピックの中継をやってるのですが、本当にどの競技もレベルが高くて、素直に面白い。全盲水泳の木村敬一選手、連日の出場で銀銅銀銅ときて今朝の個人メドレーでは惜しくも4位入賞で、金を獲れなかったコトをとってもビミョーに明るく口惜しがっていたけれども、出場5種目すべてでの決勝進出だけでもスゴイし、メダルは4つ!その尋常ならざるトレーニングで鍛え抜かれた赤銅色の体躯の素晴らしさはどうだ。

 その他競技に於いても、ところどころで解説されるハイテクを駆使した義手義足などの補助装身具やレーシング車椅子も誤解を恐れずに云えば、これまた率直にカッチョいい!!こういったトップレベルの世界で選手も各メーカーも鎬を削るゆえに、それがまた、そのうち汎用品にフィードバックされて、一般の障がい者さん方もその性能を享受出来るなんて、どれほど素晴らしいコトか。

 一方でとりあえず健常者であるにも関わらず、いっつも匍匐前進しか(泣)してないマイクロ・デポは、本日の夕方「湯河原のN」さんにマセラティ222SRをようやくお納め予定。本当にお待たせしているお客さん方には申し訳ない思いで一杯デス(ペコリ!)。

20160917012016091702 ・・・と、そんな若干の焦る気持ちを逆撫でするように、今朝の光が丘ではハロウィンの飾りつけをこの秋初めて見ました。何度も目をこすりましたが、どうしてもハロウィンって書いてある。「はろうぃんってイツだっけ?」とアタマの中で考えてたケド、9月でないコトだけは確か。あらためて調べてみたら、10月31日なんだって・・・やっぱハヤ過ぎるよ、いくらなんでも。そのうち恵方巻の予約も始まりそう(笑)。

2016091703201609170420160917052016091706201609170720160917082016091709201609171020160917112016091712 そんな思いを持ちながら、光が丘公園内に足を踏み入れましたら、さんれんきゅ~初日の土曜日だけあって、普段では考えられないほどの人手で賑わっておりました。

 公園内の体育館では小中学生のスポーツイベントが催されるようで、バスに乗ったスポーツ少女たちが大挙してやってきていましたし、公園の奥へと歩を進めましたら、ロハスフェスタ会場もスッカリ整えられて最終搬入モードとなっており、各ブースも8割方完成と云った感じでした。本当は10時からの営業時間内になると、青い樹脂柵で仕切られた今歩いているあたりは入場料を払わないと入れてもらえないみたいなのですが、若干時間が早かったので、こうして場内をノコノコ歩いてイベントが始まる前の画像を残すコトが出来ました。

 返す返すも惜しまれるのは、本日もマイクロ・デポは絶賛営業中である事実。ワタシは、この楽しそうなロハスフェスタ会場のハレ舞台には足を向けるコトが出来ないというゲンジツの中におります(笑泣)。

 明日もあさっても“さんれんきゅ~”自体はもちろん“ロハスフェスタ東京”も続きますが、今日の午後から雨降りになってそのあとずぅ~っと雨マークが付いてるのが、次週、東京練馬上空の天気予報です。もう、段取り替えしたい案件がてんこ盛りなのに、あまりにも過酷だなぁ今年の雨事情。夏休み明けからの台風襲来キャンペーン(大泣)が済みそうになったら、今度は本格的な秋の長雨モードですかいな。ふぅ~。当イベントも明日からはたいへんそうです。

20160917132016091714 あ、そろそろイカなきゃと、公園をあとにしましてオモテに出ると、我が母校“ヒカ高”も秋の文化祭をやってるみたいです。コチラも祭りの内容はともかくとして、今も35年前と同じ佇まいを保つ懐かしい校舎内を散策してみたいモノだと願っておるのですが・・・明日の日曜日もやってるのかなぁ(調べてみたら、今日だけなんだって、一般公開日は:泣笑)。さ、シゴト、シゴトっ!!大絶賛営業中デス。

 それじゃー、また来週。今週も皆さんに支えられました!感謝、感謝!!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月16日 (金)

2016年長月、生命の言葉

Photo_5

 はい、「バケットホイールエクスカベーターぁぁぁぁぁ!!!」嗚呼、甘美な響きではあるなぁ(笑)。

20160916012016091602 と、とりあえずマイブームの重機系ネタを叫んでみたあとは、恒例の“御言葉シリーズ”であります。実は本日、まったくブログネタを仕込むコト無く帰って来てしまっていたので、どーしようかなぁと思っていたところに、「あ、今日ねぇ~、御言葉頂いてきたのよぉ~」とたこヨメがのたまうので、「あ、もーソレ頂きっ!!」ってなモンです。

 「世の中に おもひやれども 子を恋ふる 思ひにまさる 思ひなきかな (by:紀貫之)」

 “きのつらゆき”って書いてあったら、パブロフのイヌ的に“土佐日記”へと線を引くのが受験古典問題での御約束ですが、やっぱ、コレも出典が土佐日記みたいです。もちろん全文を読んだこたぁございませんっ(泣笑)!我が家にはコドモが居ないんだけども、ホントに我が子が居たら、ソレは恋しいものなんだろなぁ。そんな、たこちゃん夫婦のコドモはマイクロ・デポなんだろな、きっと・・・ってコトで。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月15日 (木)

中秋の名月、見えないかぁ・・・

Photo_5

 あ~、練馬はスッカリ秋の長雨モードに突入してしまい、毎日がそぼ降る雨かドンヨリ空の日々。

201609150120160915022016091503201609150420160915052016091506 ・・・まー、コリャ気分も優れなくなると云うモノです。今朝も、昨日御紹介した“ウルトラ重機”見てから遅めの出動。ドヨドヨした気分を振り払うように、重機よろしく大きく腕を動かしながらゆっくりノシノシと歩きつつ、「今晩はブログに何書こうかな?」なんてネタを考えてました。

 光が丘公園の朝、もはやセミの声はまばらとなり、コロコロ系の秋の虫の声がそこかしこから聞こえてまいります。「ああ、今晩は十五夜なんだっけ・・・ハヤいよなぁ。あ、カワセミさん、お早う!」雨あがりのメインストリートには、人影もまばらです。「アレ?イベントの準備は天候不順でまだなのかな。今夜は名月(観賞)もムリかな」・・・そんな中秋の名月に因んだ企画のラジオ番組内で云ってました。「A4サイズの紙を42回折ると月まで届く厚さとなる(実際にはムリだけど、理論上)」と。・・・んじゃ、濡らして厚みを得たら、さらに火星くらいまで届くのか?とか、普段スッカリ見慣れた(そこいらじゅうにはびこる:笑泣)A4サイズの紙がヤケに立派で頼もしい月への使者に見えてまいります。

20160915072016091508 朝までドシャ降りであった公園内を、いつものように散策しておりましたら、この時間には閑散としているハズの場所にサーカスのテント小屋よろしく色とりどりの屋根をもった仕切りブースが居並んでおります。「ああ、コッチがイベント会場なのか・・・」実は、昨日の朝は公園に向かっている途中でドシャ降りズブ濡れになっちゃったんで、行き先変更で即時デポ入りしてしまったために設営現場をオサえてなかったのでした。先日ここで御案内した例の“ロハスフェスタ東京”って、こんなに大きな広場を隅々まで使った大規模イベントなんだナ。こりゃ、週末に迎える“さんれんきゅ~”が楽しみデスね。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月14日 (水)

今、ひょっとして重機がキテるのか?

Photo_5

 ほいほい!昨日も様々にコメントを頂きまして、皆さん有難うございました。中でも「徳島のS」さんからは、具体的且つ貴重な御意見を賜りまして、「Rたろう」先生ぢゃないけど、モデルガン用塗料を買ってみたくなりましたヨ。こうやって、皆さんのお知恵をお借り出来るところも、ネットコミュニティーの良いところ。

 ところで、いきなりでナンなんですが・・・“バケットホイールエクスカベーター”って知ってます?ワタシゃ今朝知った。N○KのBSプレミアムで、“とと姉ちゃん”観終えたアトに、さも埋草的に(失礼!)15分間、“ウルトラ重機”って冗談みたいな題名の番組(おそらく再放送)やってて、ソコで紹介されておったのです。御仕事でおツカれかも知れませんが、ちょっと観て(音出ます、注意)くださいまし。

 ドイツはやっぱスゴイ!火力発電所の隣に炭の出るところがある・・・ぢゃなくて、そもそも、炭の産出する場所の隣に火力発電所をおっ建てて、ソコで穿った炭をそのまんまコンベアーで必要とする発電所建屋に送りつけてしまうという、合理化の極致みたいなマッシーン。その代わり超デカイ!!Youtube動画で動いてるところ見つけました(音出ます、注意!)ので、まずは観てくださいまし。

 ナニが驚いたって、レールが施設してあるのですが、その軌道を自動的にズラして行く列車みたいなヤツが摩訶不思議。そもそも、掘削機と無限軌道とレールと管制タワーとコンベアーと電車が合体してるみたいな、およそ浮世離れしたモノなのです。コレはメカ好きなオトコのコにはたまらんモノがありますなぁ。だから、この類のマッシーンで小型(っつっても超デカなんだけど・・・)のモノならトミカレゴプラモにもなってる(笑)。あ~とりあえずレゴ欲しいなぁ・・・「テツヲタ」さん家にはありそう(今日は御裾分け有難うゴザイマシタ:笑)だけど。こんなデカイもんを5人くらいで制御してるのもサンダーバードの世界(笑)だわ。我々の知らない処に本物の未来はこうして現実に在るのですね。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月13日 (火)

症例の名称(ウチではネタネタ病:笑)

Photo_5

 ちゃす!またヤッてきてます、台風ちゃん。またまたトケてます、内装の部材。

2016091301201609130220160913032016091304 ・・・センターコンソールボックスの一部であって、通常はひじ掛けの下に居る小物入れ部分。マセラティクアトロポルテⅣ後期型で御馴染みの“ネタる”パーツです。夕方まで一生懸命に劣化層をハガしてました。

 朝一番はドシャ降りの雨で、ジーパンの裾が下から上へと25センチにわたってズブ濡れとなりましたが、考えてみたらこの秋初めての長ズボン着用(それくらいに涼しかったんです)日にいきなり“ビッタビタ”にならんでもと。あ、「雨でズボンの裾が濡れたサマ」は“ビチャビチャ”、“ビショビショ”、“ズブズブ”、“ベチャベチャ”など、ワタシ流の“ビッタビタ”以外にも様々な表現が考えられますね。こういったオノマトペってヤツはその雰囲気をリアルに表現するための技法なんでしょうけれど、ウチではムカシから“ネタネタ病”と呼称してきています。特に欧州車の内装樹脂部材に多く見受けられる、経年で発生する表面が溶解してしまう現象は、世間一般では“内装のベトベト(病)”などと呼ばれているコトが多い様子です。ワタシ、近頃のクルマ雑誌に目を通すコトがあんまりないのですが、この広く外国車の中古体に蔓延している“症例”を、様々な角度から関係者に取材したり、その解決法を模索したりするような企画って、どこかのレストア雑誌なんかでやってたコトがあるんですかね。外国車専門の中古車雑誌なんかも、このあたりをキッチリと問題提起したりしてきてるんですかね。このブログ読んでる車メディア関係者の皆さんに、何か御存知だったらお話伺いたいモノですよ、ホッピー呑みつつホルモン喰いながら(笑)。国産メーカーの内装開発者の方々は、この手の海外でのコンペティターの製品の特徴を分析したりはしてないのかなぁ。国産車でこういった問題は出てないように思うので、技術者方の御見解を承りたい気持ちです。ホントに不可思議な現象ですモンね。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月12日 (月)

食品サンプルの王様

Photo_5

 ほいほい。広島カープの25年振り悲願のリーグ優勝がキマったり、“こち亀”の連載終了をついに作者自らが宣言したり、東京の新しい豊洲市場の地下に土が入ってないと云った事実がほとんど出来上がった今さら発覚したり、ボウガン持って立て籠ってた野郎がつかまったり、岩手の台風被災地を視察に行って“おんぶ”を強請った政務官とやらが問題化していたりと、この週末から週の初めに掛けても色々とニュースがあるモンですね。

20160912012016091202 ・・・「今日はナニがあるのかな?」ワタシは、パソコンを立ち上げてインターネットに繋いで最初に開くページをグーグルにしているのですが、今日のトップページは開いた瞬間に「んんっ??」・・・美味そうな料理の並ぶこのGoogle表題絵柄は一体何を表明しているので有馬温泉(笑)。そもそも岩崎瀧三さんってダレ?ウィキ見ました。食品サンプルを広く商業化したヒトらしいです。日本が生んだ世界に誇れる文化のひとつがこの食品サンプルですよね。はるかムカシにプロジェクトXでもネタにしていたような気がいたします。岐阜の郡上八幡にイケば、この関連会社でサンプル作りに興じるコトも出来る様子ですが、郡上八幡って、現在絶賛上映中の大ヒットしているらしいアニメ、「君の名は。」の舞台となってる飛騨高山にも近い(そーでもないか?:笑)ゆえ、“聖地巡礼の旅”な人々でたいへんな賑わい(っつーか、地元民にはメーワク)になってるかも知れない。コリャしばらくはワタシの岐阜訪問も静観の構えかなぁ。ついでに飛騨牛喰いてぇ~!・・・けどサンプル眺めてガマンすっか(笑泣)。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月10日 (土)

平成たぬき合戦○んぽこ(笑)

Photo_5

 あ、○の中は“ぽ”ですからね、念のため(笑)。ハッキリ云って上品さとホド遠い本日のネタ。

20160910012016091002 ・・・まぁね、オトコ50代ともなりますと、もはや初老も通り越してモノホンの老境へと片足を突っ込んどるワケですが、日常的な運動&睡眠不足と暴飲暴食、ビールガブ飲み、タバコはぶーぶー、その他諸々なドイヒーな生活を半世紀過ごす中でどれだけの時間やったかの顕れがカラダに出ちゃうワケです、厳粛に(笑泣)。東西の仲良しクルマ馬鹿、相打ち揃ってのポンポコ腹でありましたが・・・。

20160910032016091004 ・・・あ、ズルイ!西の将軍様!!「なんぢゃ、コリャぁ」 お~なんだか全盛期の力道山を彷彿とさせるよなカラダつきの御仁は、もはや「アンタ誰れ?」状態でありますヨ。やっぱ本気になるとパワー発揮するなぁ。またヨコシマな計画がアタマの中をグルグルしているのかしら。そういや、若いころにはボクシングやってたって云ってたモンな、そもそもスジは良いカラダなのだからいよいよ羨ましいーぞ。

岡本たこポン和久様
お腹の写真を送ります。
T-シャツのは、確か6月くらいのものです。
上半身裸のは今日、たった今撮ってもらいました。
ああ、ここまで苦しかったなぁ、と思わずにはいられません。
ね、遠くまで来てるでしょ??うふっ!!
なお一層のナイスボディ化に励み、赤玉出るまでゲス道に励みたいと思います。(以下略)
伊藤龍太郎 拝

 勝ち誇られたので、とりあえず「ちくしょ~(泣笑)!」それじゃー、また来週。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月 9日 (金)

めでたい中にも“ぎょーむれんらく”

Photo_5

 たっきゅ~愛ちゃんは結婚するし、カープは25年振りのリーグ優勝をキメ掛かってるし、テニスの錦織くんがものスゴ過ぎて修造盛り上がって(この御仁はホントに憎めないナ:笑)るし、こうした目出度いハナシも、我が国のスポーツ界には次々とあるワケなんですが、国内外を問わずに政治の分野、くっだらないエンタメの分野をはじめ三面記事的な部分は、天災関係も含めて本当にロクでもない事件ばかりが毎日のように報道されております。こんなのばっかり見ていると厭世的な人間になってしまいそうですが、明日への希望を見出せるニュースや出来事ばかりを報道する偏った大本営発表もソレはソレで問題ありなので、「どーしたもんじゃろのぉ~(byとと姉ちゃん:笑)」とぞ思ふ。

2016090901201609090220160909032016090904201609090520160909062016090907201609090820160909092016090910 ・・・とにもかくにも、どーにか納車ラッシュの花を咲かせたいモノではありますが、働いても働いても・・・嗚呼、なお働いても、次から次へと問題が噴出するのが、旧いイタリア車の世界であります。

 マセラティ222SR(湯河原のNさん号)、ようやくゴールのテープがほんのりと見えてまいりましたが、本日ダケでも、①:ワタシが操舵感覚がいつもと違う(直進性が強く出て、操舵に力が要るし、復元力が小さい)とヒト声云ったがタメに、リフトアップしてフロントアライメントを徐々に刷新&試運転の繰り返し。②・・・てたら、スピードメーターがピョン吉病に罹患してしまったタメに、メータークラスター脱着分解、スピードメーター端子のピン接続をアキラメて、直撃コード増設作業追加のハメに。③ウインドーレギュレーターの試験してたら、再々度の内部破損が発生。新品デッドストックのウインドーレギュレーターを全面的に分解して、必要部分のみ移植、組み立て調整。ドアトリム組立済んで、パワーウインドースイッチ着けたら、一部動作不調を確認、もうコリャ明日にするコトに(笑泣)。ともあれ、222SRを御待ちの湯河原のNさん、本日は自動車保険御加入の件では、お忙しい中に何度も御相談して申し訳ありませんでした。夕方になったら、ジャガーXタイプエステート(法人UのIさま号)も正規ディーラー整備から無事に戻ってまいりましたので、コチラは明日AMに予定通りのお納めが出来そうです。昨日と本日は、メールに御返信出来なかった方々が大勢いらっしゃいますが、明日以降もジリジリと匍匐前進で御返事頑張りまっす!あ、「浜松のU」さん、メール(提出用見積書添付)御覧になって頂けましたかぁ(御連絡ヨロシク)。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月 8日 (木)

軽ぅ~く、迷車クイズ(笑)

Photo_5

 うわ~!まーた、台風さんが来ちゃってますね。東京からはまだまだ遠くに居るハズなのに、近頃得意のフレーズ、「上空の大気が不安定な状態」ってヤツで、晴れてると思えば、ドシャ降りになったりしますから気をヌケませんね。

2016090801201609080220160908032016090804 ・・・本日は、乞われるままにとある塗装工場へとまいりまして、ドアトリム分解やら、ドアアウターノブ&キーシリンダー取り外しやらの艤装分解作業をしつつ、ほかの入場車輌についての打ち合わせをも詳細に亘って行いました。

 まぁ、ウチのクルマたちも、練馬あたりじゃそれなりに珍しいモンばっかりなんでしょうけれど、ここに集いしクルマたちも、どーゆーワケか宇宙で一番気を遣って作業しなきゃならないよーなヤツばっかり。腕が良いと評判になると、こうして仕事は集まってくるワケですが、ワタシなど見ているダケでハラがイタくなっちゃうような大胆作業が傍らでは行われております。

2016090805201609080620160908072016090808 ・・・で、閑話休題。今朝の光が丘公園散歩の風景をば。なんだか、日に日に秋めいてまいりましたね。けれども、今朝は湿気のカタマリって感じの空気。写真ホドにはサワヤカではありませんでした。

 アパートを出た時には、ところどころ雲の切れ間から青空が見えていて、お日様も顔を出していたくらいなのですが、公園に近づいたところで、急に黒雲が出来し、やおらバラバラと大粒の水滴が天空より落っこちてきたのには、キモを冷やしました。それでも、ソコをなんとか踏みとどまってくれたので、雨宿りをせずに済みましたが、公園内を歩いていると、晴れてる空から霧雨がフワァ~っと降りそそぐ現象下に出くわしました。コレこそ、まさに「上空の大気が不安定な状態」ってヤツも面目躍如ってところでしょう。

2016090809201609081020160908112016090812 ・・・で、解答コーナー。

 ①は、ドアパネル裏側のキーシリンダー留め金をハズしていたシーンでした。久しぶりに228のドア内部を触ったケド、ホントにコレだけが特殊な作りだよなぁ。

 ②はフロントバンパーの裏側を撮影したモノでした。現在は部品を掻き集めております。

 ③はダッシュボード上面の特徴的なクロノ時計?の図でした。不安定な天候のスキマをついて、アルミホイールの微小ガリ塗装修正のために自走で搬入しておきました。④はオマケ。リアバンパーが豪快に外されて裏返しになっていたので、珍しいから撮影したモノです。わざわざエキゾーストエンドを別体にして、ムリヤリ反響音が出るように演出する、牛印自動車の伝統芸能がミウラ以来復活しているのだなと思って、ニヤリとしてしまいました。もちろんウチの子じゃありませんヨ(未来永劫、コレが入ってくる可能性は無いのかなぁ:笑泣)。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月 7日 (水)

♪ハラが出た出た~、で、謎のテープ試す

Photo_5

 “自宅で出来るライ○ップ”かぁ・・・考えちゃうなぁ。やぁ!皆さん、今日も元気にハラ出てますか!

 まぁね、そんなに見た目変わってないと「Wさま」さんとかは、お優しいので暖かく云ってくださるワケですが、ホントにヒドいのよ、ここのところワタシのハラの出っ張り具合。でもなぁ、そーで無くても“禁煙”なところに持ってきて、“断酒”とか“断ホル(モン)”はムリだよなぁ。もはや生きるヨロコビが無くなっちゃうモンなぁ。

 そんなコト云っても、ハラの周囲にダケ贅肉が着いてしまう難儀なカラダは、これから肉体改造していかないとダメなのでしょうね。足腰、背中と立ち上がるのもキツい状態になってしまいますからね、いっつも重荷重を受けなきゃならないのではね。だいたいヘソから下の下ッパラはケロヨンとおんなじツルンとした形状になってる上、オシリには肉が無く、おまけに、そもそも腰骨の出っ張りが無いような骨格してますもので、もう、ズボンがズリ落ちてズリ落ちてしょーがない。

20160907012016090702 で、ここのところは季節の変わり目特有のキツさが色々ありまして、カラダ中のツボっぽい部位に、おばーさんのように米粒をテープで貼り付けまくって、なんとか痛みや不定愁訴的症状をシノいでいたのですが、あまりにもカッチョ悪いので、客商売をやってる身としては如何なモノかと思いまして、なんか、もっとスマートなヤツは無いかな(“エ○キバン=磁気”のじゃなくて・・・ワタシ、磁気系のヤツは却って具合がおかしくなる場合があるんで)とネット漁りをしていたところ、“ファイテンパワーテープ”なる品物を発見いたしました。とにかく購入してみるにあたっては、色々と調べまくったのですが、ひと言で要約すると「現在の西洋医学的科学的考察においてはなぁ~んのエビデンスも無いんだけれども、なぜか世界中の一流アスリートたちがその顕著な効果(プラシーボも含めて)を認め使い続けているので、結構よく売れている」と云った感じのアヤシゲな(失礼!)ラインナップをズラっと取り揃えたメーカーが特許技術で製造しているらしい商品のひとつ。で、一日中貼り続けてみたのですけれど、コレが結構いいんです(ホント)。あんまりアヤしいけど、ナンでだか、やっぱ効くヒトにゃ効くんで“ファイテンの謎”って研究本まで出版されてる様子です。実際ホントになんなんダロな、コレ。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月 6日 (火)

そろそろ秋に交替かな・・・

Photo_5

 今日も練馬は32℃。サスガに昼間は屋外の炎天下に出ると、まだまだ真夏の雰囲気がムンムン&ムレムレと漂っておりますが、朝や夕方には、日一日と秋の予感を感じさせる一瞬を見つけたりします。

2016090601201609060220160906032016090604 ・・・盛夏と大きく違ってきたのが、セミの鳴き声。やっぱり基本的にメインであったアブラゼミとミンミンゼミの声が鳴りを潜め、ツクツクボウシばかりになってまいりました。ワタシが鳴き声をこよなく愛するヒグラシも、今年はもう終わっちゃったのかな。日暮れ頃の時間帯には、ツクツクゼミとヒヨヒヨヒヨみたいな秋の虫の鳴き声が競演となっており、夏と秋とがバトンタッチしつつあるのを思わせます。今朝の光が丘公園内も、背景の空がスッカリ秋の模様と色に染められていました。しかしながら、こうして絵柄だけを見れば爽やかな秋色なんですが、実際にはジリジリ・ムシムシと蒸して暑い朝の散歩は、汗だくとなりました。ワタシの散歩と禁煙も三ヶ月続けましたが、体重は増える一方です(泣笑)。

20160906052016090606 ・・・だいたい「天高く、馬肥ゆる」んだよな、秋。このまま行くと“Rたろう先生腹”になっちゃいます・・・って、既になってます(大泣)が、つねづね、お目に掛かるたんびに先生のハラを指差して笑ってたワタシといたしましては、なんとかしないとね。“○イザップ”に大枚叩いてるらしい先生は結構シボれそうだもんなぁ。あ、そんなコト考えてたら、公園内には秋のイベント告知がアチコチに張り出されてました。“ロハスフェスタ東京”ですって。ビールやワインにあう、ウマそーなモンがたくさん並びそう(笑)。9月半ばの“さんれんきゅ~”、17日(土:通常営業)と19日(月:午後のみ営業)はマイクロ・デポもヤッてます。フラっとクルマのハナシ(オーダー入れて:笑)をしたり、公園で散策したりウマいもん喰ったりと、朝から夕方まで結構遊べそうですね。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月 5日 (月)

そぉらにぃ~、ネリマにぃ~♪

Photo_5

 ほいほい。まぁー、今日も暑かった一日でしたね。なんつーかこう、ズシっと蒸してる感じです。

 ところで、昨日の日曜日は、前夜土曜日のホルモンでたっぷり付けた栄養が効いたか、ミョ~に朝早く目が覚めて、早速ネットサーフィンでもやろうとしたら、JC●M練馬ちゃんの調子がマズかったらしく、全然インターネットに繋がらなかったんです。最初はコッチのパソコンがダメなのかなと思ったりして、そのうち、そうではないのだと気付き、モデムの電源をしばらく抜いて再起動させるなどの、通常行なうべきコトを全部やってみたケド、何回再起動してもやっぱダメ。二時間くらい格闘してたら、そのうち時々繋がるようになり、しばらくすると全快したのですが、ありゃ一体ナンだったんダロ。

 ほいで、ようやく朝飯前のネットサーフィンに興じてたら、たまたまひょんなところで、“東映アニメーション創立60周年公式Youtubeチャンネル(音出ます、注意!)”なんて、ものスゴク面白いにキマって(笑)そーなサイトを発見してしまいましたんで、早速ハマりこんでおりました。

 多数の面白そうな演目(今様に云えば、コンテンツ?)の中から、ワタシが真っ先に喰い付いたのは、【公式】マジンガーZ 第1話「驚異のロボット誕生」 (思いっきり音出ます、注意!)。おそらく世界的にも超有名な、この日本製(ってか練馬製?:笑)ロボットアニメの始まりって、想い返せば見たコト無いよなと思いまして・・・ホントにワタシ、子供のころアニメとか意外とキチンとは観てないんです。で、朝飯前にはとりあえず第1話のAパートを、朝飯食いながら同じくBパートを観ました。で、結論。突っ込みどころは例によって満載(笑)ながら、コドモの食い付きは良さそうなテンポ良い展開で結構面白いデス。ナンと申しましても、機械獣軍団を率いる悪の首領“ドクター・ヘル”さんは、通常エーゲ海のアジトに潜伏しているのだと初めて知りましたし、その配下“あしゅら男爵”さんは、エーゲ海から機械獣を搭載した移動式大型要塞に乗って、道中のそこかしこで悪さをしながら海中を進んで日本近海(駿河湾と特定:笑)までわざわざやってきてやがるのでありました。皆、知ってた(笑)?

 で、本日は、まず上にあるマジンガーZ第1話の最低でも主題歌を含めたAパート冒頭5分までをガマンして観てくれた方々ダケがこの先に進めます(5分で充分デス:笑)。ワタシもこの第1話を観終わったところで、たまたま関連動画にあったコレを初めて観ていきなりハマってしまったのですから。

 コレとはロボットガールズZとロボットガールズZプラス(公式サイトウィキペディア)と云った、近頃のアニメーション番組です。まず、主題歌(思いっきり音出ます、注意!)がメロディ・歌詞ともに秀逸。特に二番冒頭の「こっそりと群馬に拠点をつくる・・・」ってところに深~いパロディー精神の妙を感じました(群馬のヒト、スマン:笑)。懐かしの巨大ロボットたちを悉く美少女に擬人化すると云ったムリヤリで強引な手法も現今のジャパニーズ・ヲタっぽくて、いかにも海外でウケそうです。やっぱ、来るべき東京オリンピックの際には、世界中で“オリンピック観戦&ヲタ欲求充足”の旅が企画され、練馬に外貨が落ちるコトを念願するモノです(オレには関係無さそーだけど:泣笑)。

 (音出ますヨ・・・)ロボットガールズZ第1話(公式) ロボットガールズZプラス第1話(公式)

 闘いのフィールドは、練馬区西部にある東映アニメーション社屋近辺(大泉のOZ=オズとかが、精密に描かれています)や、豊島園プールや遊園地内、練馬区役所から練馬駅の間あたりと、今のところほとんど練馬区内に限定されている様子ですから、他の地域の方々は安全です。もっとも練馬区中西部の西武池袋線沿線はひと通り焼け野原(笑)とされています。が、なぜか次のシーンではさっき倒れてたビルが直ってたりもするので大丈夫(なのでしょう、きっと)。そして、決して西武線も不通になりません。ヤラれまくった、敵の“機械獣少女軍団”が傷心のまま(そっくりに描かれた黄色い時代の)西武線にゆられて退散したりするのに必要だからです。

 古今巨大ロボットアニメの概略アウトラインと、当時売られていた周辺玩具、現時練馬区内の景色や歴史的背景や周辺事情などを知っていると、より一層面白さが何倍にもなるところが素晴らしいデス。現在のところは、練馬区役所が壊滅してその跡地に“ボスボロット少女(笑)”の像が建立されたところでハナシがとまっているようですが、頼むから第三部に続いて欲しいなぁと願っておりますヨ。でも、このサイトを御覧になってる方々の多くは、マジンガーのあとは、デビルマンに行くよな、きっと(モノクロ鬼太郎もあるヨ:笑)。「テツヲタ」さんは、感想文書くよーに(ドレの?:笑)。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月 3日 (土)

ポルシェボクスターの下回りを見る

Photo_5

 今日は、初夏が戻ってきたかのような気候で、朝から青空広がる東京練馬でしたが、午前中には「板橋のH」さん、「目黒のS」さんと、夏季休暇直前に御預かり出来なかった案件をなんとかするために御足労を頂きました。いつも御協力頂きまして、本当に有難うございます(ペコリ・ペコリ・ペコリっ)!

201609030120160903022016090303201609030420160903052016090306 ・・・お昼ゴハンを済ませたら、昨日の夜までに下回りのチェックと仕上げを行いました“ケロロしょーぐん様2号(で、いいのか?:笑”ことポルシェボクスター(987MA120)の見上げた図を撮影しなければとリフトアップ状態で眺めてみました。

 まぁ、このクルマ、リア・ミッドシップマウントでエンジンを搭載しているワケなんですが、本当にこうして後輪車軸の前にオイルパンやエキゾーストが見えてますね。

 ああ、いつものように画像の順序は、車体の後方から前方へと撮り進めた順番になってますので、各画像の上方が車輌の後側で、同じく下方が前側というコトになってます。サスガにモダーンな独逸車ダケあって、裏側の2/3はフラットな樹脂カバーで覆われており、エアロダイナミクスの理念は裏側にまで神経が行き届いてる感じです。ああ、この際ですから、“ケロロ一号”との比較もしてみると面白いかも知れませんね。あ~、アッチの時はいつもと反対側向けてリフトアップしてますんで、ソコ考えながら見てくださいね。

201609030720160903082016090309_22016090310 ・・・昨日の夕方に洗っていた前後のホイールもこうして再装着いたしました。

 前後ともにタイヤの方には目立ったダメージも無く、当面の走行には差し支えなさそうにも見えますが、ロットナンバーを見ると2011年の最後の方で製造されたモノなので、そろそろ5年。なんぼハイグリップを標榜するBSポテンザRE-11でも、表面が固くなってまいりました。サーキット走行をするワケでも無ければ、この際、もう少しコンフォート寄りのタイヤにしてみてもいいのかなと思いますヨ。各部に軽合金の部材が奢られた足回りも、こうしてリフトアップして清掃する時くらいにしか眺めるコトが出来ませんので、これまた“役得”であると云えましょうね。

 それじゃー、また来週。今週もジリジリとしか進みませんでしたが、次週こそっ!ホルモン行こ(笑)。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月 2日 (金)

クリーン・グリーン

Photo_5

 おおっ!!夕方になって、マセラティ222SR(湯河原のNさん号←お待たせして申し訳ありませんっ!)の試運転パイロットとなったのですが、久しぶりにシングルカムビトゥルボの素晴らしいフィールを体感させてもらいました。ちょっと目が覚めた・・・やっぱコレ役得ではあるなぁ。あと少しヨ!

20160902012016090202201609020320160902042016090205201609020620160902072016090208 遡って、今朝のワタシ。BSプレミアムでてるてる家族の再放送見て、とと姉ちゃん見て、関口知宏の鉄道旅見て・・・と、ソコまで出掛ける時間を引っ張ったのに、今一つ目が覚めない。なんだか近頃ホンに睡眠が浅いんだよなぁ(泣)。噛み合わせのマズい奥歯が時折ギクっとイタむせいなのか、禁煙が明日で満三ヶ月になるんだけど、その“きんだんショージョー”のせいなのか、やはり服用三ヶ月になる降圧剤の副作用なのか、やっぱワタシも立派に“オトコのおぢさん”でおじーさんの一歩手前なので、“男子こーねんきしょーがい”でも発症してるのか・・・とにかく、ここは歯を食いしばって(るから奥歯が・・・で、振り出しに戻ると:泣笑)ガンバルしか無かろう。

 光が丘公園の、普段は行かないところまでゆっくりと歩いてみました。口など半開きって感じで、時々ペットボトルの天然水を口に含みつつ、デレンデレンと進みます。久しぶりにスカッと晴れ渡ると、公園内にもいつもの面々が戻ってきているのがわかります。反面、9月に入って子供たちや若者たちの姿が見えなくなったコトにも気がつきました。夏休みが過ぎてったのですね、なんだかチト寂しい。セミの声も、いまだ青々と繁り苔生した緑の木々も、青空をバックにして、最後の輝きを見せている様子でした。いくばくかの寂寥感すら感じましたヨ。秋がやってきます。

20160902092016090210201609021120160902122016090213201609021420160902152016090216・・・天然の美を存分に湛えたグリーンは、いまや日々のワタシをどうにか立ち直らせるために不可欠となった有難い存在ではありますが、どうでしょう、遠く独逸国からやってきたコチラの蛙型グリーン車の方は。

 入荷以来、台風襲来のために養生して格納してあったのですが、本日初めて場内に入れてリフトアップいたしました。

 只今も、なお階下では下回りの仕上げ&チェック作業の真っ最中デス。アルミホイールを洗ったら、オーストリア製のモノであるコトが判明いたしました。足回りの各部には、あろうコトか“ITALY”の文字すら散見されます(やっぱ嬉しくない?:笑泣)。

 マセラティであろうと、ポルシェであろうと、こうしていつものように裏側まで仕上げてまいります。一見アッサリして洗い易そうなデザインに見えていたアルミホイールも、いざ本格的に洗い始めてみると、それなり以上に複雑な形状を持っているコトが分かります。洗い工程が済んだら、シリコンオフやシンナーを用いて、旧いバランスウエイト痕を樹脂ベラで掻き落とし、マイクロファイバークロスで手拭き仕上げして磨き上げます。これで裏側までクリーンになりました。ま、とにかく、どのようなクルマも、御購入の際には一度たこちゃんさん(笑)に御相談ください。なんとかしますって。

 それじゃー、また明日。夜はホルモン屋さんで語り合いましょう!!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2016年9月 1日 (木)

9月にはなりましたが、8月の“御言葉”を

Photo_5

 今度は台風12号なんだってさ・・・。なんか今年は、日々色んなコトがありすぎて、ツカれますな。

20160916012016091602 ・・・と、“自らのあいでんてぃてぃー諸々”を見失いそーな時には、とりあえずカミサマに聞いてみましょう。8月中に“たこヨメ”が頂いてきていた今月(もはや先月:笑泣)の御言葉は「正直の頭(こうべ)に神宿る」でした。真実、そうであって欲しいとは思えども、世知辛い現今に於きましては、万事ウマく立ち回れる要領の良さや、ギリギリスレスレのところで勝負出来る才覚の方が、一般社会の成功者然として振舞い、世間からも、そのように目されているよな気がいたします。それでも「神様は見ている」と信じて頑張るしかないんだろなぁ。・・・ともあれ、明後日は呑みましょう(まだ募集中ですヨ)!

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ブイすりゃ~)を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利です。“お気に入り”にブックマークを!)を新設いたしました。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »